紋別の市街地 ― 駅の跡は駅 ―

7月1日~2日

所用で紋別へ行ってきた。

(じいちゃんが、故郷にもう一度行きたいと言ったので連れて行った)

 

帰りは別行動となったので、一人でふらふらしながら札幌へ帰ることに。

まず向かったのはスーパー・お土産屋・温泉施設が一体となっているオホーツク氷紋の駅。

 

しかし、朝早いのでまだ開いていない。

 

もっとも、目的は店舗ではなく

駐車場に建てられているこんなものの見学だったりする。

 

f:id:kamonji224:20170704223114j:plain

鉄道の駅名票である。

                                                                             

f:id:kamonji224:20170704223139j:plain

在りし日のSLの勇姿

 

説明書きにあるように、ここは元々国鉄名寄本線の紋別駅だったのだ。

 

1989年の廃線後、市街地の活性化を目的としてこのような複合施設が建てられた。

紋別駅は名寄本線最大の駅でもあったそうだ。

現在も名称に「駅」の文字を残し、旅行者がやってくるように苦心しているのだろう。

向かいにはバスターミナルがあるので、足を運びやすくはなっている。

 

駐車場には、鉄道の史料以外にも紋別に所縁のあるものが展示されている。

 

f:id:kamonji224:20170704224516j:plain

ただの岩のようだが、ただものではない。

 

f:id:kamonji224:20170704224615j:plain

鴻之舞鉱山

東洋一の金山とある。

そう、紋別市には金山があったのだ。

となると、当然上の写真の岩は金鉱石である。

 

 

現在の鴻之舞地区。

市街地とは離れた、かなりの山奥である。

今は閉山となって久しく、住む人はいない。

 

f:id:kamonji224:20170704225455j:plain

最盛期の写真

市街と呼ばれるほど賑わっていたのだ。

人口は最大13000人を数えたという。

 

現在も住友金属の所有地となっており、工業廃水を清澄化する沈殿池は稼働している。

 

 また、鴻之舞のやや北側にある上藻別駅逓には鴻之舞の史料も保存されている。

 

今回は行けなかったが、次回はぜひ訪れてみたい。