炭鉱と廃線 ― 西歌駅跡 ―

目次

 

1.西歌駅跡

道道114号線をどんどん進んで行く。

次の目的地も歌志内線の駅跡、西歌駅。

 

 

道路とペンケウタシナイ川に挟まれた場所が駅の跡。

最近設置された駅名標を発見。現役時代のデザインを再現している。

 

裏側は駅舎の写真と沿革が記されている。

写真があるのはポイント高いよな~

 

駅のあった場所は小公園になっている。

歌志内線の跡はサイクリングロードになっている。

 

この辺りは開放的かつ適度に木が並んで、気持ちよさそうな道だ。

 

2.西歌駅と近隣の歴史

北方資料デジタルライブラリーより戦後間もなくの鳥瞰図

まだ西歌駅はできていない。

鉄道は赤い線で描かれている。図右側、山裾に選炭場があり、線路が分岐しているのがわかる。

この分岐線ができたのは1908年、当時の中村炭鉱によって設置された。

1928年炭鉱は住友グループの傘下となる。

分岐線は神威駅が管理していたが、1960年のディーゼルカー導入時に石炭積出と旅客の利便向上を図るため西歌駅が設置された。

 

一般駅として開業後、1972年に貨物取扱廃止。この前年に住友炭鉱歌志内坑が閉山となり、取扱量が激減していた。

 

1970年代の国土地理院地図の航空写真。

図の右上に炭鉱の設備跡やズリ山が見える。

 

炭鉱名が由来となった中村地区には、今も炭鉱住宅の名残が残っている。

現在道の駅があるあたりは炭鉱設備の中心部だった。

炭鉱設備よりも北側の山間にあった若葉町は、樹々の生い茂る森に還った。

 

1988年 歌志内線の廃線に伴い、廃駅となった。

 

kamonji224.hatenablog.com

炭鉱と廃線 ― 文珠駅跡 ―

目次

 

1.文珠駅跡

上砂川町内をひとしきり回って、次は歌志内市へ行って見る。

2つの町を繋ぐ道道114号線を北へ向かって一山超える。

かつてはこの辺りに結核療養所があったそうだ。

 

まず最初に歌志内線の文珠駅跡へ行って見る。

 

 

跡地付近には何も残っていない。駅名標が最近復元されているようだが、この時は見つけられず。

 

周囲は住宅が点在。

 

2.歌志内線と文珠駅の歴史

歌志内線は1891年北海道炭礦鉄道により開業。

長い間石炭輸送に活躍。

1906年には国営化、1963年には日本第4位の黒字路線となった。

しかし石炭の需要減により営業成績は低迷していく。

1960年ディーゼルカーの運行を始め、貨客分離・旅客運行の高速化を図る。

国鉄末期1980年代に輸送密度の低い特定地方交通線に指定され1988年に廃止となった。

 

文珠駅は1946年に駅が設置された。

戦前より炭鉱に従事する人々の住宅があり、駅設置請願が行われてきたが、戦後に成就。当初は仮乗降場で1947年に一般駅として開業。

 

戦後間もなくの歌志内市の鳥瞰図。

駅ができたのは文珠の中心部よりも西側。

文珠市街の川向うには三井砂川炭鉱の文珠坑があった。

 

国土地理院地図の1960年代の航空写真。

 

ペンケウタシナイ川の北側に住宅街がびっしりと並んでいる。

 

1970年代になるとすっかり更地になってしまっている。

 

 

現役時代の文珠駅の画像はこちら

 

1961年荷物・貨物の取扱い廃止。

1988年廃線に伴い廃駅となった。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

ワールドカップ展望 ― 優勝予想はアルゼンチン ―

目次

 

1.2022カタールW杯

いよいよ開幕が迫ってきたカタールワールドカップ

今回は欧州シーズン中の開催・事前キャンプほぼなし・灼熱の中東開催という初めての事例が多いワールドカップとなる。

シーズン中とあって、代表に選ばれながらも直前の試合で怪我をして離脱する選手も残念ながら出てしまった。日本の中山・ドイツのヴェルナー・フランスのキンペンベなど主力選手たちも涙をのんでいる。

