札沼線廃止区間を行く ― 石狩追分駅 ―

国道275号線に戻り、北へ進む。

田園地帯の中に小さな市街地。

妹背牛町深川市方面への分かれ道がある石狩追分という集落だ。

 

ここに石狩追分という駅があった。

 

 

1931年開業の一般駅。

1972年、廃線とともに廃駅となった。

 

f:id:kamonji224:20190621225245j:plain

やや字が薄れかかっているが、ここにも石碑が建っている。

 

f:id:kamonji224:20190621225538j:plain

原っぱの中にぽつりと建つ記念碑。

せっかく記念碑を建てたので、今後は観光資源として整備・・・

というのは無理な相談か。

 

f:id:kamonji224:20190619224501j:plain立派な農業倉庫は廃線跡の一つの目印。

 

f:id:kamonji224:20190621225835j:plain

こちらは低温倉庫。

なんとなく、レンガ造りの方が威厳がある気がする。

 

隣は渭ノ津駅

 

戦後、1956年に開業。

1972年に廃線により廃駅とわずか16年の現役生活であった。

付近は田園地帯で痕跡は見つけられそうにないので次の駅を目指す。