読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球絶景紀行 ― フィンランドのオーロラ ―

地球絶景紀行。今回はフィンランドでオーロラをハンティング。

wikipedia:フィンランド

 

 首都はヘルシンキ。人口は530万人ほど。

面積は日本よりやや小さい。

かつては資本主義でありながら、ソ連の影響下にあった。

現在ではその立場を利用し、東西貿易の窓口としての地位を築き、世界でも有数の生活水準となった。

 

東京からヘルシンキへの直行便は10時間半。最も近いヨーロッパともいわれる。

 

まずはコリ国立公園へ向かう。

 フィンランド最高の展望ともいわれる。

900㎢にも及ぶ巨大な湖(フィンランド4位だが)のピエリネン湖に浮かぶ無数の島々を眺めることができる。

展望台までのルートはややきつめの散策路。できるだけ歩きやすい靴が良いだろう。

道中の森の中も日本とは違う風景を楽しむことができる。

 

続いてフィンランド北部のロヴァニエミへ向かう。

町の中心から8kmほど北に行くとサンタクロース村がある。

フィンランド最大の観光スポット。サンタさんに手紙を出すとここから返事が届くのだ。

 

ロヴァニエミは少数民族サーミ人が多く暮らす町である。

第二次世界大戦によって町は破壊されてしまったが、フィンランドの著名な建築家アルヴァ・アアルトらによって復興を遂げた。

 

この町でもオーロラを見ることは可能だが、さらに北上することに。

サーリセルカという小さな町へ向かう。

 

小さな町のため、すこし歩くとオーロラ観測スポットにたどり着ける。

そして、ついにオーロラを見ることができた。

f:id:kamonji224:20170404221712j:plain

オーロラの仕組みは完全にはまだわかっていない。

ただ、北極と南極の共役点と呼ばれる場所で同時に起こっているそうだ。

極寒の中、数時間待ってでも見る価値のある不思議な光景である。