空知無人駅巡り ― 茶志内駅 ―

光珠内駅から北に向かうと途中で12号線はカーブして鉄道を跨ぐ。

ここが日本一長い直線道路の美唄側起点となる所だ。

ほどなくして線路も同じ方向へカーブして再び国道と並行して北へ向かう。

道路と線路が東西逆になって進むとすぐに美唄市の中心部。

美唄駅もこの付近にあるが、以前に訪れたことがあるので今回は飛ばしてさらに北へ。

 

やがて市街地が終わって再び田畑の広がる風景となる。

しばらく進んで右手に曲がったところが茶志内駅だ。

 

1916年一般駅として開業。

1952年に三菱鉱業茶志内炭礦専用鉄道が開通。

1967年には閉山のため廃線となった。

 

専用鉄道は茶志内駅のやや北側から分岐していた。

線路跡は全く残っていないが並行して走っていた北東へ斜めに伸びる道路はそのままである。

 

 

f:id:kamonji224:20200510150735j:plain

横長の駅舎。

2002年までは貨物列車が運行していた。

建物下部の3色のラインは何だろう。

 

f:id:kamonji224:20200510150932j:plain

駅前には石造りの農業倉庫。

 

f:id:kamonji224:20200510151508j:plain

大きな跨線橋

しかし駅舎寄りの線路は剥がされているため、手前のホームは跨線橋を渡る必要はない。

 

f:id:kamonji224:20200510152521j:plain

こんな感じで線路は剥がされている。

前方の広い敷地は貨物用スペースの名残か。

 

f:id:kamonji224:20200510151749j:plain

ちょうど札幌方面から電車が来たので1枚パシャリ。

かつての線路がどこから分岐していたのかがよくわかる。

 

追記

国土地理院地図の1970年代後半の航空写真。

 

駅の東側には新日本石油美唄油槽所があり、専用線もあった。

室蘭の本輪西駅との間で貨物列車も運行されていたが2002年をもって廃止。 

 

 

kamonji224.hatenablog.com