道北をいっぱい巡った。 ― 士別駅 ―

目次

 

  

1.士別駅到着

博物館からは剣淵川を渡るとすぐに士別市の中心部。

士別駅に到着だ。

 

 

駅横の駐車場に車を停めて士別駅を訪問。

f:id:kamonji224:20200829182106j:plain

横長の駅舎。wikiによると1966年に改築された駅舎らしい。

50年を超え風格が備わってきたようにも見える。

 

f:id:kamonji224:20200829182428j:plain

北の大地の入場券を購入。

士別市と言えばやはりサフォーク羊。

橋梁の上を走る単行列車をとらえた1枚でした。

 

f:id:kamonji224:20200829182337j:plain

跨線橋はわりと新しめ。

一方ホームの上屋はそうとう古そうだが、この辺りはもう使われていない部分かもしれない。

 

f:id:kamonji224:20200829183138j:plain

近くには赤茶色な壁の農業倉庫が並んでいた。

 

2.士別駅の歴史

士別駅は1900年和寒駅からの延伸に伴い開業。

1920年に上士別までの士別軌道が開通、1925年には奥士別まで全通。

この当時はまだ馬車鉄道。1928年に動力化される。

1936年には日本甜菜製糖専用線、1941年には士別貯木場専用線が開業。

農業林業の集積地として賑わっていたようだが、1959年士別軌道、1965年貯木場専用線が廃止。

日本甜菜製糖も工場は元気に稼働中だが、専用線は廃止となっている。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真

 

 駅の西側から北西にかけての敷地が貯木場跡だろうか。

 

さらに北へ進むと宗谷本線から分岐して日本甜菜製糖への専用線が西にカーブしていくのもはっきりと見えている。

 

3.士別軌道と士別森林鉄道

上の写真では痕跡の見えない士別軌道だが、現在はバスの運行に事業転換している。

奥士別駅(現在の朝日町)と士別駅を繋ぐ木材輸送を主として運行されていた鉄道であった。さらに奥士別からは士別森林鉄道が敷設されていた。

現在士別森林鉄道跡はほぼ岩尾内ダム湖に沈んでいるそうだ。

 

f:id:kamonji224:20200829191219j:plain

後日訪れた小樽総合博物館に展示されていた士別軌道の写真。

場所は不明だが小さな蒸気機関車と木造の立派な建物が映っている。

建物が駅舎なのかどうかは不明。

 

f:id:kamonji224:20200829191551j:plain

さらにもう一枚

左下の写真に奥士別森林鉄道とあるが、おそらく上記の士別森林鉄道のことかと思われる。

 

kamonji224.hatenablog.com