東小樽海水浴場 ― カニ釣り ―

9月の初め、北海道もまだ暑い。

子供がプールに行きたがるが、コロナもあるのでちょっと躊躇してしまう。

 

そこでシーズンは終わったが海で磯遊びというコースを選択。

小樽築港駅に近い東小樽海水浴場へ向かう。

 

 

海水浴シーズンであれば駐車場が準備されている。シーズン外なら駐車場よりも近いところに、邪魔にならないような位置で数台置けるスペースがある。

 

f:id:kamonji224:20211018153013j:plain

手前は石浜・奥の方は砂浜。

テトラポットがあって波が穏やかな海水浴場。

 

f:id:kamonji224:20211018154354j:plain

海岸の背には住宅街が広がっている。

 

f:id:kamonji224:20211018154756j:plain

海岸と住宅街の間には線路が通っていて、列車が間近に見える。

 

f:id:kamonji224:20211018154959j:plain

このテトラポット付近でカニ釣り開始。

水は暖かく、膝ぐらいまで入っても全然気にならない。

 

コンビニで買ったサキイカを輪ゴムで縛り付けて、テトラポット下の隙間にゴソゴソしてみるとカニやヤドカリが食いついてくる。

 

f:id:kamonji224:20211018155844j:plain

ヒトデも捕獲。このイトマキヒトデってどこにでもいるよね。

 

f:id:kamonji224:20211018160417j:plain

腹側はオレンジ。たいていのヒトデの体色は赤~オレンジ色らしい。

イトマキヒトデは背面が青や緑で目立つ色。ただ海の中では身を隠すのに適しているっぽい。

 

f:id:kamonji224:20211018160731j:plain

カニも2匹捕まえ、見えにくいが小さな魚も一匹捕まえた。

ヤドカリは入れ食い状態。

ムラサキウニテトラポットにくっついているのを見つけたが手では剥がせなかった。

 

しばらく遊んでいたが、お腹が減ったので海へ逃がしてさようなら。

海水浴シーズン以外だからなのか、トイレが閉鎖されていたのであまり長時間遊べない。コロナがなければそんなことないのだろうか。

 

水も綺麗だったので、次は海水浴シーズンに遊びに来よう。

 

 

上川の夏 ― 日新ダム ―

1つ記事を書くのを飛ばしてしまっていた。

最終日、白金温泉のホテルから富良野へ向かう途中に立ち寄った箇所。

 

道中にあった日新ダム。

 

 

ピリカ富良野川に作られたロックフィルダム

ここからやや下流に進むと富良野川との合流地点。

f:id:kamonji224:20211017100124j:plain

昭和47年、1972年竣工のダム。

 

f:id:kamonji224:20211017100502j:plain

前刄金式土石ダム。とある。

前刄金式とは堤防全面に水を通しにくい粘性土を使い、表面に保護盛り土を使用する工法。土石とあるのはロックフィルのことだろう。

 

f:id:kamonji224:20211017101020j:plain

管理所の駐車場に車を停めてダムを見学。家族は車で待っている笑。

天端から上流を眺める。あまり大きな岩石はなさそう。

ダム湖はあまり大きくないように見えるが、左にカーブしてかなり奥の方へと縦長に続いている。管理棟は取水設備を兼ねているそうだ。

 

f:id:kamonji224:20211017101201j:plain

下流側。芝生広場が整備されているが残念ながら立入禁止。

白い建物は放流設備らしい。

 

f:id:kamonji224:20211017101323j:plain

天端。向こうは森が広がっている。その先はまた農地。

 

f:id:kamonji224:20211017101455j:plain

洪水吐。横越流タイプ。導流部が湾曲している。

コンクリート構造物が湾曲していると、よりダイナミックに見える。

しかし、うまく表現する写真が撮れない。

 

f:id:kamonji224:20211017101637j:plain

下流側は真っすぐな流路。

途中で放流設備からの流路と直角に合流し、富良野川へと流れていく。

 

f:id:kamonji224:20211017101823j:plain

管理所の背面は小さな山並み。その裏手は農地になっている。

 

f:id:kamonji224:20211017102001j:plain

管理所がわから堤体を眺める。木々が茂って全体を見渡すのは難しい。

緑色が点々と見えるのは自然に育った植物だろう。

 

f:id:kamonji224:20211017102207j:plain

洪水吐の奥にあるのはインクライン

水天宮もあるそうだ。

 

富良野盆地にはいくつもの川が流れており、かつては灌漑用水に事欠かなかったが、1926年の十勝岳噴火により硫黄を含む泥流が堆積して水質が変化。盆地を南北に流れる富良野川は農業用水には適さなくなってしまった。

 

戦後の食糧増産対策の一環として真水確保のために計画されたのが日新ダム。

当初は清富ダムという名であった。1962年の十勝岳噴火でダム開発の緊急性がクローズアップされ、日新ダムと改称し工事が行われた。

現在も富良野盆地の豊かな農業地帯を支える重要な働きを担い続けている。

上川の夏 ― 富良野市 ―

目次

 

1.マンホールカード

最終日、富良野市を通って札幌へ帰る。

せっかく来たので寄り道。

まずは富良野駅でカラーマンホールを撮影。

 

 

駅前の通路に設置されている。

f:id:kamonji224:20211016130052j:plain

北海道の中心部に位置することから生まれた、へそ丸君というキャラクターが描かれている。

 

続いてマンホールカードをもらいに市役所へ向かう。

 

 

