札幌史跡探訪 ― アンパン道路 ―

目次

  

1.アンパン道路の概要

月寒公園そばには「アンパン道路」という変わった名前の通りがある。

国道36号線と平岸街道を繋ぐこの通り、明治につくられた歴史ある道なのだ。

 

事の発端は明治末期の1910年、月寒村・平岸村・豊平村の合併。

その結果、豊平村にあった役場が月寒に移転することとなった。

平岸村の住人が役場へ行くためにはかなりの大回りをしなければならなくなったため、新しい道路を建設することに。しかし予算が厳しく第7師団に支援を依頼したところ、なんと無料で工事に従事してくれるとのこと。

 

せめてものお礼ということで兵隊に渡されたのが地元で製造されていたアンパン。

その効果もあってか2.6kmの道のりを4か月で完成。

このことからアンパン道路という名がつけられ、現在に至っている。

 

国道36号線との交点。看板が設置されている。アンパンを模したものも。

 

今でも月寒あんぱんは町の名物だ。

 

 

 

ここから平岸街道方面へ向かうことにする。

 

2.沿道の史跡

f:id:kamonji224:20210515111025j:plain

緩やかな坂を上っていくと豊平町役場跡の案内板。

上記の3村合併後に移転した役場である。アンパン道路建設の原因ともなった場所だ。

 

現在は児童会館が建てられていた。 

 

 

さらに先へ進んでいく。

f:id:kamonji224:20210515111545j:plain

「旧たくんち」という変わった名前の建物。

倉本龍彦氏は住宅設計を中心に活躍する建築家で、道都大学の名誉教授。

建物名の由来となった子息の倉本琢氏も鎌倉市を拠点とする建築家。

 

f:id:kamonji224:20210515111928j:plain

下見板とは横長の板材を少しずつ重ねて縦に並べていったもの。

雨風に強くかつては木造建築外壁の定番仕上げであったそう。

現代の建築基準では防火構造も求められるため、使われることはほぼなくなりサイディング仕様が多くなったそうな。

 

現在はサッポロ珈琲館の店舗として利用されている。

 

 

3.アンパン道路の道のり

たくんちからもう少し進むとT字路にぶつかりここを右折。

望月寒川流域となってアップダウンが続く。

 

f:id:kamonji224:20210515113156j:plain

アンパン道路のルート案内。消えかかってちょっと見えにくい。

 

f:id:kamonji224:20210515113258j:plain

石碑も設置されている。

 

 

 

羊ケ丘通りまで坂をエイコラ上っていく。(;´Д`)

 

今では幹線道路となり、さらに延伸を続ける計画もある羊ケ丘通。整備が始まったのは1973年。アンパン道路建設時には存在していたのかどうかも疑問。

 

引き続きえいこらしょと坂を上って平岸プール辺りが丘のてっぺん。

この辺りは4万年前噴火によって支笏湖から流れてきた火砕流堆積物でできた地形。

豊平川の浸食によって広がった扇状地との境目にあたるそうだ。

水曜どうでしょうで全国区?になったHTBの旧社屋(撤去済み)や高台公園があるのもこの辺り。

 

そこから南平岸駅まで急坂を駆け下り、また平岸街道まで上っていく。

 

 

南平岸駅の位置が谷状になっているのは、かつて小泉川という川が流れていたため。

宅地化によって現在はほぼ痕跡を消したが、この川を境に西側がリンゴ畑、東側が水田となっていたそうだ。

そして地下鉄南北線南側の前身であった定山渓鉄道はこのリンゴ畑と水田の境に建設されたそうな。

 

www.doshin-apple-news.jp

 

平岸街道、現在の平岸小学校付近がアンパン道路の平岸側基点。

 

 

 

f:id:kamonji224:20210515120412j:plain

ここにもあんパンを模った案内板が設置されていた。

 

 

札幌史跡探訪 ― 月寒公園界隈 ―

目次

   

1.りんご並木

平岸街道から少し離れて白石中の島通を東へ進んでみる。

環状通と交わる辺りで一旦ストップ。

 

石碑が建っていたので、鑑賞。

 

 

ここには現在もリンゴ並木が保全されている。

f:id:kamonji224:20210509213126j:plain

平岸リンゴの沿革とこ後にリンゴ並木が作られた謂れ。

 