その代わり、長いシーズンを戦って疲労困憊状態の選手は少ないと思われる。いつものワールドカップよりコンディションが良い選手が多いことに期待だ。

事前キャンプがほぼないため、ただでさえ時間の少ない代表チームが、さらにぶっつけ本番状態で試合に臨むことになる。

日本にとってはキャンプの手ごたえとワールドカップの成績はかなりリンクしていたので、今回はどちらに出るだろうか。

長丁場になればなるほど、監督や選手の力量だけではなくスタッフを含めた各国のサッカー協会の力が問われる。どうしても総合力では欧州勢に分があるが、中東の気候対策も含めて今回は番狂わせが多そうな予感だ。

スタジアムは空調をきかせる予定らしいが、練習場や宿舎はどうだろう。暑いカタールで1か月間心身を整えられるチームが優勝にたどり着くのだ。

www.goal.com

2.グループA

開催国カタールとオランダ、セネガルエクアドルの4か国。

数年前のアジアカップでは優勝を飾ったカタールだが今回は厳しいだろう。

大エースのマネが直前で負傷したセネガルは一気に厳しくなった。

経験豊富なファンハールが築いた手堅いオランダ、突出した選手はいないものの組織力で上回るエクアドルが突破だろうか。

 

3.グループB

ユーロ準優勝以降、今一つ調子の上がらないイングランドだが、流石にこの組み合わせは首位通過してくるだろう。

黄金世代最後の大舞台となるであろうウェールズ、やや小粒ながら攻守にアグレッシブなアメリカ、前回ポルトガル・スペインに善戦したイランと残り一枠の予想が難しい。

実績と実力ならアメリカだろうが、地の利を生かしてイランの突破を予想する。

 

4.グループC

メッシの最後の大会となる可能性が高いアルゼンチン、7大会連続ベスト16進出のメキシコが順調に突破か。世界屈指のFWレヴァンドフスキを要するポーランドだが、サッカーがシンプルすぎるか。地の利のあるサウジも試合巧者の2か国には歯が立たないだろう。

 

5.グループD

選手の名前だけ見れば優勝候補筆頭のフランス。ポグバ・カンテと前回優勝の立役者が離脱するもレギュラーがクラブの活躍通りにプレーできるなら問題なし。

しかし、そううまくいかないのがワールドカップ。特に内紛の多いフランスは豪華攻撃陣を抱えるとかえって上手くいかないことが多い。

ユーロで躍進し、ネーションズリーグではフランスに連勝し、エリクセンの復帰したデンマークが首位通過と見る。

初戦でフランスと戦うオーストラリアがセットプレーあたりで一泡吹かせ、久々に一次リーグ通過。前回優勝国は一次リーグ敗退のジンクスは破られずと予想。

いつも大人しいサッカーになってしまうチュニジアは、日本との親善試合で見せたようにアグレッシブに戦えれば勝機が見えてくるだろう。

 

6.グループE

普通に考えると2強2弱で無風のグループ。

前回まさかの一次リーグ敗退となったドイツが絶対に勝ちに来るのか、引き分けOKで来るのか。試合中にそこの見極めをきっちりできると日本の勝ち点が見えてくる。

スペインはパスワークでは最高水準を保ちながらも得点力には不安を抱える。

かつてレアルで活躍したGKナバスがコスタリカの要。こちらも初戦は勝ち点1で御の字だろう。何とか2強の歯車を崩して、ドイツと日本が突破と予想(願望)。

 

7.グループF

ロシアで旋風を巻き起こした準優勝クロアチアと三位ベルギーが同居。ラキティッチマンジュキッチら長年チームを支えたベテランが離れたクロアチアアザールなどピークを越えたと思われるベテランも多いベルギー。

モドリッチ・デブルイネと世界最高クラスのMFを要するだけに他のメンバーがどれだけできるか。特にベルギーは監督も在任が長く、戦術はかなり研究されているだろう。

タレントでは劣るがアグレッシブに戦えるであろうカナダとモロッコにも十分チャンスがあり、最も予想の難しいグループ。ベルギーとモロッコが突破と見る。

 

8.グループG

優勝本命のブラジルが頭一つ抜けている。チッチ監督により、前回の反省も踏まえて個人技頼みだけではなく攻守にわたって組織的に戦うチームになっているだろう。

前回もブラジルと同居したスイスとセルビア。前回はスイスが上回り、ユーロでも好成績を収めた。スイスにはアルバニアルーツの主力も多く何かと因縁のある相手。

注目しているのはチームと共に復活を果たしたアーセナル在籍のジャカ(スイス)だが、旧ユーゴ時代以来久々にセルビアがベスト16に進出と見る。

カメルーンは初戦のスイス相手にどこまでやれるか。残念ながら3連敗の可能性も高いだろう。

 

