ダム

留萌ダム ― 今年最後のダム訪問 ― 

留萌本線を訪れた後は、留萌ダムへ。 2009年に完成した比較的新しいロックフィルダムだ。 管理支所付近にある掲示 ダム湖は二股に別れている。 留萌ダムの構造、環境について ダム名碑 天端 あいにくの雨で端まで歩くのは断念 ダム湖 そしてインクライン。 …

朝里ダム ― 紅葉とループ橋 ―

北海道は10月にもなると紅葉の声が聞こえてくる。 という訳でダム訪問を兼ねてドライブへ。 向かったのは朝里ダム 温泉街からさらに山側へ向かうと小さな駐車場があって、そこからダムを見上げることができる。 手前の公園は整備されておらず、遊具は使用禁…

車中泊十勝巡りの旅 ― 滝里ダム ―

国道38号を北へ進み、富良野市街を通過する。 まもなく、町を離れ山道に入る。 すぐに芦別市になって、左手に滝里湖が見えてくる。 ここもダム湖であり、湖畔にはオートキャンプ場とダム資料館がある。 すでに昼食の時間だが、ちょっと遅らせることにして寄…

車中泊十勝巡りの旅 ― 金山ダム ―

かなやま湖沿いに道道485号線を西へ進んでいくと、やがて金山ダムに到着する。 ダム湖側を眺める。 天端は車で渡れるが、すれ違うことは不可能。 下流側。あまり眺望は良くない。 ゲート部をアップで。 慰霊碑もあるが、詳細は記載されず。 工事関係だろうか…

車中泊十勝巡りの旅 ― 岩松ダム ―

十勝ダムから道道718号を戻る。 実は十勝川には十勝ダムと屈足ダムの間にもう一つダムがあるのだ。 岩松ダム 北海道電力が管理する発電専用ダムである。 竣工は1941年と十勝川流域のでは最も歴史あるダムだ。 柵の外側からどうにか除く。 赤色をアクセントと…

車中泊十勝巡りの旅 ― 十勝ダム ―

くったり温泉で一休みした後、十勝川上流へ向かう。 道道718号線を突き進み目指したのは十勝ダム。 ダム湖は南北に細長い。 両面とも芝を植えていないロックフィルダムは初めてかもしれない。 道道はそのままダムの天端になっている。 天端を渡ると管理所が…

車中泊十勝巡りの旅 ― 屈足ダム ―

佐幌ダムでダムカードをゲットし、次の目的地へ向かう。 次もダムだ! 屈足ダム(くったりダム) なんだか力の抜けそうなこのダム。 佐幌ダムから車で10分程度である。十勝川流域に位置している。 ダムのあらまし。 何となくセンスの良い図に見える。 水力発…

車中泊十勝巡りの旅 ― 佐幌ダム ―

旧新納駅を後にして、続いては佐幌ダムへ向かう。 国道38号からすこし北上し、農業地帯から山間部に入る辺りに位置する。 中央には非常用洪水吐。写真右下部に常用洪水吐が見える。 天端は車で通行可能。 発電設備らしきものも見える。 案内板はだいぶくたび…

美唄で遊ぶ ― アルテピアッツア美唄・屋内編 ―

引き続きアルテピアッツア美唄。 まずはかつて体育館だった建物の中へ 体育館は当時のままのようだ。 彫刻がところどころに置かれている。 続いて木造校舎の方へ。 美術館の入口は2階である。 1階は幼稚園になっているのだ。 廊下には校歌が掲示されていた。…

栗山ダム ― パークゴルフがお盛ん ―

岩見沢市を出て栗山町に入る。 最初に向かったのは栗山ダム。 ここはダムの下流がパークゴルフ場になっている。 今まで行ったダムで一番人が多かったダムだ。 まずは下流側の柵の手前まで行ってみる。 少し放水していた。 続いてダム湖側へ向かう。 展望台は…

二風谷ダム ― アイヌについてはまたの機会に ―

むかわ町の富内集落から再び道道74号へ。 途中で道道59号に進路を変えて平取町へ向かう。 平取町は沙流川流域に集落が点在していた。 道道59号と国道237号が交差する辺りが町の中心地。 国道237号を北上すると二風谷(にぶたに)ダムが見えてくる。 ダムを訪…

