銀河ヒッチハイクガイド ― パニクるな ―

今日の話題は最近読んだ本について。

 

ダグラス・アダムス

「銀河ヒッチハイクガイド」(河出文庫

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫) | ダグラス・アダムス, 安原 和見 |本 | 通販 | Amazon

 

元々はイギリスのラジオドラマとして世に出た作品。

イギリスで出版されたのは1979年

SFコメディの古典的傑作として誉れ高い。

 

平凡な地球人アーサーはたまたま地球にいた宇宙人フォードとヒッチハイクをすることになる。冒頭から次々と襲い掛かるトラブルになすすべもなく翻弄され続ける。

この作品は全五冊のシリーズの第一作であるが、彼がこの後もトラブルに巻き込まれ続けることは火を見るよりも明白である。

この本を読めばバイパス、お役所仕事並びに掲示板、木曜日、ヴォゴン人、銀河帝国大統領、鬱病のロボット、42、ねずみってのがどれほどの大騒動を引き起こすものか知ることができる。

 

そして、イルカやトリリアンの言うことは良く聞いておくべきだと改めてわかるだろう。

 

最後に、いつ何が起こっても良いように、タオルは肌身離さず持っておくべきだ。

 

シリーズ第二弾

宇宙の果てのレストラン

Amazon CAPTCHA

小腹を満たすために宇宙の果てのレストランへ出かけた一行。

 

本日のメインデッシュに自らの部位を説明されつつ宇宙の終わりを眺めながらディナーを楽しめる場所。

のはずだが、そこに至るまでさらにその後も毎度おなじみのドタバタ劇。たどりついた星で最後にはシンミリと終わる。

 

第三弾

宇宙クリケット大戦争

 

www.amazon.co.jp

 

遠い昔に銀河の彼方で殺戮を繰り返していたクリキット星人。

好むものは平和・正義・道徳・文化・スポーツ・ほかの生命体の抹消。

迷惑この上ない生物ゆえに封印されるもひょんなことから解放されてしまう。

彼らを迎え撃つのはもっともついてないイギリス人のアーサー・デント。

果たして宇宙の運命はいかに。

 

第4弾

さようなら、いままで魚をありがとう

Amazon.co.jp: さようなら いままで魚をありがとう: 本

 

再び地球に舞い戻ったアーサー。

破壊されたはずだが、イルカがいなくなったことを除いては全く元通り。

しかし、これまでの人生では考えられないような、まさかまさかの運命の出会いが。

二人で宇宙を旅しながら最後に向かった場所でのまさかの再会。

このシリーズで最も普通であり、微笑ましい作品であった。

 

第5弾

ほとんど無害

https://www.amazon.co.jp/ほとんど無害-河出文庫-ダグラス・アダムス

 

三部作の五作目というキャッチフレーズにふさわしく、エピローグ的なストーリー。

作品同様彼らの人生も終盤に入ってきたような哀愁漂う雰囲気が続き、最後はここに戻ってくるのか、という結末。

作者は続編も予定していたようだが、急逝によりこのラストで終わってしまったというのはちょっと切なすぎる。

 

番外編

新銀河ヒッチハイクガイド上下

www.amazon.co.jp

 

アダムス亡き後、公式続編がついに登場

前作のラストシーンから見事に本編へと物語を紡ぐことに成功。

第4弾、第5弾では影の薄かったゼイフォードがうっ憤を晴らすようにドタバタと大活躍。シリーズ序盤の活劇と後半の哀しい雰囲気を両立させた名作。

 

SF界屈指のドタバタコメディシリーズにふさわしいラストではあったが、

最後の番外編もあくまでも「途中のひとつの終わり」にすぎない。

いつかまた続編が出版されることを期待しよう。