世界ふれあい街歩き ― 慶州 ―

今日は2007年11月20日放送の世界ふれあい街歩きで紹介された韓国の慶州について調べてみた。

wikipedia:慶州

 

 

古代に新羅王国の首都(当時の地名は金城)として発展し、今なお古代都市の姿を残している。後の高麗時代の城壁や瓦屋根の建物に狭い路地などが犇き合い、屋根のない博物館とも言われる。

f:id:kamonji224:20191109225440j:plain

 

新羅時代には仏教文化も繁栄した。

西暦700年代に建てられた石窟庵や仏国寺はその後の儒教隆盛の折に廃寺・荒廃していたが1900年代に入って復元・発掘が行われ現在は世界遺産となった。

 

また、市の北西部には石仏群や東洋最古の天文台とも言われる瞻星台に古墳群などが新たに世界遺産として登録された。

特に天馬塚と呼ばれる古墳は内部を見学することも可能。

 

さらに、北にある良洞村が高麗・李氏朝鮮時代の支配階級であった両班の生活していた様子が現存するということで、こちらも世界遺産に登録された。

 

当時の伝統的な家屋が今も150戸ほど残り、実際に生活しているそうだ。