札幌史跡探訪 ― 北海道神宮 ―

目次

 

 

1.北海道神宮

さて、いよいよ北海道神宮にやって来た。

 

 

広く長い参道。

f:id:kamonji224:20210725161004j:plain

初詣だと人でいっぱいだが、このくらいの方が雰囲気が良いね。

 

f:id:kamonji224:20210725161304j:plain

左手にあるのが手水舎。さらに奥には島義勇の像がある。

社務所は右手側。

階段を上った先にあるのが神門。

 

f:id:kamonji224:20210725161813j:plain

祭神は国土の神霊である大國魂神(おおくにたまのかみ)、国造りの神である大那牟遅神おおなむちのかみ、大国主命〈おおくにぬしのみこと〉の別名)、国造りの協力神である少彦名神(すくなひこなのかみ)の開拓三神

そして1964年に明治天皇を増祀。現在に至る。

 

f:id:kamonji224:20210725162521j:plain

拝殿。1988年に改修され現在の姿となる。

 

f:id:kamonji224:20210725165728j:plain

境内の案内図。

2.北海道神宮の歴史

江戸時代より石狩地域に大社を立てる構想はあったらしい。

明治になり北海道の開拓が始まるのに合わせて明治天皇は北海道鎮護の神を祭祀するよう発令。1869年に島義勇開拓使代理として官舎ができたばかりの札幌へ三神鏡を携えてやって来た。

島義勇創成川河畔に仮社殿を建立。

1871年札幌神社と命名

 

1852年から蝦夷地へ流れてきた早山清太郎はそれまで篠路の開拓に従事していたが、島義勇と知り合い、本殿となる位置の選定に協力。

そして結論が三方を山に囲まれた円山の丘であった。

札幌神社の命名時に社殿完成。数か月後に遷宮。現在の位置へと移された。

当時の円山はまだ道路も未整備の山奥で参拝するための道路整備もままならなかったようだ。

 

1878年、現在の南2条東3丁目に後の頓宮となる遥拝所を設立。

1889年、伊勢神宮式年遷宮時に外宮正殿を札幌神社へ移築。

 

第二次大戦後神社本庁別表神社となる。

1964年北海道神宮に改称。

 

今昔マップを見てみよう。

1916年の地図では円山はまだ圓山という表記。

宮の森も十二軒という地名。円山公園沿いの現在の北一条通にあたる部分は神社通と記載されていた。第一鳥居から東側はその先と道路が繋がっていない。川が流れる湿地帯でもあったのか、空白の土地がありその後道路が繋がった際にはずれを調整するため斜めの道路となっている。

 

支店の北一条西4丁目には北海道神宮の今も石碑が建てられている。

 

一方で、現在の南一条は一條通と記されている。

この通りと創成川の交点が札幌の町づくりの起点になったわけで、今の市中心部において最も歴史の古い大きな通りと言えるだろう。

現在の北一条通りが開削されるまではこの道が参道であったようだ。

 

現在西20丁目~西24丁目は裏参道と呼ばれ、小洒落た店が並ぶエリアとなった。

1916年の地図ではまだ畑地が広がるばかり。

ちなみにこの南一条通りも円山方面と札幌中心部方面で道路を繋ぐ際に食い違いが生じ斜めの道で調整している。

 

しかし1923年札幌市電が延伸されたときに斜めの道を通らず直進して直角に曲がるという軌道となった。

現在の道路もこれに準じているが斜め通りも残っている。

 

そんなことも西20丁目以西の町並みが少し違う雰囲気になっている理由かもしれない。

 

ちなみに両方向から道路が伸びてきたのは当時円山地区は円山町という札幌とは別の町だったため。互いの中心部から徐々に道路が伸びてきたが、道をつなげる計画はなかったため、ずれが生じてしまうこととなった。

 

 

 

 

札幌史跡探訪 ― 北海道神宮境内 ―

目次

 

 

1.樺太開拓記念碑

第三鳥居をくぐって北海道神宮の境内へ進んで行く。

f:id:kamonji224:20210724220142j:plain

林の中の涼しげな道をどんどん進んで行く。

 

