空から日本を見てみよう ― 能登半島Ⅱ ―

目次

 

 

今日は2015年8月4日放送の空から日本を見てみようで紹介された能登半島について調べてみた、後半戦。

前半戦はこちら。

kamonji224.hatenablog.com

 

1.穴水町

最初は穴水町

wikipedia:穴水町

 

人口は8千人弱。農林水産業が主な産業。

鎌倉時代、長谷部信連が穴水城を築く。長谷部氏の子孫は後の守護大名、畠山氏の重臣である長氏となり穴水城を居城としていた。城跡は公園となりソメイヨシノが植えられている。

千年以上の歴史を持ち、北陸最古の絵馬がある穴水大宮・江戸時代の漁法の名残をとどめるボラ待ちやぐらなどが観光スポット。

 

2.能登町

次は能登町

wikipedia:能登町

 

人口は約1万5千人。

北陸最大級の縄文遺跡である真脇遺跡には復元された環状木柱列、出土したイルカの骨などが展示されている。

畠山氏の支族となった松波氏の居城であった松波城は発掘された庭園跡が国の名勝に指定された。

広大な自然林と、遊歩道で結ばれた植物園のある柳田植物公園プラネタリウムを持つ天体施設、天体望遠鏡付きのコテージがあり天体愛好家の聖地にもなっている。

 

3.珠洲市

続いては珠洲市。(すずし)

wikipedia:珠洲市

 

能登半島の突端に位置する。古代は出雲・佐渡蝦夷と繋がる海洋交易のルート上に位置しており、比較的早期に出雲から鉄文化を取り込んだとされている。

「すず」という地名は鈴から来ている。万葉仮名が須須で佳名(縁起のいい名)が珠洲となるそうだ。

北東部の先端にある禄剛崎灯台は明治時代に日本人の手で造られた歴史・文化的価値の高い灯台。レンズの回転ではなく遮蔽板を回転させることで光が点滅する方式。

形が軍艦に似ている奇岩、見附島・中世を代表する陶器でありながら忽然と姿を消した珠洲焼の復興を手掛ける珠洲焼資料館などが主な観光スポットだ。

 

4.輪島市

最後は輪島市

wikipedia:輪島市

 

人口は2万3千人。奥能登地方の中核都市である。

古くから港町として栄えた。大陸の人々が倭島と呼んだことが市名の由来となっている。日本を代表する三津七湊の一つにも数えられた。

鎌倉時代曹洞宗大本山となった總持寺が開創し周囲は門前町として栄えた。

輪島市と合併するまでは自治体名も門前町であり、本山は横浜に移転するも現在も禅の里として町おこしを行っている。

 

戦国時代にこの地を支配した温井氏の居城であった天堂城は現在はほぼ自然に返っているようだ。

その代わり、史跡としては日本海を往来した北前船の足跡が多く残っている。

廻船問屋住宅跡の旧角海家上大沢・大沢の間垣(防風の為に竹を組んだ垣根)集落などが代表的だ。

そして輪島と言えばやはり輪島塗。

この地域特産の珪藻土を原料とした下地、さらにその後20工程上に及ぶ手作業を経て作り上げる品質と頑丈さが高く評価されてきた。また、加飾にもよく適応している。

やがて北前船で日本各地へ運ばれるようになり、その名声は今も揺るぎない。

f:id:kamonji224:20220110115245j:plain

 

その他に日本三大朝市の一つである輪島朝市能登半島の北50kmの日本海に浮かぶ舳倉島などが観光スポットとして有名である。

 

 

 

 

地球絶景紀行 ― ジョージアの遺跡 ―

目次

 

1.メスティア

今日は2012年10月26日放送の地球絶景紀行で紹介されたジョージアの遺跡について調べてみた。

最初はメスティアの塔の家。

ジョージア北部、コーカサス山脈の標高1500mにある町。

メスティアを含むスヴァネティ地方は19世紀まで大国による侵略を殆ど受けてこなかった地域。そのため独自の文化の痕跡が数多く残っており、ジョージア国内でも独特の雰囲気を持っている。

