余市でサイクリング ― よいち水産博物館 ―

目次

 

1.先人カード

福原漁場から市街へ向かって自転車を走らせる。

次の目的地は運上屋の裏手にあるよいち水産博物館。

 

 

まずは受付で先人カードを頂く。

アイヌ民族出身の歌人違星北斗

 

本名は瀧次郎。

父は漁業を営んでいた。教育熱心な家だったが、学校では差別に苦しみ進学を断念。

北海道各地で職を転々とするうち病に侵され、地元へ戻った。

地元では恩師の指導の下、文学活動を行う。機関誌の発行などに携わるうち、人脈が広がり東京での事務仕事を斡旋される。

東京では金田一京助に師事し、知里幸恵知里真志保姉弟やバチラー八重子など同族の活躍を紹介される。また、金田一の伝手で名士や出版人との交流もあった。

やがてアイヌの向上を願い、北海道へ戻りコタンを周り啓蒙活動を始める。

旅の途中では上述の同志たちとも出会い、交流を深めた。

病の療養と資金集めの家業を手伝いを繰り返す一方で、フゴッペ洞窟の考察や短歌・随筆の執筆に励む。歌人としては評価が高まりつつあったが、病が悪化し27歳という若さでこの世を去った。

 

 

 

2.よいち水産博物館

続いて博物館内部を見学。

大きな船の模型が

 

建物からもはみ出している。

 

これは北前船として活躍した弁財船という船。

船首が太く速力や凌波性に優れ、廻船問屋達が利用していた。

1階には図書コーナーもあります。

 

2F・3Fは水産だけではなく郷土に関わる資料の展示。

北海道北部を含むオホーツク海域に栄えた、今も謎の多いオホーツク文化

 

一方本州からは鉄製武具や須恵器などが入って来る。

 

土器や石器が数多く展示されているが、出土したのはこれらの遺跡から。

 

急に近代の話になるが、急峻な地形の積丹半島にはなかなかきちんとした道路の掘削がされず、舟運が重要な交通路であった。

 

その時代に船着場だった茂入桟橋の写真。

 

漁場としては早くから開けていた余市だが、内陸部は明治維新後に開拓された。

 

開拓を担ったのは主に会津藩から移住してきた人々。

会津藩主の子孫である福島県知事と、会津からの移住者(の子供かな)のお婆さんとの交流。

 

会津藩の人々が多く住んでいた侍小路について。

 

余市町の名産、リンゴの栽培史。

 

植樹から4年、初めての結実。

 

余市駅でもリンゴが良く売れた。

 

消費地は小樽や札幌だけでなく、道内各都市から船で本州やロシアまで運ばれた。

 

なれない農作業に苦労していた人々にとって、リンゴは最初の光明だった。

 

アイヌ民族のスペースも充実。ヨイチの由来について。

 

土砂の利用で現在は姿を消した天内山にはアイヌのチャシがあった。

 

和人がやってくる前は河口付近にアイヌのコタンがあった。

 

 

明治5年頃、余市の熊祭りの図。

 

皆で記念撮影。

 

ヨイチでは14世紀にアイヌ文化が確立した様子。

アイヌの人々は多くの生き物を神として祀っていたが、シャチもその一つ。

レプンカムイと呼ばれ、海の生き物たちを従えていた。

 

 

ゴールデンカムイではシャチはクジラの肉を届けてくれる神。

進んで獲ることはないが死んで浜に打ちあがったら食べる

 

シャチの頭骨。

 

もちろんニシン漁の展示も豊富。

 

ニシン漁の作業内容と漁具が数多く展示されている。

 

モッコ背負いの写真。

 

モイレ山の岩石。

 

流紋岩はマグマが地上付近で急激に冷却されてできたもの。

流れながら固まった跡が残るので流紋岩

赤い矢印の捕獲岩は、マグマが上昇する段階で取り込まれた周囲の岩石が熱で変成した部分。

余市でサイクリング ― 旧余市福原漁場 ―

目次

 

1.旧余市福原漁場

昼食を食べ、お腹を満たして再び出発。

余市駅方面へ戻りながら次の目的地へ。

 

浜中町にある旧余市福原漁場。

 

 

ニシン漁で賑わった北海道の日本海沿岸。

幕末から余市町に定住し、ニシン漁を行っていた福原家が所有していた建物群が国に史跡と指定された。

明治以降も余市ではニシンの豊漁が続き、海岸線に漁師の住居である番屋や蔵・加工施設などが並んでいた。

漁場経営者は大宅(おおやけ)と呼ばれ漁期には出稼ぎの漁夫を数多く雇っていた。

 

