読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

積丹と言えば岬 - 沼前岬 -

積丹町にある数々の岬シリーズ。

 

とりあえず手持ちの材料は今回でお終いである。

 

沼前岬、ここは積丹町と南隣の神恵内村の境界線になっている岬である。

 

 

 

この岬に直接行くことはできないが、近くを通る積丹トンネルの北側に大きめの駐車場がある。

 

ここはトイレもあり、休憩するにはちょうどいいスペースである。

 

さらにソーラン節の碑なんかもあったりする。

f:id:kamonji224:20160820172922j:plain

この国道229号は余市町から江差町まで日本海側を走る、別名追分ソーランラインと呼ばれる道路である。

 

積丹町はソーラン節の発祥の地と主張しており、こんな記念碑を建てたようだ。

もっとも他にも発祥の地と主張している自治体はあるようだが。

日本海沿いの自治体がかつてニシン漁で栄えた跡を垣間見ることができる。

 

ここからの眺めだが

f:id:kamonji224:20160820173259j:plain

f:id:kamonji224:20160820173338j:plain

波打ち際近くまで降りることができる。

上の写真は北向き、遠くに神威岬と神威岩がかすかに見える。

下の写真は南向き。青い海と緑に包まれた沼前岬が見える。

 

ドライブに疲れたら一休みして眺めを楽しむのに最適な場所だろう。