 

古い石造りの町並みの中で特徴的なのが町のあちこちに建つ石の塔。

 

 

ジョージアの首都トビリシから遠く離れたこの地へやって来る観光客たちの一番の目的と言ってもいいだろう。

この塔は日本では「復讐の塔」とも紹介され、8世紀ころから建てられ始めたそうだ。

窓は殆どなく、銃眼と急な階段があるのみ。

物騒な名の由来はその当時、身内に危害を加えられた人は復讐するという慣習があり、その復讐を恐れた人が塔を建て、立てこもったことから。

 

もっとも、これは諸説あるうちの一説のようである。

近隣の侵略者たちから身や財産を守るため、そしてその家の富を象徴するシンボルであったという、オーソドックスな説明もあるようだ。

このメスティアには48もの塔が残っているらしい。

 

南東にあるウシュグリ村はヨーロッパで最も標高の高い場所にある村と言われている。

ここにも同じく石の塔が幾つも建っており、標高5千mを超えるジョージア最高峰のシュハラ山も一望できる。

 

2.ヴァルジアの洞窟都市

続いてはジョージアの南西部、トルコとの国境近くにあるヴァルジアにある遺跡。

川岸にある山の斜面に築かれた、異様な雰囲気を感じる遺跡。

 

展望台から近距離で遺跡とジョージアの自然を一望できる。

遺跡内部は通路も整備されていて、観光客も通行可能。

元々は要塞都市だったようだが、その後は修道院になったそうだ。

 

遺跡は19の階層に分かれており、内部で繋がっている。

最盛期は5万人もの人々が住んでいたらしい。この頃はグルジア王国が最盛期だった。

 

元々は外からは見えない構造になっていたが、地震による崩落で現在の姿となったそうだ。ワイン造り用のスペースがあったり、教会もあってフレスコ画が今も保管されている。今も数人の修道士がここで生活しており、遺跡の修復や修行を行っているそうだ。

 

 

 

 

 

世界ふれあい街歩き ― サン・ルイ ―

目次

 

 

1.サン・ルイの概要

今日は2009年2月5日放送の世界ふれあい街歩きで紹介された西アフリカにあるセネガルのサン・ルイという町について調べてみた。

wikipedia:サン・ルイ

 

 

サン・ルイはセネガル川の河口に位置する細長い三角州を中心とする町。

大陸部とサン・ルイ島モーリタニアから繋がる砂州部分からなる町である。

大西洋に面し、サン・ルイ州の州都である。

 

観光のメインとなるのは中州部分のサン・ルイ島

大陸部から続く長大なフェデルブ橋が島の玄関口だ。

この橋はパリのエッフェル塔を建てたギュスターヴ・エッフェルの作品の一つ。

 

橋を渡ると旧市街の入口。植民地時代のコロニアル様式が残る町並みが続く。

 

 

島に入ってすぐそばにあるホテル・デ・ラ・ポストは作家サンテグジュペリが「星の王子さま」を執筆した場所として知られる。

 

町には作品に出てくるバオバブの木もあり、カラフルな街並みと共に観光客を楽しませている。

 

 

さらに市街を通り抜けてもう一つ橋を渡ると、隣国のモーリタニアから繋がる半島部分に渡ることができる。

 

 

川には小舟が並び、生活感の溢れるエリアに入っていく。

 

サン・ルイ島とは建物の様子も変わり、ここに暮らす人々の一般的な住居や商店が並ぶ。人が多く、活気あふれる街だ。サン・ルイはセネガル一ファッショナブルな町としても知られ、衣料品店・仕立て屋なども数多いそうだ。

 

 

 

サン・ルイの北60kmにあるジュッジ鳥類国立公園は350種、300万羽以上の渡り鳥が飛来する、サヘル唯一の緑地帯。

サヘルとはサハラ砂漠南部に広がる半乾燥地帯。かつては脆弱ながら緑に覆われた土地であったが、近年深刻な砂漠化が進んでいる。

 

