読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕張市街

今朝も札幌は快晴。

 

朝早く目覚め、一人でドライブへ行くことにした。

 

まずは道道3号経由で夕張市街を目指す。

 

途中、栗山町のふたまた駐車公園でトイレ休憩。

 

 

 

 

 

なんてことはないパーキングだが、トイレはとてもきれいに清掃してあった。

 

 

f:id:kamonji224:20160522215714j:plain

 

この注意書きのおかげなのか・・・

 

たしかにぺー氏をたくさん使うときは、一度に大量ではなく、細切れにお茶の間へ流すと効果的かもしれない。

 

と考えている内に道道3号が終わり、夕張市街に到着。

 

この道は長沼辺りから田園風景が多く、線形も走行しやすくなっており天気が良ければ

とても快適なドライブができる。

 

さて、夕張の街並みを眺めながらドライブ。

 

道道38号線を岩見沢方面に向かって走る。

 

朝9時ころ、人通りは少ない。しかし、一部サイトで夕張やばい夕張やばいと言われているほど暗い気配はない。

 

夕張駅に到着。

 

車を止めて中をのぞいてみる。

 

f:id:kamonji224:20160522220621j:plain

 

可愛らしい駅である。

 

駅の後ろに立っているのはホテルマウントレースイ。

 

駅舎の中に入ると、観光センターがあった。

 

係員?のおばさんが掃除中だった。

 

どこから来たのか尋ねられたので札幌ですと答える。

 

「ゆうばりおさんぽ手帖」という観光マップを勧めてくれたので1部いただいた。

 

天気がいいのでシューパロダムに行くといいと言う。

 

夕張岳もよく見えるし、放水もしているらしい。

 

ダムの近くの大夕張鉄道の遺構まではいくつもりだったが、ダムは正直迷っていた(高所恐怖症なので)

 

しかし、土産の一つも買いもしないような、うさんくさい男相手に道順も丁寧に教えてくれたので、せっかくなので訪れることにした。

 

駅の隣には屋台村とBarがあった。

 

一度冬の映画祭に行って、2泊くらいして映画を見た後1杯飲んでみたいなと思った。

 

 

 

夕張駅から大夕張方面に向かう。

 

来た道を戻るわけだが、せっかくなので線路を挟んだ反対側の道を走る。

 

そこにあったのは

f:id:kamonji224:20160522222032j:plain

 

そう、映画の看板。

 

この道は「キネマ街道」という名前で商店などの壁に映画の看板が掲げられているストリートなのだ。

 

和洋問わず20枚ほどはあったかと思う。

 

他にも映画関連の名所があるのだが今回は端折って先を急ぐことにした。

 

続く。