大きな石碑も建立されていた。

f:id:kamonji224:20210509214051j:plain

 

リンゴ並木は1974年に作られた。この碑は植樹から10年後に建てられたもの。

f:id:kamonji224:20210509214140j:plain

 

リンゴ並木自体は、環状通の豊平区役所~国道36号線間の中央分離帯になっている。

現在70本の木が植えられ、今もリンゴが収穫されている。

 

 

りんご並木の碑から月寒公園までは遊歩道になっている。

f:id:kamonji224:20210509215652j:plain

桜が咲いて散歩には心地よい気候。

 

月寒公園側から見た風景。

f:id:kamonji224:20210509215757j:plain

 

2.月寒公園

続いて月寒公園内を散策。

以前に家族連れで遊びに来た時の記事はこちら。

kamonji224.hatenablog.com

 

今日は前回訪れなかった史跡を中心に周ってみる。

まずはここ。

 

 

野球場のすぐそばに説明板がある。

f:id:kamonji224:20210509220428j:plain

旧陸軍及び進駐軍が射撃場として利用していたようだ。

 

続いて沼の向こう側、細い道を上って高台へ向かう。

 

 

大きな記念碑が建っていた。

f:id:kamonji224:20210511224600j:plain

 

月寒開基百年の碑。
f:id:kamonji224:20210511224508j:plain

月寒の開基は1871年。月寒村(つきさっぷむら)が設置された。

現在の北広島市の一部までを含むエリアで月寒は村の中心地であった。

 

さらに道を進む。

 

 

続いては忠魂碑。 

f:id:kamonji224:20210511224700j:plain


日露戦争の戦死者の慰霊のために建立されたものだ。

f:id:kamonji224:20210511224728j:plain

 

日露戦争や旅順での戦闘といえば司馬遼太郎の「坂の上の雲

第7師団の悲しい激闘も克明に記載されている。 

坂の上の雲(一) (文春文庫)

坂の上の雲(一) (文春文庫)

 

 

ゴールデンカムイでも第7師団の登場シーンは多いよね。 

 

どんどん進もう。 

 

 

次は石碑が二つ並んでいた。 

f:id:kamonji224:20210511224820j:plain

 

左手は開町五十年記念碑。

1902年豊平村、平岸村、月寒村が合併。新しく発足した豊平村は1908年に町政を施行し豊平町となる。開町五十年とは町政発足ではなく入植・開拓が始まって五十年ということで1920年に記念碑が建てられた。 

f:id:kamonji224:20210511224903j:plain

右手は吉田善太郎の功労碑。

10才で両親とともに現在の盛岡市から月寒へ移住。

成人後用水路の建設や吉田農場の経営など月寒の開拓に貢献した。

用水路は現在吉田川という河川になり、豊平区と清田区の境界となっている。

 

 

吉田牧場は現在八紘学園北海道農業専門学校)及びその牧場地となっている。

善太郎の孫である吉田善助はG1競走馬やノーザンホースパークの運営を手掛ける社台グループの創立者となった。

 

f:id:kamonji224:20210511224941j:plain

記念碑は木々に囲まれていた。 

 

月寒公園の端っこは小さな広場。ここで一休み。 

f:id:kamonji224:20210511225032j:plain

 

3.月寒神社 

公園と並んで月寒神社が座している。

f:id:kamonji224:20210511225135j:plain

現在の地に建てられたのは1918年。 

 

神様にはあまり興味がないが、寺や建物の構造・佇まいは何となく気になるこの頃。 

f:id:kamonji224:20210511225259j:plain

 

札幌史跡探訪 ― 天神山界隈 ―

目次

  

1.ピラケシイ

引き続き平岸街道を南下中。

途中でちょっと脇にそれ、中の島通方面へ向かう。

目的地はここ。

 

 

公園の向かいにある一見普通のマンションだが、玄関近くに小さな説明板が設置されている。

f:id:kamonji224:20210507203805j:plain

平岸の地名の由来について。豊平川に削られた崖のことを示していたようだ。

説明板にある北海道さけ・ますふ化場は現在水産総合研究センターと名を変えている。

 

 

 