漁場では漁→加工→製品化までの一連の作業が行われていた。

漁期は3月下旬から約2か月ほどで、東北や道南から多くの出稼者がやって来た。

ひとつの定置網(建網)には25~30名ほどの漁夫が従事し、福原漁場は4つの建網の権利を所有していた。

漁獲された鰊は生食・身欠きにしんなどの食用もあったが、約6~7割は肥料として加工された。

 

2.主屋

入口は木造の厳めしい建物。

 

主屋(おもや)または番屋とも呼ばれる。

親方家族の居住部分と雇漁夫の寝泊り部分に分かれているそうな。

 

福原漁場全体の配置図。

 

鰊の運搬に利用していたトロッコ

 

運上屋と共に貴重な史跡。

ニシン番屋は道内に数多くあったが、残っている建物は少ない。

移築・復元ではなく、さらに番屋以外の建物も残っているのはこの福原漁場だけであるようだ。

 

銀シャリ食べ放題とな。おかずはニシン尽くし。

 

 

 

 

建物内部の構造、特に広間部分は運上屋とよく似ていた。

 

鰊が獲れなくなった理由を探る。諸説あれどやはり乱獲が最大の原因のようだ。

 

年間スケジュール。

12月から漁夫の契約、5月に解散と半年がかりの仕事。

でも豊漁ならその後は遊んで暮らしていたのだろうか。

 

親方家族の部屋。運上屋では役人が使用していたスペース。同じく畳敷き。

 

3.文書庫

次は文書庫。

 

 

3階建ての蔵は道内で唯一とのこと。

大事な文書・書類・貴重品などを保管していた建物。

 

両開きの防火扉。

 

漆喰によって延焼を防ぐ。

落語では火事が起きると蔵の目つぶしをするようなシーンがあるが、北海道ではどうだったのだろう。

 

 

 

建物の中には陶器が幾つも並んでいる。

たしか九谷焼が多かったような。

 

漁の風景。

 

黒い煙を上げる蒸気船も使われていた。

この建物、ニシン漁には直接関係のない大正・昭和期のものが幾つも展示されている。

かなりの数の生活用品や雑誌・おもちゃなんかが並んでいた。

 

4.石倉

次はニシン粕、身欠きにしんなど製品を保管していた石倉。

 

これは復元された建物らしい。

 

漁に使っていたであろう舟。

 

湊の風景画。

 

福原漁場だけではなく、いくつもの湊の風景画と説明が展示されている。

 

地元の研究家が弁財船(北前船)の寄港地を一か所一か所訪ね歩き、絵に描いた そうな。

沢口靖氏のこの傑作、本となっており札幌中央図書館で閲覧可能。

余市図書館にもきっとあるのではないかと思う。

 

この倉内にずらりと展示されている。じっくり見ていると日が暮れるので泣く泣く割愛し再訪を誓う。

 

ニシン漁の作業風景。

ゴールデンカムイでも出てきたね

 

 

弁財船の模型。帆船って船に対して帆の面積が凄いよね。よく転覆しないものだ。

 

他にもニシンを干すナヤ場、米味噌蔵、網蔵などが復元されている。

建物だけでなく、漁から加工までの一連の流れがイメージでき、生活風景もよくわかる施設。運上屋はじっくり見たがここはちょっと端折ってしまい悔いが残っている。

 

菊鮨 ― ランチプレート ―

目次

 

1.店を探そう

下ヨイチ運上屋を出て海水浴場で遊ぶ人々を横目に国道へ戻る。

時間は午前11時半を回っている。

腹が 減った。

店を探そう。

 

国道を西へ進みヌッチ川を渡る。

この辺りは余市港もあり、もう一つの市街地である沢町・梅川町エリアとなる。

グーグルマップで飲食店を探す。

国道から少し南へ入った道に菊鮨という寿司屋があった。

もちろん回転ずしではない。

一人で回らない寿司屋に入ったことはないが、もはや自分も40を数えるいいおじさん。

とりあえず行って見よう。

 

店の前に着くと、ちょうど扉から一人の男性が出てきて、バイクに乗って去っていく。

一人で入ってもそんなに怪訝な顔をされることもなさそうだ。

店の前にはランチメニューが出されていたので、予算も見当がつく。

おおむね想定の範囲だ。

 

2.菊鮨

扉を開けると、右手にカウンター。

左手に座敷席。小さな子供を連れたファミリーが座っていた。

カウンターを勧められ、着席。

常連さんらしき人と大将がお話していた。

 

