札沼線廃止予定区間を行く ― 中小屋駅 ―

目次

 

1.中小屋駅

本中小屋駅から国道275号線北へ。

次は中小屋駅

 

 

中小屋という地名はの由来は、当別と月形の中間にあり、茶屋あるいは囚人を収容する小屋があったことからという諸説がある。

 

f:id:kamonji224:20190606204719j:plain

ここも貨車駅。貨車駅3兄弟のトリを飾る。

 

f:id:kamonji224:20190606204837j:plain

かつての駅舎の基礎が残る。

いずれは自然に帰るのだろうか。

 

f:id:kamonji224:20190606204928j:plain

この駅も国道275号から直接進入できる。

線路の反対側は水田だ。

 

f:id:kamonji224:20190606205100j:plain

人家も見える。

 

f:id:kamonji224:20190606205150j:plain

駅とホームの間にも線路の跡。

貨物用だろうか。

 

f:id:kamonji224:20190606205247j:plain

駅前にも人家が点在。

向かって左の建物は商店だったが、今は営業していないようだ。

 

北へ向かうとまもなく月形町。

 

2.中小屋駅の歴史

中小屋駅は1935年石狩当別駅~浦臼駅間開通に伴い一般駅として開業。

1944年第二次大戦の影響で休止。1946年営業再開。

1972年貨物取扱廃止。1979年無人化。

1987年JR北海道に継承した頃に貨車駅化したかと思われる。

2020年5月7日をもって廃駅。

 

木造駅舎の写真はこちらに掲載あり。

 

週刊 JR全駅・全車両基地 2013年 10/13号 [分冊百科]

週刊 JR全駅・全車両基地 2013年 10/13号 [分冊百科]

  • 発売日: 2013/10/03
  • メディア: 雑誌
 

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

駅を中心に、国道沿いに細長く集落が形成されている。

周囲は水田のようだ。

現在も郵便局は残っているが近年まであった駐在所は閉鎖。

人家の数も少なくなった。

 

kamonji224.hatenablog.com