定山渓ダム - 札幌の奥座敷の奥座敷 -

札幌の奥座敷、定山渓温泉をご存じだろうか。

札幌の中心地から国道230号線を走ると、中山峠の手前にある温泉郷である。

この定山渓からは小樽市へ向かう道も存在する。

 

山間部を通って小樽の朝里という地域へ出る道道1号線だ。

 

その道道1号線沿いに定山渓ダムがある。

 1989年竣工。治水、上水道、電力など札幌市の需要に応えて作られた多目的ダムだ。

 

f:id:kamonji224:20161218222607j:plain

f:id:kamonji224:20161218222646j:plain道道1号線沿いの展望駐車場からダム湖を眺める。

 

堤体を下から眺める。

f:id:kamonji224:20161218222812j:plain

定山渓ダムの天端は道道1号線に含まれている。

下から眺めるには定山渓の町まで戻り、道道1号から分岐する道を通らなければいけない。

 

f:id:kamonji224:20161218223100j:plain

洪水吐の奥に駐車場があり、さらに資料館もある。

ダムカードはこの資料館でもらうことができる。

 

さらにここはダムの内部にも入ることができる。

f:id:kamonji224:20161218223300j:plain

通廊の中は夏でもひんやり。定山渓ダムについての展示パネルが並んでいる。

さらに下部への通路もあるのだが関係者以外立ち入り禁止。

 

広々として散歩には快適な場所である。