最初に何かの記念碑を見つけたので立ち寄る。

f:id:kamonji224:20210724220407j:plain

斜めになってしまったが樺太開拓記念碑とある。

 

f:id:kamonji224:20210724220749j:plain

裏側には長い碑文が刻まれていた。

日本とロシア・ソ連との間で翻弄された樺太の歴史が記されているそうだ。

大まかな歴史でいうと1875年千島樺太交換条約でロシアの主権に。

日露戦争後、ポーツマス条約で南樺太は日本の主権下に。

第二次世界大戦後、なし崩し的にソ連の領有となる。

 

f:id:kamonji224:20210724220603j:plain

樺太にあった大泊中学校・大泊高等女学校の同窓会解散記念樹も植えられていた。

稚内に行ったときに副港市場で稚内港と樺太の鉄道のギャラリーを見たことを思い出す。いつか樺太の歴史もまとめて調べてみよう。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

2.開拓神社

続けて参道を進んで行く。

隣にあったのは開拓神社

f:id:kamonji224:20210724221658j:plain

 

 

1938年北海道開拓70周年の際に、功労者をしのんで創建された神社である。

f:id:kamonji224:20210724221845j:plain

ご祭神は伊能忠敬近藤重蔵松浦武四郎間宮林蔵最上徳内など初期の探検家や、岩村通俊、黒田清隆島義勇、永山武四郎など明治期の政治家など合計37名。

司馬遼太郎の小説 菜の花の沖 の主人公、高田屋嘉兵衛の名前もあった。

 

神社にはあまり詳しくないが、拝殿は結構立派なので北海道神宮に参拝するのならこちらもお勧めである。

f:id:kamonji224:20210724223943j:plain

3.鑛霊神社

その隣は鑛霊神社。

f:id:kamonji224:20210724222449j:plain

開拓神社と同じく北海道神宮末社

開拓期に北海道を支えた石炭をはじめとする鉱山の仕事に従事し、命を落とした人々への慰霊のため建設。1949年にこの場所に遷座してきた。

 

f:id:kamonji224:20210724223304j:plain

大木の陰で静かに佇む拝殿。

 

4.穂多木神社

3つ並ぶ境内末社のうち、最も西側にあるのが穂多木神社。

f:id:kamonji224:20210724223738j:plain

北海道拓殖銀行、通称たくぎんに功労のあった役職員を祀るため、1938年本店屋上に建立された。

設立当初は北海道開拓を支援することが目的。特殊銀行の位置づけであったが北海道経済の八手に伴い事業を拡大。

戦後のGHQの指導で1950年に普通銀行に転換。

同年この地に遷座された。

 

こちらも緑の中に慎ましやかに佇む拝殿。

f:id:kamonji224:20210724223831j:plain

都市銀行として北海道経済を支えてきたが、バブル崩壊の影響が大きく、1997年経営破綻。山一證券と共にバブルで破綻した金融機関の象徴として歴史に名を残してしまった。都市銀行としては最も規模が小さく、バブル期には身の丈を超える経営を積極的に進めてきたのが仇となった。

 

戦前は日本勧業銀行日本興業銀行の役割も果たしていた。主な融資先はやはり農家であったようだ。

札幌史跡探訪 ― 島義勇と円山公園 ―

目次

  

1.島義勇の紀行碑

某月某日。この日は中央区にある円山公園へ行ってみる。

 

森に囲まれた広い公園。

動物園、野球場、北海道神宮など札幌を代表する名所も多い。

 

 まずやって来たのは原始林の中にある記念碑。

 

 

明治政府が北海道開拓の実務リーダーとして送り込んできた佐賀出身の島義勇(しま よしたけ)にゆかりの地として記念碑が建てられた。 

f:id:kamonji224:20210723214051j:plain

幕末で北海道の人口・産業の中心は函館だったが、位置が南に偏りすぎているため北海道の中央部に新たな行政機関として開拓使本庁を設けることとなった。

その場所として選ばれた札幌には和人はほぼいなかったが、1869年に札幌にやって来た島義勇はここ円山にあったコタンベツの丘で原野を見下ろしながら街づくりの構想を練ったと言われる。

