SL

国鉄のあった風景 ― 万字線朝日駅 ― 

国鉄万字線の跡を辿るドライブ。 上志文駅の次は朝日駅。 道道30号から38号線へ進路を変えた。 幌向川に沿って進む。 幾度か川と交差しながら東へ向かうと朝日町に入る。 小さな集落を抜けたところが朝日駅の跡地である。 道道から駅跡に向かって左折する道…

岩見沢市街地 ― 静かに佇む文化財 ―

ゴールデンウィークも終わり、北海道は肌寒い日が続く。 天気は良いので朝からドライブに。 向かったのは岩見沢市 まずは国道12号線沿いの市民会館。 早朝なので建物は閉まっている。 目的は裏手にある利根別川沿いの緑地部分。 橋が架かっているのだが・・…

再び富内線跡 ― 平取町振内 ―

国道237号線を北上していくと、程なくして振内(ふれない)の集落に到着。 国道から脇にそれて市街地に入っていく。 この町にも富内線の遺構が残されている。 かつての振内駅に行ってみた。 駅舎はなくなったものの、代わりに鉄道記念館という建物が造られて…

富内線 ― 銀河鉄道の朝 ―

穂別町の市街地を出て、旧富内線の跡を巡ることにした。 ちなみに穂別駅は市街地にあった。 現在では公園となっている。 富内は鵡川の対岸を通る道道131号を通り、さらに分岐する道道610号沿いにある集落だ。 当初富内線はこの集落にある駅が終着点だったた…

名寄市北国博物館 - キマロキの残像 -

幌加内町から道道729号経由で名寄市へ向かう。 まず向かったのは名寄市の道の駅。 ここは旧風連町地区に位置する。 旧風連町はもち米が有名であり、この道の駅でももち米を使った大福が大人気である。 さまざまな味があり、というかありすぎて目移りするので…

三菱大夕張鉄道

さて、夕張市街地を見聞した後、 次の目的地である「三菱大夕張鉄道車両保存地」へ向かった。 かつて夕張が炭鉱で栄えていたころに活躍していた車両が展示されている公園だ。 今はもう住人も少なくなった地区だが、かつては各駅を中心に栄えていたはずだ。 …