空知無人駅巡り ― 峰延駅 ―

国道12号線を北上。

岩見沢市を抜け、三笠市を一瞬で通り過ぎ美唄市に入って最初の市街地峰延。

国道から左手に入ったところに峰延駅がある。

 

 

 

1891年に開業。

岩見沢以北の鉄道はまず三笠の炭鉱へ向かう幌内線が最初に敷かれ、現在の函館本線は遅れて開業した。

 

f:id:kamonji224:20200508212958j:plain

左右対称の雰囲気の良い駅舎。

開業当初は月形の樺戸集治監や三笠の空知集治監の最寄り駅であった。

明治期には峰延炭鉱も開山されたが1907年には閉山となった。

 

f:id:kamonji224:20200508214046j:plain

跨線橋は青ベース。

昭和の雰囲気を良く残している。

線路の東側は再び防雪林が並ぶ。

 

f:id:kamonji224:20200508214424j:plain

駅前には花壇が整えられている。

 

f:id:kamonji224:20200508214534j:plain

駅横にはお決まりの農業倉庫。

JA峰延は岩見沢市東部、三笠市岡山、美唄市南部を範囲とする市をまたがって経営している農協。

 

大正時代に前身の峰延産業組合の設立に尽力した小林篤一は後にホクレンの初代会長となった。

 

 

 国道の反対側には顕彰碑も建てられている。

 

追記

国土地理院地図の1970年代後半航空写真。

 

駅周辺はあまり変わらないように見える。

 

kamonji224.hatenablog.com