今回はランチメニューからばら寿司と生姜焼きのAプレートを選択。

他のプレートやランチセットも生寿司一本ではなく、色々なおかずがついている。

 

待っている間、店内を見回してみる。

サイン色紙が壁中に貼ってある。

ひと際目立つのは安倍晋三と書かれた一枚。

常連さんが、安倍さんは字がうまいんですねーと話していた。

さらに、自分の座った席の目の前には麻生太郎がビールの注がれたコップを持っている写真。嬉しそうな顔だ。

 

さて、肝心の料理が到着。

お洒落な盛り付け。

まわりにこぼれるほど盛り付けてあるのが、ダイナミックな印象を受けて実際より多く見える。

具材に特別感はないが、それだけに質が低いとすぐわかってしまうだろう。

もちろん、そんな懸念は不要で弾力があって鮮度のよさそうな魚だった。

 

そして生姜焼き。わざわざ出しているだけあってこれもおいしい。

肉はやわらかく、ばら寿司の味を損なわない程度の味付け。

写真は撮らなかったが鮭の切り身が入った潮汁?

これもシンプルながら肉厚で味もしょっぱ過ぎずに美味しかった。

 

余市でサイクリング ― 下ヨイチ運上家 ―

目次

 

1.下ヨイチ運上家

余市川を渡り、川沿いに細い道路を進む。

次の目的地は旧下ヨイチ運上家。

 

 

木造の大きくて立派な建物。

 

運上屋とは、江戸時代松前藩アイヌの交易をおこなっていた地(「場所」と呼ばれていた)において、松前藩が設置した出先機関のようなもの。

余市場所は上ヨイチと下ヨイチに分かれており、この建物は下ヨイチの運上屋であった。

 

建物内部。部屋の中心に囲炉裏がある。

 

一段上にもう一つ囲炉裏のある座敷。

運上屋は事務仕事だけでなく、漁場の現場仕事も請け負っていた。

漁の時期になると、出稼ぎの漁師たちがここで寝食を共にしていたのである。

広間に段差があるのは身分の違いによって、スペースが定められていたため。

2階が寝室になっていた。

 

天井まで届く大きな絵が飾られている。

 

端午の節句の際に立てられた幟旗。対面に賤ケ岳の7本槍の絵もあった。

大きいうえに勇壮なタッチ。お祭りなんかでこんなものを飾るとかなり迫力があって活気づくだろう。

巨大な神棚が飾られている。

板の下は地獄への直行便な船の上。常にそんな環境で働く人々にとって神への信仰は大変重要なものであっただろう。

 

船絵馬

 

船主や船乗りが大阪の絵馬屋で購入、目的地で奉納するならわしだった。

本来は生きた馬を奉納するが、高価な馬を用意するのは難しく馬の絵を奉納したのが始まりとされる。航海の安全や豊漁を祈願し、いつ頃からか船の絵を描くようになった。

 

2.奥座敷

広間の奥は小部屋や応接間になっている。

ここは帳場

 

多岐に渡る業務を行っていた運上屋の総合窓口のような役割を担っていた。

主に商人の仕事が中心。

 

ここは勤番詰所。松前藩の役人が執務を行っていた場所。

詰所前の廊下は藩士や幕府の役人が出入りした上玄関。商人や労働者達とは違う庇のついた玄関を利用していた。

 

松前藩だけでなく江戸幕府の役人も逗留している。

時代劇で有名な遠山の金さんの父親である遠山景晋。

1799年以降、ロシアの南下政策に対し蝦夷地は幕府の直轄地となっていた。

遠山は何度も蝦夷地に渡り、ロシアとの交渉にもあたった。

 

この座敷はすべて板の間ではなく畳張り。

 

3.ヨイチ場所の概要

ヨイチ場所が記録に現れるのは17世紀の中頃。

当初の松前藩の制度は米が取れない代わりに、家臣に交易の権利を与える商場知行制。

ヨイチ場所もその一つ。藩士たちは自身で本州からアイヌの欲する鉄製品などを仕入れ、海産物などと交換していた。しかし、所詮は武士の商法でなかなかうまくいかなかったようで借金漬けになる者もいたようだ。

そのため、交易は商人に一括で任せてしまい、手数料を納めてもらう場所請負制へ転換していった。

 

運上屋の図。本来はこの建物の他に漁師たちが生活する番屋などが並んでいた。

余市川の対岸にも集落や大きな建物がある。右手側には古平方面へ向かう山道が点線で描かれている。

 

