読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南米

日本代表の監督が決まらない。

 

アギーレ氏は残念だったが、今さらしょうがない。

欧州の監督を狙っているようだが、果たして日本に来てくれる

奇特な人はいるだろうか?

 

ピクシーかレオナルドは来そうだけど・・・

監督としての実力は疑問符だし、彼らに文句を言いたくないので

日本代表の監督は受けないでほしい。

 

日本はオフト以降欧州路線に傾いてきた。

その甲斐あってか、欧州のチームと対戦する際は

そんなにひどい試合にならないようになったと思う。

敏捷性というアドバンテージ?もある。

 

問題は南米(メキシコを含む)である。

正直、W杯のコロンビア戦は今の実力・相性を如実に表していたのではないか。

 

地球の反対側の南米、日本にはまだまだなじみのない文化も多いだろう。

 

垣根涼介サウダージ

日本における南米小説の第一人者である・・かな?

ブラジル移民の息子、耕一と

コロンビアからやってきた娼婦DD

欲望にまかせた出会いのはずが、いつしか互いに手放せない存在となる

 

この話、ヒートアイランドシリーズ第3弾でもある。

裏世界の金を狙う3人組の話でもある。

今回は若干影が薄いか。

最年少のアキの恋物語(笑)がメインのようだ。

 

2つの物語が交差し、その結末はいかに。

 

こんな本読んだら

日本代表の南米への苦手意識が払拭されないかな

 

されるわけはないんだが、まあ少しは

メンタルの強さを学べるかもね。

 

どんなに悲惨な暮らしでも

自己憐憫はしない ーそれがラテンの誇りなのかー