幌内線を行こう ― 弥生駅 ―

廃線となった幌内線の跡を訪れるシリーズ。

今日は弥生駅跡の現在について。

 

 

弥生駅道道116号線から南側の脇道に入ったところにあった。

近郊の炭鉱から石炭の積込線であったが、付近住民の請願により仮乗降場そして旅客駅へと昇格した。

廃線の数か月前に駅舎が不審火で焼失。

現在は記念碑が残るのみとなっている。

 

f:id:kamonji224:20180521222623j:plain

ここにも旧駅舎が描かれた石碑。

なぜか台座からずれている。

 

f:id:kamonji224:20180521222726j:plain

裏面には三笠市長の言葉

 

f:id:kamonji224:20180521222819j:plain

当日は桜吹雪が舞っていた。

面影はほぼないが、廃線の雰囲気たっぷりである。