道北をいっぱい巡った。 ― 和寒駅 ―

目次

 

 

1.和寒駅到着

塩狩峠を下って国道40号線を北上。

市街地に入りしばらくして右手に曲がると和寒駅に到着。

 

 

国道から駅の間は距離が短く、あまり駅前という雰囲気はない。

国道を挟んだ反対側が駅前らしい雰囲気になっている。

 

f:id:kamonji224:20200819232454j:plain

町の代表駅としては少し小さな駅舎かもしれない。

無人駅だが、綺麗に利用されている。

色あいもどことなく牧歌的で町の雰囲気にあっているような印象。

 

f:id:kamonji224:20200819233335j:plain

左手がホームの間をつなぐ跨線橋で、右手は駅のスペースを跨ぐ自由通路。

無人駅なのに跨線橋の中を覗きもせずに立ち去ってしまった。

またの機会に訪れよう。

 

2.和寒駅の歴史

1899年蘭留駅から和寒駅までの延伸に伴い一般駅として開業。

蘭留駅同様塩狩峠越えのための重要な拠点駅であった。

1982年貨物取扱廃止。

1995年完全無人化となる。

 

和寒の開拓は駅の開業とほぼ時を同じくして始まる。

当初は寒さのため稲作が難しく、大正時代には除虫菊の生産で一時代を築いた。

寒冷地仕様の稲が改良された後は水田やカボチャ畑が多い。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真

 

駅横に貨物ホームがあり、構内には塩狩峠越えのため多数の留置線がある。

駅裏は縦長のストックヤード。

名寄側にある白いいびつな円は転車台の跡。現在の航空写真でも確認できるような・・

 

3.つたや食堂(駅前食堂つたや)

この辺りで昼近くになったので飲食店を探す。

国道の反対側にはこんなお店があった。

 

f:id:kamonji224:20200819234711j:plain

看板には駅前食堂つたや。暖簾にはつたや食堂。

店の名前なのか法人の名前なのかよくわからないが、このSLの写真を掲げるザ・駅前食堂に決めた。

 

 

グーグルマップのピンがずれていると思う。

道道48号線の南側、国道40号線の西側が正しい位置。

 

f:id:kamonji224:20200819235654j:plain

頼んだのは冷やし中華

かなり気温が上がっていたのでさっぱりしたものを選択。

冷たくて酸っぱくてちょいと辛くて美味い。

 

お店は結構広いがご夫婦でやっているようで、できるまでに少し時間がかかる。

急いでいる人はパスしたほうがいいかも。

 

このお店、かつてはホームで駅弁の販売もしていたらしい。

昭和の時代に想いを馳せながら雰囲気を楽しもう。

 

kamonji224.hatenablog.com