元夕張線をまわる ― 夕張駅とわがまちご当地入場券 ―

ついに終点の夕張駅へ到達。

 

2度の移転を経て現在は3代目の駅舎である。

初代は炭鉱の積み出しのため、現在の石炭の歴史村付近に置かれていた。

その後、炭鉱の斜陽化と共に観光に重点を置いたことから市中心部である市役所付近へ移転。この時は貨車を連結させた駅舎であった。

さらに1990年ホテルマウントレースイの開業にあわせて2度目の移転。

現在の位置に定まった。

 

f:id:kamonji224:20180920221605j:plain

可愛らしい駅舎ではカフェと観光案内所が営業中

お昼時でなかなかの賑わいであった。

 

f:id:kamonji224:20180920221833j:plain

廃線後、設備はどれだけ残されるのだろうか。

駅舎とホームは残りそうな気がするのだが。

ホームでは観光客に何事か説明している女性が。観光案内所のスタッフだろうか。

 

f:id:kamonji224:20180920222053j:plain

ホテルマウントレースイのフロントでわがまちご当地入場券を購入。

夕張らしい山間を走る列車。

駅スタンプはメロンと立坑だろうか。

 

f:id:kamonji224:20180920222333j:plain

裏面は幸せの黄色いハンカチ広場

RESTARTという言葉が胸に詰まる。