車中泊十勝巡りの旅 ― 新十津川町わがまちご当地入場券 ―

滝川駅を出て、国道275号方面へ向かう。

すぐに隣町の新十津川町に入る。

 

 

駅は町の中心部に近い所にある。

 

f:id:kamonji224:20170924223332j:plain

駅舎は寂しげだが、この日は見学者で賑わっていた。

たとえ一日一往復の駅であっても、駅としての矜持は失っていないように見えた。

妄想が過ぎるか。

 

f:id:kamonji224:20170924223820j:plain

駅の向こうは線路がちょっとだけ続くが、集合住宅らしき建物の手前で途切れている。

 

f:id:kamonji224:20170924223947j:plain

駅名標はくたびれた様子。隣の下徳富駅は漢字の表記がない。

 

ここは無人駅なので、ご当地入場券は駅前の寺子屋というお店で購入する。

軽食と鉄道グッズを販売しているお店である。

 

 

同好の士が老若男女問わず結構いた。

 

f:id:kamonji224:20170924225150j:plain

残雪の残る山脈と田園を横に青空の下走る一両のキハ。

スタンプは樺戸連山と駅舎である。

 

f:id:kamonji224:20170924225604j:plain

裏面は駅舎と車両を上空から撮った写真。

桜が咲いているようだ。

 

この時点ですでに2000枚突破。

お店のおばあちゃんも忙しそうであった。

道内でも有数の売れ行きらしい。