運上屋は交易の他に一般の漁業者やアイヌによる漁の監視、そして自らの漁場経営も行っていた。

 

下ヨイチの運上家は柏屋藤野喜兵衛から竹屋林長左衛門に移った。

鰊を追って出稼ぎにきた一般の漁業者から2割の手数料を取っており、これが大事な収入だったらしい。

とある資料によると、余市はわりとアイヌの力が強く独自性が認められていたらしい。

アイヌとの交易というと、どうしても和人の残虐な振る舞いが思い浮かぶがそうではない部分もあったようだ。

 

林家は岩内、古平までの陸路の掘削にも関わる。

また、膨大な文書を残し「林家文書」と呼ばれ、大変貴重な資料として余市町の他道立図書館などに所蔵されている。

 

この建物は幕末に建てられた。明治後に減・改築されたが80か所を超える運上屋の中で唯一現存する建物として大変貴重なものとされる。

 

ここで載せた写真は建物の一部。

他にも色々興味深いものがあるのでぜひ見てほしい。

 

建物の裏手には茂入神社が鎮座している。

 

かつてはヨイチの中心であったともいえるこの場所。

現在はのどかな港と海水浴場。

 

余市でサイクリング ― フゴッペ洞窟 ―

目次

 

1.フゴッペ洞窟

余市駅併設の観光物産館でレンタサイクルの申込をして自転車を1日借りた。

余市駅についてはこちら

kamonji224.hatenablog.com

 

9時~17時で800円、それと返却時に帰ってくる保証金が1000円。

余市はわりと平坦な箇所が多く、自転車で走りやすい場所だ。

最初に向かったのはフゴッペ洞窟。

 

 

国道に目印があるのでわかりやすい。

 

建物はわりと立派。

駐車場も結構広い。

見学中も割とコンスタントに車がやってきていた。

 

そもそもフゴッペ洞窟とは

洞窟の中にある壁画を見学できる場所。

描かれたのは2000~1500年前とされる。

本州の時代区分では約1万年前までが旧石器時代。約2000年前までが縄文時代

北海道もここまではあまり変わらないが、本州が弥生時代古墳時代と続くのに対し、北海道は続縄文文化・擦文文化と続く。それと同時期にオホーツク文化も栄えていた。

弥生時代が稲作の導入を礎とし、金属の利用が広まっていくのに対し、北海道では気候的制約もあって縄文時代生活様式を継続し狩猟・漁労・採取が行われていた。

 

フゴッペ洞窟の壁画はそんな続縄文文化の時代に描かれたとされるもの。

岩面刻画は国内ではここと小樽の手宮にあるのみ、かなり珍しいものなのだ。

館内の展示にはシベリアやアジアの壁画が紹介されていた。

フゴッペ洞窟の壁画と共通する部分もあるようだが、互いに関連性があるのか偶然似ていたのかは未だ謎の部分。

 

 

2.フゴッペ洞窟の展示

そもそもフゴッペ洞窟が発見されたのは戦後になってから。

1950年札幌市の考古学好きな少年がこの近くで土器のかけらを見つけたことがきっかけ。その翌年北大の調査団による発掘で洞窟遺跡が発見された。

展示の最初はこの時に発見された土器や石器に骨角器、動物や魚の骨など。

土器は後北式土器と呼ばれる(後期北海道式薄手縄文土器の略称)。

このタイプの土器は川の流域から出土することが多く、フゴッペ洞窟も近くを畚部(フゴッペ)川が流れている。

 

肝心の壁画であるが、人物像・有翼や魚の姿をした異形の人・舟・シカなどと思われる四足獣・魚などが刻まれている。

不思議な姿の人は祈祷儀式のために仮装した人間を表しているのではないかとのこと。

 

余市町の公式YouTubeチャンネルで壁画の様子が見れます。

 

薄暗い洞窟の中に刻まれた謎めいた壁画。

当時の人々と風景を再現したジオラマもあるので、彼らがどんなことを考えながら画を刻んでいたのか、思いを馳せてみよう。

 

何とTシャツも販売中。

shop.doniwab.com

 

3.大川遺跡

フゴッペ洞窟を出て次の目的地へ国道を西に。

途中で余市川を渡る。

この辺りにも縄文期の遺跡があった。

道路拡張により発掘が行われ、墓孔や土器・石器・宝玉なども出土したそう。

 

余市川河口。

先史時代から人間の生活になくてはならない存在だった。

そういう場所って景色も良い(推測)。

 

今は立派な橋が架かっている。