空知無人駅巡り ― 光珠内駅 ―

峰延の市街地を出て国道12号線を北上。

見渡す限り田園の広々としたエリアの先に小さな市街地がある。

左手に曲がると光珠内駅。

 

 

1920年に信号場として開業。

一旦廃止となった後、1948年仮乗降場として復活、さらに1952年に駅に昇格。

 

f:id:kamonji224:20200509163222j:plain

木造の駅舎は有人駅時代から変わらぬ姿のようだ。

減築や建て直された簡易駅舎が多い中、この規模を残す無人駅はありがたい。

入り口の構造が独特なのは積雪対策か、デザイン性の問題か。

 

f:id:kamonji224:20200509163702j:plain

駅の左手には開駅30年記念碑。

 

f:id:kamonji224:20200509164021j:plain

跨線橋の入り口はなぜか片側だけ狭められている。

これも風雪対策?

 

f:id:kamonji224:20200509164349j:plain

真っ直ぐな線路と右手に広がる田んぼ。

 

f:id:kamonji224:20200509164505j:plain

旭川方面は国道の拡幅で跨線橋の工事が進められている。

 

f:id:kamonji224:20200509164554j:plain

ぽつねんと佇む駅名標

緑の季節は長閑で和ませる風景だが、真冬には凛々しく直立しる姿が勇ましく見えるのだろう。

 

追記

国土地理院地図の1970年代後半航空写真。

 

 駅舎の左右には建物?設備?

現在は空き地になっている。

 

kamonji224.hatenablog.com