2.天神山

再び平岸街道に戻って南下。

やがて重複していた国道453号と平岸街道が分岐する。

平岸街道側をほんの少し進んだ先にあるのが天神山だ。

 

標高89mの小さな山。豊平川による浸食の削り残しらしい。

一帯は緑地として保護されている。

 

f:id:kamonji224:20210507205628j:plain

展望台からの眺め。満開の桜、町並み、遠くに見えるは三角山や手稲山方面か。

 

 

頂上付近には日本庭園が造園されている。

f:id:kamonji224:20210507210141j:plain

 

水は流れていないが人工滝もあった。

f:id:kamonji224:20210507205923j:plain

 

周辺はかつてリンゴ園に囲まれていた。

緑地内にはリンゴにまつわる記念碑が幾つか建てられている。

f:id:kamonji224:20210507210815j:plain

f:id:kamonji224:20210507210815j:plain

戯曲「林檎園日記」の碑

 

続いて札幌平岸林檎園記念歌碑。

f:id:kamonji224:20210507210336j:plain

 

石川啄木「石狩の都の外の君が家林檎の花の散りてやあらむ」

f:id:kamonji224:20210507210402j:plain

意味はよくわかりません(笑)

啄木と平岸には直接かかわりはなかったよう。

 

歌碑の手前には平岸林檎の沿革についての記念碑が建てられている。

明治4年にこの地に入植し、明治5年から林檎の苗木を植え始め、明治14年には見事に収穫を果たす。海外に輸出を行うほどになるが、やがて時代の移り変わりとともに果樹園は姿を消し周囲は住宅街となった。

往時を忍びこの歌碑を建立した云々の文章が黒い御影石に刻まれていた。

f:id:kamonji224:20210507210436j:plain

 

 

f:id:kamonji224:20210507210652j:plain

さらに平岸開基記念120周年記念植樹の碑。

平岸地区にとって天神山は自然と歴史を保存し続ける生き証人であった。

 

3.本願寺道路終点の碑

天神山の南隣、相馬神社と墓地の一角にも史跡の記念碑がぽつり。

 

本願寺道路とは現在の伊達市から札幌市までをつなぐ明治初期に築かれた道路。

徳川幕府と所縁の深かった東本願寺が明治政府に翻意はないことを示し、廃仏毀釈の逆風を防ぐために行ったとされる。

 

わずか1年強で中山峠越えを含む103kmの道のりを開削した。

その終点がここ平岸にあった。

f:id:kamonji224:20210507212805j:plain

立派な石碑が建てられていた。

 

f:id:kamonji224:20210507212854j:plain

1871年に完成するも、わずか2年後に苫小牧経由の札幌本道が開通。

山越えを含む本願寺道路は敬遠され、道は荒廃する。

 

1886年より再び北海道庁により重要視され、道路を整備。

後に国道230号線として北海道を代表する重要幹線の一つとなり現在に至る。

札幌史跡探訪 ― 平岸街道界隈 ―

目次

  

1.水車町公園

某月某日某GW。

この日もギリギリ雨は降らない模様。

自転車に乗って軽ーくサイクリング。

 

まずは豊平川近く、水車町公園からスタート。

 

 

水車町1丁目、南7条米里通の高架下に位置する公園。

f:id:kamonji224:20210505215709j:plain

 

公園内の案内板。かつては水車川という豊平川の支流があった。

f:id:kamonji224:20210505215925j:plain

川辺には水車小屋が並び精米を行っていたとある。

町名はその名残だ。

 

公園内には水車を象った噴水?水路?が設置されていた。

f:id:kamonji224:20210505220122j:plain

現在水車川は埋め立てられたようだ。

もう少し上流部では遊歩道・自転車道路にもなっているらしい。

 

2.4号用水路跡

続いて平岸街道に入って南を目指す。

まず地下鉄北海学園前駅2番出口そばの歩行者専用通路に寄り道。

 

 

ここにも史跡の案内板が掲示されている。

f:id:kamonji224:20210505220417j:plain

精進川から平岸街道に掘られた18本もの用水路のうち、ここには4号用水路が通っていた。豊陵公園から菊水へと向かっていたらしい。

精進川は滝野すずらん公園近くを源流とし、北へ向かって流れる川。 

 