休日は守衛室で配布。

f:id:kamonji224:20211016130837j:plain

おどるへそ丸君の背景は芦別岳。両脇には満開のサクラ。

 

f:id:kamonji224:20211016131353j:plain

へそ丸君は北海へそ祭りの公式キャラクター。

 

由来となったのは北海道中心標。

 

大正時代、京都帝国大学の博士がこの地を北海道の中心として地球の重力・緯度経度を観測した。そのことが富良野は「北海道のへそ」となり、これを郷土芸能に発展させ観光・商業の発展につなげようと発案されたのが北海へそ祭り

現在では50回を超える歴史ある祭りとなった。

 

芦別岳は富良野市の西部に聳える山。

 

標高1726m。登山口は山部自然公園太陽の里付近にある。

荒々しい岩肌が特徴的な山容を持つ。

 

2.富良野チーズ工房

次は富良野チーズ工房へ。

 

 

富良野の牧場で生産された牛乳でチーズを製造している工房。

販売所のほかに見学コーナー、チーズができるまでの工程展示、ピザやアイスを食べることができる小さなレストランもある。

 

f:id:kamonji224:20211016140830j:plain

入口で切り株を削って作られたオーケストラがお出迎え。

 

f:id:kamonji224:20211016140951j:plain

4種類あるふらのチーズ。それぞれの製造方法。

 

f:id:kamonji224:20211016142106j:plain

敷地内には小さな公園。トラクターや牛の置物に乗って森の中で遊べるよ。

上川の夏 ― フラワーランドかみふらの ―

目次

 

1.フラワーランドかみふらの

続いての目的地は上富良野町。10万㎡の花畑を持つフラワーランドかみふらのに到着。

 

 

道路の向かい側には団体用食事処もあって、平常運転時ならとてつもない数の観光客が来ているのだろう。さらに遊牧民の使うゲルでグランピングもできるらしい。

 

広い駐車場からまずは売店コーナーを通って花畑に入る。

花畑は入園無料だ。

f:id:kamonji224:20211011110502j:plain

扇形に広がる花畑。

その先には富良野盆地の農村地帯、そして幾分雲がかかっているが十勝岳連邦が見えている。

これはマリーゴールドかな。暑さに強く、開花時期が長いのでよく見る花。

他の植物と一緒に植えることで病害虫の発生を抑えるコンパニオンプランツとしても活躍しており、かなり使い勝手の良い品種だ。

 

f:id:kamonji224:20211011110903j:plain

紫色なのでラベンダーかと思っていたが、帰ってから見てみるとキャットミントという花っぽい。用途はハーブではなく観賞用が主とのこと。これも丈夫で開花時期が長いそうだ。

 

f:id:kamonji224:20211011111010j:plain

ラクターに引っ張られて花畑を周ることもできる。

手前に見えているのはおそらく時期が終わりつつあったキンギョソウ

色・花丈のバリエーションが豊富で乾き気味の土を好むそう。暑さや湿気には弱い。

 

f:id:kamonji224:20211011111159j:plain

2階建ての家ほどの高さがある展望台もある。上から覗くとまた違った眺めが広がっている。

 

f:id:kamonji224:20211011111300j:plain

これはサルビアかな。この花も暑さに強く開花時期が長い。

とても品種が多く、ハーブで有名なセージもサルビアの仲間だそうだ。

 

 

 

f:id:kamonji224:20211011111631j:plain

青空が広がっているのだが、山々の辺りだけは雲が濃いのだよね。

 

f:id:kamonji224:20211011111721j:plain

売店を出たところがトラクターバスの乗車口。レトロな列車の客車風な作りだ。

 

2.お食事処 なの花

敷地内にも食事処がある。ちょうど昼になったのでここでラーメンを食べる。

娘は最近、外食といえばラーメンをねだる。こちらはなるべく色んなものを食べたいのだがねえ。

 

この「なの花」は旭川ラーメンのお店。行者ニンニクラーメンの味噌を注文。

f:id:kamonji224:20211011113931j:plain

何せこの日も暑くて、たっぷり汗をかいていたので塩分補給。

深みのある味で美味しかった。

 

 

上川の夏 ― ファームズ千代田 ふれあい牧場 ―

2日目、この日は朝出発。

どこまでも畑と丘の続く眺めのよい景色をドライブしながら、最初の目的地に到着。

 

旭山動物園ではふれあいコーナーが閉鎖中だったため、その代わりにやって来たファームズ千代田ふれあい牧場。

 

 

青いトラクターがお出迎え。

f:id:kamonji224:20211009142458j:plain

 

後ろを見るとフォード製。

f:id:kamonji224:20211009142552j:plain

 

その先にはミニ動物園。白い孔雀とは初めて見た。

f:id:kamonji224:20211009142632j:plain

ちょうど一羽が羽を広げていた。

広げてみても当然真っ白。羽を広げるのはオスだけだそうな。

 

茶色いラマがこちらを見つめている。

 

f:id:kamonji224:20211009142832j:plain

 

ラマはウシ目ラクダ科。南米のアンデス地方で家畜として育てられている。

f:id:kamonji224:20211009142910j:plain

グアナコを家畜化したものがラマの祖先と考えられている。

海抜5000mを超える高地での荷物運び、肉・毛皮・脂肪と全身が利用される重要な存在。

 

羊の子供が柵の隙間から首を伸ばしてわらを食べている。

f:id:kamonji224:20211009142947j:plain

 

娘の一番のお気に入り、ウサギさん。

f:id:kamonji224:20211009143126j:plain

入れ替わり立ち代わり人がやってきて餌をあげているので、おなか一杯のウサギも多数。がっつくことなく、義理で食べているような姿が面白かった。