西岡公園 ― 札幌の水源地 ―

今日は豊平区の西岡公園を散歩してきた。(ほんのちょっと) 明治時代に月寒川をせき止めて陸軍の水道施設として整備された。 戦後は札幌市が月寒水道として経営していたが昭和46年、白川浄水場の建設によりその役目を終えることとなった。 現在は水辺の公園…

豊平峡ダム - 道内では珍しいアーチダム -

定山渓ダムの近くにもう一つダムがある。 竣工1972年の豊平峡ダムだ。 環境保護のため、途中からは乗用車の通行は禁止であり電動バスまたは徒歩でなければダムにたどり着くことはできない。 切り立った断崖に囲まれている。 紅葉の時期は大混雑だ。 ダム湖の…

定山渓ダム - 札幌の奥座敷の奥座敷 -

札幌の奥座敷、定山渓温泉をご存じだろうか。 札幌の中心地から国道230号線を走ると、中山峠の手前にある温泉郷である。 この定山渓からは小樽市へ向かう道も存在する。 山間部を通って小樽の朝里という地域へ出る道道1号線だ。 その道道1号線沿いに定山渓ダ…

絵本の町、剣淵町 - 西岡ダム -

士別市から南へ向かうと次は剣淵町だ。 wikipedia:剣淵町 人口約3千人。農業主体の長閑な風景の町である。 絵本専門の図書館があり、絵本を中心とした町づくりを行っている。 道の駅にも絵本コーナーがあって購入することができる。 そして、土日祝日ではこ…

幌加内町朱鞠内湖 - 極寒の蕎麦の町と人造湖 -

秩父別町の道の駅を出発し、深川市を通って幌加内町へ向かう。 wikipedia:幌加内町 人口1500人ほど、南北に長く、人口密度は日本一低い町である。 四方を山に囲まれ、多くの市町村と隣接しているものの交通の便はあまり良くない。 かつては深名線という鉄道…

奈良県から北海道へ - 新十津川町物産館 -

新十津川町の吉野地区を見て回った後、市街地へ向かった。 新十津川には以前電車で訪れたことがある。 札幌発の学園都市線の終着駅が新十津川駅である。 当時は一日3往復ほどだったように思う。 今、新十津川駅発着の電車はわずか一本ずつである。 JR北海…

奈良県から北海道へ - 新十津川町吉野 -

北海道の空知地方には新十津川町という町がある。 この町は明治時代に奈良県の吉野郡十津川村から入植した人々が開いた町である。 現在の新十津川町の中心地から離れたところ、石狩市浜益へ向かう国道451号沿いには吉野という集落がある。 故郷の地名がルー…

鉄の街、室蘭 - 発展を支えたダム -

さて、工業地帯となった室蘭は昭和30年代に大きく発展していくが、それに伴って水不足が問題となってくる。 地形的に室蘭市内では水の確保が不可能ということで、隣の登別市に工業用水用のダムを造ることとなった。 それが幌別ダムである。 工業用水ダムとし…

ある晴れた日の当別 - フクロウのダム -

当別の市街地から離れ、道道28号を通って山間部に入っていくと巨大なダムが現れる。 当別ダムとそのダム湖であるふくろう湖だ。 ふくろうは当別町の町鳥らしい。 道道沿いに駐車場があり、ダムを展望できる。 ダムについて。 管理事務所の中には入れないの…

恵みの庭の水がめ - 漁川ダム - 

某月某日 嫁と子供は友達の家に招かれた。 私は送迎の前後ヒマ。 天気が良いしダムでも行ってみるか~ 向かったのは恵庭市の漁川ダム。 恵庭の市街地から支笏湖へ向かう道の途中にある。 まずは下流の自由広場へ向かってみた。 広場ではバーベキューもできる…

シューパロダム

車両の保存地から車で数分。 シューパロダムへと向かう。 写真ではわからないが、一部放水していた。 とてつもなく大きいダムである。正直圧倒された。 やってきた方向。この道は道道136号で夕張から新得町へ繋がる計画だったが、難工事で中止となった。ダム…