 

f:id:kamonji224:20210723214218j:plain

島義勇の功績をたたえる巨大な紀功碑。

建立されたのは1929年。

題字は佐賀藩藩主の血筋をひく鍋島直映によるもの。 

 

 

f:id:kamonji224:20210723214303j:plain

碑の建立に寄付した人々の芳名。記されている300人を含めて約3500人もの人々から寄付を受けたそうだ。 

 

 ちょっと場所が変わるが、銅像も建てられている。

f:id:kamonji224:20210723214428j:plain

札幌入りの場面を模した銅像

これも結構大きな像である。

 

場所は紀功碑から少し離れた北海道神宮の境内にある。


 

 

2.島義勇の生涯

これほどフィーチャーされている島義勇だが、全国的には有名と言える人物ではないだろう。

1822年、佐賀城下で藩士の家に産まれる。

藩校である弘道館で学び、家督相続後諸国を遊学。

帰郷後、藩主鍋島直正に重用される。1856~57年にかけて蝦夷地・樺太を探検。

1868年には藩の海軍軍艦となり明治政府の東北地方征討に従う。

 

1869年蝦夷地が北海道と改称。鍋島直正開拓使となり、蝦夷地を探検した経験を持つ島義勇を開拓判官に抜擢。

原野の札幌を見た彼は世界一の都を造るという夢を持って、京都や故郷の佐賀のような碁盤の目を基準とした建設工事を始める。

しかし工事開始が冬場になったこともあって建設は捗らず。

さらに開拓使が旧主の鍋島直正から東久世通禧から変わる。

当初の予定より大幅に予算を超える工事が原因で島と東久世が対立。

また、場所請負制度の廃止を試みたことで江戸時代より漁場を運営していた商人達との利害とも衝突。

こうしたこともあって1870年1月、島は志半ばにして解任された。

東京に戻り、しばらくの間明治政府に従事するがやがて帰郷。

 

そして1874年江藤新平らが引き起こした佐賀の乱連座

戦いに敗れ、死刑となった。

 

島義勇が描いた北の都。彼の手で作り上げることはできなかったが、その計画は後任に引き継がれた。今では札幌市役所にも彼を称える銅像が設置されている。

 

 

札幌史跡探訪 ― みゆき通り ―

目次

  

 

1.南35条みゆき公園

藻岩橋を通って豊平川左岸へ渡る。

こちら側は住所表記が南〇条西〇丁目というスタイルになっている。

橋を渡って右手の公園へ向かう。

 

 

ここにあるのは明治大帝御巡幸の碑。

f:id:kamonji224:20210719094252j:plain

後から気づいたが、こちらがわは裏面のようだ。

札幌市のホームページによると1881年明治天皇真駒内の牧牛場を視察後に上山鼻渡船場に架けられた仮橋を渡り、現在の石山通を通って札幌へ向かった。

そのことを記念して、1936年当時の藻岩村が建立したものが後年現在地に移設された。

 

道路から見るとこのような姿。

 

明治大帝御巡幸の碑と刻まれている。

 

一見すると何の変哲もない公園。

f:id:kamonji224:20210719094141j:plain

記念碑は写真の左隅、公園の角に建てられている。

 

 

2.みゆき通り

上のストリートビューの画像にも映っているが、この通りは「みゆき通り」と名がついている。

f:id:kamonji224:20210719095557j:plain

 

石山通りから分かれ、むしろこちらが本通りのような線形でまっすぐ進み、藻岩橋対岸の真駒内通と直線で結べるようなルートの通り。商店も数多い。 

 

 

この通り、上述の明治天皇が巡幸した際に使われるもその後は洪水などもあって近隣の整備はあまり進んでいなかったらしい。

1936年昭和天皇が来道した際、碑の建立と同時にこの通りをみゆき通りと名付け、街を整備し始めたようだ。

みゆきとは行幸と書き、天皇が外出することを表す。目的地が複数ある時は巡幸という。御幸と書く場合は天皇以外の上皇法皇などに対しても使われる。

 