2.サン・ルイの歴史

サン・ルイの旧市街は1659年フランスが商館を建設。1673年フランス領セネガルの首都となる。1895年にはフランス領西アフリカの首都となったがその後1902年に首都はダ・カールに移った。1885年セネガルとダ・カールの間が鉄道で結ばれ現在も使用されている。

 

大航海時代に始まった奴隷貿易は初期の小規模なものから徐々に規模を拡大していき、サン・ルイはフランスにおける奴隷貿易の大きな拠点となる。

原住民の王国が戦争の捕虜や現地制度の奴隷などを集め、フランス人は大西洋を渡って中南米西インド諸島プランテーションへ売却。その代金で砂糖などを購入するという交易のフォーマットができていたようだ。

また、ヨーロッパ製の銃火器もこの交易の一部として原住民の王国に売却されていたようである。

19世紀になり奴隷貿易、さらに奴隷制度そのものが廃止されるようになる。

前後して列強による植民地化が進む。

フランスは西アフリカにおいて1895年に現在のモーリタニアセネガル・マリ・ギニアコートジボワールニジェールブルキナファソベナンをフランス領西アフリカとした。その後中央アフリカ・チャドなども植民地とする。

 

1946年限定的な選挙権が与えられ、1958年フランス共同体が発足しフランス領西アフリカが解体。

1960年の「アフリカの年」で多くの国が独立し、実態を伴わないままフランス共同体は消滅することとなった。

 

 

 

 

 

赤平市 ― 赤平どうでしょう ―

目次

 

1.赤平市の概要・歴史

今日は赤平市について調べてみた。

wikipedia:赤平市

 

 

人口は約9千人。

蛇行する空知川の流域を中心に市街が広がり、市域の南北は山地となっている。

 

明治初期には榎本武揚・ライマン・高畑利宣・黒田清隆などが空知川の調査を行い石炭脈を発見している。

1877年には札幌農学校の生徒が空知川を遡上し富良野まで到達。

 

1891年、当時すでに鉄道の通っていた歌志内を拠点として赤平にも入植が始まる。

今の中心部である上赤平に石川、平岸に三重の団体が移住、その他個人入植も多かったようだ。

当時は空知川左岸を奈江村・右岸を滝川村としていた。

 

1897年 現在の赤平市芦別市を含む歌志内村が設置される。

歌志内中心部と繋がる上赤平地区に商店街ができ始める。

明治期から中小の炭鉱が多く稼働するも経営は国内外の経済動向に左右され、短期間の採掘が大半に終わる。

大正期になると大倉礦業の茂尻炭礦・上赤平の住友炭鉱と赤間炭鉱・市街西部の豊里炭鉱と4つの炭鉱が主要産業となる。

平岸地区では三菱や三井芦別などが断続的に採掘を行った。

 

1913年には滝川から富良野間の鉄道(現在の根室本線の一部)も開通しており、赤平駅・平岸駅が開業。茂尻駅も貨物のみ開業し石炭の積出が非常に盛んであった。

現在の石勝線及び国道274号が開通するまでは、この路線とそれに並行する国道38号線が道央と道東を結ぶ主要ルートであった。

 

1922年赤平村が歌志内村から分村。二級町村制施行。

1929年一級町村制施行。同年北海土工組合頭首工が完成。

空知川からこの頭首工で分水する北海幹線用水路により、空知平野東部に多大な恩恵が行き渡る。農業の灌漑用水、生活・防火・土砂崩壊防止などなどこの80kmに及ぶ用水路が多面的に各地区の生活を潤すこととなった。

 

石炭産業の活況と共に町も規模が大きくなり、1943年町制施行。

1954年には市制施行と最盛期を迎える。

しかし1960年代からはエネルギー革命・採掘減少・炭鉱事故など炭鉱にとっては厳しい時代が続き、一つまた一つと閉山が続く。

 

平成に入った1994年最後に残った住友赤平炭礦も閉山しヤマの灯が消えた。

現在は花卉など農業が主産業の静かな町となっている。

 

