読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに

ブログに手を出してみた。

 

10度にも満たない更新で中断してしまい、

もうこのまま書くことはないかと思っていたが

3か月ぶりに書くことにした。

 

11月、40代半ばという若さで義兄が亡くなった。

数年前から病を患っており、家族も覚悟の上ではあったが、

人が亡くなるというのは辛いものだ。

 

義兄は寡黙で、こちらは人見知り。

2人で話し込むという機会はなく、お通夜の席で

知った一面も多かった。

お互いに平均寿命くらいまで生きれば後30~40年の

親戚づきあいもできただろうに。

自分には兄がいないからわからないが

時間さえあれば年の離れた兄貴のように思えたのでは

ないだろうか。

 

これから我が家にも娘が産まれ、

近くにいる義兄一家とはますます縁が深くなるだろう。

義兄が天国で心配しないでいられるよう

心を配りたいと思ってはいるが、

はたしてこのマイペースで鈍感な自分に

そんなことができるだろうか?

 

どこまでできるかはわからないが

いないよりマシだ、と言われる程度には

なりたいものだ。