今昔マップより

1935年の地図では石山通りから分かれたみゆき通りは途中で道路から畑?果樹園?になっている。 馬頭という地名が記されているが、マイナーな地名らしくネット上には資料が殆ど転がっていなかった。

 

1950年になるとみゆき通りは豊平川まで到達し、この道路を基点にみゆき通りの東側で街づくりが始まったようだ。

一方で石山通り沿いも住宅が建ち始める。1975~76年の地図ではみゆき通り西側は石山通りを基点に建物が並び、みゆき通り側からすると斜めの区割りになっている。

 

もちろん、家を建ち続けるとどこかで調整しなくてはいけない。

というわけで南35条西10丁目2番地は札幌では少し珍しい三角形の区割になっている。

 

 

 

3.上山鼻と藻岩下

さて、ここからは地名の話。

上述したように明治天皇が巡幸の際に上山鼻渡船場を渡ったとある。

再び今昔マップ。

1935年の地図で豊平川から少し西に進むと上山鼻と記載がある。

船場があったのはこの文字から真っすぐ東へ進み豊平川にぶつかった辺り。

現在の地図を見るとこの辺り、山鼻川の上流部分にあたる。

山鼻村が開村したのが1874年、1906年には山鼻村と円山村が合併し藻岩村が設立。

区域は豊平川左岸にあたる部分であった。

その後円山町と改称し、1941年には札幌市と合併。

この時上山鼻は藻岩下に改称され、上山鼻を記す地名はなくなった。

 

1950年代の地図だと石山通りとみゆき通りの分岐点辺りに藻岩下と記されている。

ちなみに現在の藻岩下はこの辺り。

 

山鼻川の上流部分のみになってしまったが、これは1970年の新藻岩橋完成時に住居表示変更があったため。それまでは現在の南〇条西〇丁目表記の山鼻川以南も藻岩下だったようだ。すなわちそれは上山鼻地区であったのだろう。

 

現在上山鼻という名が残るのは小さな神社のみ。

 

 

4.藻岩橋と真駒内本町 

明治時代の町並みからは変わってしまったところも多いが、新藻岩橋のできたところはかつての上山鼻渡船場付近。その前の藻岩橋は大正時代に現在の上の藻岩橋付近に架設されたもの。オリンピックの際に大規模な橋の架設が必要ということで新藻岩橋(現在の藻岩橋)ができたというわけ。

 

古い藻岩橋は改修を経て現在は徒歩と自転車のみ通行可能な上の藻岩橋になった。

これにあわせて真駒内側もメインルートが変遷しており、今昔マップを見るとその推移がよくわかる。

現在の真駒内本町の辺り。

 

この辺り、河川敷に近く2つの川の合流点のすぐ下流ということもあってか、水害もあったようで街づくりはあまり進んでいなかった様子。川の下流部ということで真駒内下町という名がついていたようだが、1961年住民の要望で真駒内本町に改称。

 

本町というとここが起点・あるいは中心地のようだが官庁街は地下鉄の駅近く、開拓の起点も南隣の真駒内曙と言えるのでなぜ当時本町という名になったのかはよくわからない。今も残る商店街がかなり賑わっていたのか、あるいは交通の要衝(真駒内の玄関口)であったからだろうか。

札幌史跡探訪 ― 真駒内第一公園 ―

目次

 

 

 

1.真駒内第一公園

真駒内の公園にある史跡を色々辿ってきたが、とりあえず今回はここで最後。

真駒内第一公園にやって来た。

 

あまり大きくはないが、いくつかの記念碑や標識が集まっている公園。

 

f:id:kamonji224:20210718213742j:plain

前回まで辿ってきた標識で、真駒内の開基には種畜場が大きく携わってきたことを調べてきた。その種畜場が開拓使・道庁の組織改編に伴って仕組が変わってきた頃、また別な動きが生じてきた。

 