2.赤平市の観光

赤平の観光スポットは大きく二つに分類される。

一つ目は炭礦遺産を活用した施設。

住友赤平炭礦の立坑櫓などメイン施設のあった付近には炭礦遺産ガイドセンターが設立された。

元炭鉱マンのガイド付きで立坑の中に入ることのできるツアーも開催されている。

赤間炭鉱のズリ山は777段の階段を上ると市内を一望できる展望台に整備された。

 

f:id:kamonji224:20211230113735p:plain

カントリーサインにはズリ山で行われる火祭り、立坑櫓、複合センターとなった赤平駅、そして蛇行する空知川が描かれている。

 

もう一つの観光スポットは北部にあるエルム高原。

二つのキャンプ場が設置され、家族連れが楽しめるスポットに。

そして近年建てられたどうでしょうハウス。大泉洋をこの世に輩出した番組水曜どうでしょうの一企画で建てられたログハウス。

大泉洋の所属する事務所の社長にして水曜どうでしょうの出演者でもあったミスター・鈴井貴之が生まれ故郷であった赤平に移住したことなぞがきっかけで番組と縁ができた模様。

コロナが終われば公開もあり得るようなので新たな聖地となるかもしれませんね。

 

 

空から日本を見てみよう ― 能登半島Ⅰ ―

目次

 

1.羽咋市

今日は2015年8月4日放送の空から日本を見てみようで紹介された能登半島について調べてみた。

スタートは羽咋市(はくいし)。wikipedia:羽咋市

 

人口は2021年の推計人口で19,999人。

能登半島の西側の付け根に位置し、能登国一ノ宮である気多大社が位置する。

古代より北陸の大社として名高く、近隣の寺家遺跡は竪穴住居などと共に気多大社の祭祀で使用される祭器などが出土している。

一説には渤海との交易に関わる客院関連施設もあったとされている。

隣の宝達志水町へと繋がる海岸線の千里浜なぎさドライブウェイは、一般の自動車や観光バスも走行できるビーチ。世界に3か所しかない希少な砂浜である。

 

2.志賀町

次は志賀町wikipedia:志賀町

人口は約1万8千人。

 

古代には渤海からの使節が停泊しており、江戸時代には北前船が拠点とする湊が幾つも設置されるなど海上交通の要衝として栄えた。

海岸部は約30kmに渡って奇岩、断崖などが続く景勝地として名高く、朝鮮半島有数の名所である金剛山に因んで能登金剛と名付けられた。

旧福浦灯台は日本最古の木造建築灯台として県の史跡に指定されている。

 

3.中能登町

続いては中能登町

wikipedia:中能登町

 

人口は1万6千人ほど。

町内には遺跡が多く、川田古墳群のある古墳公園とりや雨の宮古墳群などは観光施設としても整備されている。

石動山は加賀・能登越中の霊山として信仰されたが戦国期に織田軍に焼き討ちされ衰退。明治の廃仏毀釈後は廃寺となった。

 

4.七尾市

最後は七尾市wikipedia:七尾市

人口は5万人弱。

 

古代には能登国府や国分寺が所在する能登国の政治の中心であった。

七尾湾の能登島にある須曽蝦夷穴古墳は石室が二つあり、天井部がドーム状になっている高句麗式の構造で、日本の古墳にはかなり例が少ない。

 

戦国時代には畠山氏が七尾城を拠点に栄えるが上杉謙信に滅ぼされる。

七尾城は日本五大山城の一つに数えられるほどの堅固な城であったが、1582年能登の大名となった前田利家小丸山城に移る。七尾城は廃城となる。市街地も小丸山に移ったため七尾城周辺は開発を逃れ、石垣はかなりの割合が残っている。

f:id:kamonji224:20211229221623j:plain

 

七尾城のあった城山に七つの尾根があったことが七尾という地名の由来。

小丸山城は七尾港に近く、河川と海が堀の役割を果たす平山城金沢城に移るまでの間の主城であった。

1615年の一国一城令で廃城となり、現在は僅かな痕跡を残すのみで公園として整備されている。

前田利家が七尾城防御のために陣用地として各宗派の寺院を集約した山の寺寺院群能登島のガラス美術館などが観光スポットとなっている。