留萌本線を辿る ― 無人駅たちを訪れる ―

留萌本線を辿り、ついに留萌市へ入る。

 

最初に訪れたのは峠下駅

 

山間部の畑が点在する場所にある駅だ。

 

f:id:kamonji224:20171111164145j:plain

周りに人家はないが、木造のわりと大きな駅舎が頑張っている。

ドアにはマムシ注意の掲示があった。

保線の詰所として重要な駅のようだ。

 

続いて幌糠駅

 

ここは小さな集落の中心部にある駅。

 かつては木材の運搬が盛んであった。

f:id:kamonji224:20171111164326j:plain

貨車駅はきれいに塗装されていた。

 

f:id:kamonji224:20171111165415j:plain

天気も悪いのでよけい寂しさが募るホーム

 

次は藤山駅

 

国道沿いにあり、車の通行量は多い。

 

f:id:kamonji224:20171111164644j:plain

ちょっとアンバランスな木造の駅舎。

もともとは横に事務室などがあったようだが、一部取り壊し現在の形になったらしい。

 

f:id:kamonji224:20171111164812j:plain

 

f:id:kamonji224:20171111164908j:plain

駅の敷地に藤山の開墾記念碑が建っていた。

 

最後は大和田駅

 

国道から一本脇道に入り、集落の外れにある。

近くにあった大和田炭鉱からの運搬を目的に作られた駅だ。

留萌市の市街地まですぐだが、駅のまわりは少しさびしい。

 

近くの国道沿いには家がまあまあ建っている。

 

f:id:kamonji224:20171111165847j:plain

こちらも綺麗に塗装された貨車駅

 

f:id:kamonji224:20171111165926j:plain

ホームから国道が見える。