ミュンヘン大橋付近で分流し、放水路を経て豊平川へ流れこむ流路と、平岸・中の島の境界となって幌平橋のやや北で豊平川に合流する流路に分かれている。

元々は現在の放水路が精進川の本流であり、北へ向かう流路は豊平川の分流であった。

河川改修によって現在の流路が完成した。

 

平岸街道の建設は明治4年1871年)の開削が始まり。用水路の建設はほぼ同時に行われたと思われる。

街道に用水路を掘ったとあるが、まさしく道の真ん中に堀があったそうだ。

 

3.りんご倉庫

明治初期、開拓が始まったころは水田とりんご栽培がこの辺りの主産業であった。

りんごは後に平岸リンゴというブランドとなり海外への輸出も行うまでとなった。

現在でも、平岸街道沿いにはレンガや札幌軟石で造られた当時の名残となるりんご倉庫が幾つか残っている。

 

一つ目は旧中井家リンゴ倉庫 

 

 

ここは煉瓦造りと石造りが2つ並んでいる。 

f:id:kamonji224:20210505222829j:plain

 

手前の建物がリンゴ倉庫。現在は平岸天神太鼓道場に使われている。

f:id:kamonji224:20210505223254j:plain

 

 

f:id:kamonji224:20210505223534j:plain

都市景観重要建築物にも指定されている。

 

一方、後ろの石造りの建物

f:id:kamonji224:20210505223114j:plain

何も情報はないのだが、これも昭和期の倉庫に見えるのだけどねえ。

 

次はこちら

 

 

こちらは街道に面し、飲食店とビルの間、少し奥まった場所にひっそりと佇んでいる。

f:id:kamonji224:20210505224143j:plain


こちらは明確に札幌軟石造りと記載があった。 

f:id:kamonji224:20210505224032j:plain


溶結凝灰岩についてはこちらの記事で調べたことがあります。

kamonji224.hatenablog.com

 

本当はもう1か所あるのだが、より忘れてしまったのでストリートビューで紹介。

 

現在はサッポロ珈琲館になっている少し大きめな建物。

ここは倉庫というより共同選果場で、作業場と集会所になっていたらしい。
 

札幌史跡探訪 ― 藻南公園 ―

目次

  

1.藻南公園 

某月某日、天気の悪い日が続く札幌のGW。

この日はギリギリ雨が降っていなかったので気晴らしに公園へ。

車を走らせて南区の藻南公園へやってきた。

 

 

豊平川沿いに面する広めの公園。

バーベキュー広場もあるが、昨今の事情で当然閉鎖中。

 

f:id:kamonji224:20210504144920j:plain

川沿いに設置された遊歩道には桜が植えられていた。

 

対岸は崖状になっており岩石が露出している。

f:id:kamonji224:20210504145205j:plain

 

ピンクの花びらが満開。

f:id:kamonji224:20210504145525j:plain

 

遊具が設置された広場。親子連れが楽しく過ごしている。

f:id:kamonji224:20210504150139j:plain

 

遊具広場の北側も桜並木が整備されていた。

f:id:kamonji224:20210504144825j:plain

 

2.おいらん淵

開拓の様子を描いたモニュメントが建てられていた。

f:id:kamonji224:20210504150717j:plain

 

藻南公園は1949年に開園。

下流側は真駒内公園まで遊歩道が続き、上流側には札幌軟石の石切場が残っている。

札幌軟石は支笏カルデラの噴火によって発生した溶結凝灰岩。柔らかく加工に優れ、重量が軽く輸送に適し、保温性も良いとあって明治時代建材に奨励された。

 

対岸の露出した岩肌も同じ溶結凝灰岩かな。

f:id:kamonji224:20210504153204j:plain

溶結とは堆積した火山の噴出物が熱によって溶けた後、重量で圧縮され気孔がなくなり密度が大きくなる作用。

同じ凝灰岩でも溶結していない凝灰岩は浸食されやすく渓谷ができやすいそうだ。

 

この辺りは豊平川の流れで最も深いところ。

明治末ごろ花魁が世を儚んでこの地に身投げしたという伝説から「おいらん渕」という名がついた。

f:id:kamonji224:20210504150911j:plain