日帰り日高 ― 浦河駅わがまちご当地入場券 ―

様似町から札幌へ戻りつつ、寄り道を重ねることにする。

 

様似町の隣は浦河町

まずは浦河駅を見に行く。

 

 

日高振興局の所在地であり、明治時代から日高の中心地であった。

浦河駅はその中心駅である。

 

f:id:kamonji224:20180725234459j:plain

駅舎は歴史を感じる造り。構内は広いようだが、今では一両の列車も来ない場所である。

札幌や苫小牧から距離があることもあってか、あまり中心の町という感じはしないかもしれない。特に駅前は裏通りになっているので余計寂しい雰囲気である。

しかし、それが浦河駅の良さでもある。というと叱られるだろうか。

 

わがまちご当地入場券は観光協会で購入できる。

 

駅前よりもこちらの方が中心街といえるだろう。

 

f:id:kamonji224:20180725235033j:plain

 日高と言えば昆布。列車が通るすぐ脇で所狭しと昆布を干している。

そして駅スタンプはサラブレッド。

 

f:id:kamonji224:20180725235216j:plain

馬に乗って自然を散策。

これは楽しいだろう。日高の各町村にはさまざまな乗馬体験プランがある。

一度は経験してみたいものだ。