これまで北海道のような寒冷地には向かないとされてきた稲作が奨励される方針に転換したのである。これを受けて1893年、上白石とこの真駒内に稲作試験場が設置された。

約10年に及び真駒内用水から引いた水で水田を作らせたそうだ。

この他にも各業態の試験場があったがその後農事試験場と名を変え、より総合的な技術開発や普及に努めるようになる。場所も移転・統合を繰り返していた。

上白石と真駒内の試験場は1902年で廃止。一定の成果があったのだろうか。

 

f:id:kamonji224:20210718213959j:plain

続いて2つ並んだ石碑。

 

f:id:kamonji224:20210718214058j:plain

一つ目は馬魂碑。

1899年に建立。野犬や狼に殺されたり、落雷などで焼死した馬、豚、羊の霊を祀っているそうだ。

 

f:id:kamonji224:20210718214144j:plain

隣は獣魂碑。こちらは1947年建立。種畜場敷地が米軍に接収され、家畜を道内各地に移すこととなった際、食糧不足などもあって命を落とした動物が多かったことからその霊を祀ることとなった。

 

f:id:kamonji224:20210718214244j:plain

続いては明治天皇行幸記念碑。

 

 

f:id:kamonji224:20210718214345j:plain

1936年建立、1961年にこの地に移設。

明治天皇1881年に牧牛場へ行幸、現況を視察したことを記念して建てられた。

昭和になってから建てられた理由は不明。

 

f:id:kamonji224:20210718214503j:plain

こっちは昭和天皇行幸記念碑。1936年に北海道庁の種畜場視察を視察、1938年に建立され米軍駐留時にここに移設された。

 

f:id:kamonji224:20210718214557j:plain

昭和天皇は即位前にも種畜場を訪れていた。

 

f:id:kamonji224:20210718214752j:plain

その時に水松(いちい)を手植えされたそうです。

北海道はオンコと呼びますね。

 

この他にも真駒内開基百年記念碑、真駒内種畜場跡(碑と像)、大正天皇視察を記念した大典碑などがあったのだが、写真を撮り忘れた。

移設されたものも含めて色んな時代の色んな碑が建っている。

そのルーツを調べると種畜場に行きつくものが殆どなので、この地だけでなく少なくとも北海道の農業にとって、かなり影響の大きい施設だったであろうことが伺える。

クラーク博士ばかりが有名だが、エドウィン・ダンももっともっと推して良い人物ではないだろうか。

先人カードはまだ配布中のようなのでぜひ記念館にも足を運んでみたらいかがでしょう。密になるほど人は来ないと思うので、、コロナ対策をきちんとできる人は大丈夫だと思うのですが。。。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

 

2.真駒内神社

さて、この公園になぜこのような石碑が集合したのかというと、

f:id:kamonji224:20210718214914j:plain

神社がある。というより神社のあった場所が公園になったのである。

 

f:id:kamonji224:20210718215003j:plain

本殿手前、広場の中に鳥居がポツン。

そして写真左側、木々に隠れるようにしてもう一つ鳥居がある。

ここは公園の出入り口なのだが、何となくシュールな画に見える。

 

f:id:kamonji224:20210718215049j:plain

神社の由来は種畜場が祀った馬魂碑・獣魂碑が発端。

その後昭和になってから正式に神社となったというわけですな。

 

今昔マップを見てみよう。


1935年の地図では神社の記号が記されている。

1945~50年の米軍接収後の航空写真では建物に囲まれたこの一角だけが広場として残されている。

1974~78年の写真では周りは住宅街に変わり、おそらく既に公園として整備されているようだ。名前からすると真駒内地区で戦後最初に整備された公園なのかもしれない。

 

3.馬の渡し渡船場

真駒内第一公園から少し北へ進んで豊平川の河川敷までやって来た。

ここにも史跡を示す標識を発見。

 

 

f:id:kamonji224:20210718225627j:plain

まずは一つ目の標識。ここは1910年頃~1934年までにあった渡船場跡。

 

 

2つ目は藻岩橋の袂にある標識。

 

 

こちらの標識は上の標識の先代にあたる渡船場跡について記したもの。

f:id:kamonji224:20210718230825j:plain

真駒内の牧牛場や石山の採石場への馬車道のルートにあった豊平川の馬の渡し。

その渡船場跡を記したものである。

 

このルートは対岸のみゆき通りとも関わってくる話の模様。長くなるのでまた次回。