9.グループH

最近ピッチ外のお騒がせばかり記事になるCR7。代表で力を見せないと晩節を汚したまま現役を去りかねない。ユーロ2016で優勝した後は今一つパッとしないポルトガルだが、監督は変わらず。ユーロ2020のドイツ戦の惨敗が印象に強く、ブルーノフェルナンデスやベルナルドシウバらの名手も代表では今一つ輝かない。ジョタも怪我してしまい不安要素ばかりが気になってしまう。

ロナウドと同じ時代を戦ってきたスアレスカバーニが最後になるであろうウルグアイは予選中に監督も変わり、バルベルデなど若手も台頭。前回のベスト16でもポルトガルを降しており、こちらが本命だろう。

アジアの歴史に残るストライカーとなったソンフンミンだが、大けがを負ってしまい、コンディションは厳しそう。万全の状態で見たかったが、こうなるとアフリカ勢の中ではいつも安定しているガーナが上回るのでは。初戦のポルトガル対ガーナがこのグループの命運を決めるだろう。今回はガーナかな。そういえば2010年の準々決勝でスアレスのハンドにギャンのPK失敗と物議を醸したウルグアイとガーナも因縁があるな。

 

10.優勝は?

トーナメントの組み合わせはいつものように

A1-B2 C1-D2 E1-F2 G1-H2 A2-B1 C2-D1 E2-F1 G2-H1

グループリーグの組み合わせから考えると

ベスト4はアルゼンチン・ブラジル・イングランドウルグアイ

決勝はアルゼンチン対イングランドで、メッシが有終の美を飾る優勝と見た。

 

見どころは準々決勝でブラジルと当たるだろうE組1位の国。

ドイツかスペインか、日本が入って来ると最高だが。

近年準々決勝が鬼門のブラジルだけにドイツはちょっと嫌なのではないか。

フランスがジンクスに勝てず早々に敗退となった場合、右側のヤマはイングランドを除くとダークホースが犇めく。前回のクロアチアに続いてデンマーク・メキシコ・セルビア・スイスあたりが躍進の可能性もあれば、ポルトガルやベルギーが初の決勝に辿り着くかも。あ、日本が2位突破ならこっちのヤマでドイツスペインよりは勝てる見込みのある相手が多いかもしれない。

 

炭鉱と廃線 ― かみすながわ炭鉱館 ― 

目次

 

1.かみすながわ炭鉱館

道路を挟んで立坑櫓の反対側にあるかみすながわ炭鉱館にも行って見る。

 

2005年に一度閉館となったが、その後開館期間を限定して再開。

冬季を除く土日に開館しているようなので、訪れる人は注意。

 

まずは屋外の展示から。

 

坑内で石炭を箱生んでいたトロッコ列車

ここは屋根がついており、保存状態に配慮されている。

 

まあだいぶ錆びているのはしょうがない。

 

電気機関車と蓄電器車両で構成されていた。

 

水力採炭用の自動モニター。

モニターとは石炭を破砕し、採炭する機械だそうだ。

 

小さい戦車のようなマシンと保護するための外枠。

ここから水を噴射して石炭を破砕していたのだろう。

 

続いてはブルドーザーのような重機。

 

破砕したズリ等を集めて、炭車に載せていた重機。

 

奥に見える尖った山はズリ山だろうか。

 

入口には坑夫の像が建っている。

 

「敢闘像」というタイトルだそうだ。

 

2.かみすながわ炭鉱館フロア内

というわけで、さっそく館内を見学。入館料は無料だ。

まずは上砂川市街と炭鉱のジオラマ

中央立坑ができる前の町の様子。

この頃は第一坑が中心だったと思われる。

 

 

西山・奥沢地区も数多くの住宅が並んでいる。

 

坑道のようなトンネルをくぐって地下フロアへ進む。

 

炭鉱坑内のような薄暗い地下フロアで出迎えてくれるのは立坑櫓の模型。

 

うっすらとライトが当たって幻想的な姿。

 

ここは開拓と炭鉱の歴史を展示した資料館。

町の黎明期にやって来た人たちは開墾に慣れていて、確実に進めていったようだ。

 

開拓当初に人々が住んでいた住居。ここで北海道の寒さをしのぐのは大変だったろう。

 

続いては採炭技術について。

第一次大戦後は需要の低下か、石炭の産出量が制限されたらしい。

人員も削減されたため、効率化を図るようになる。

掘削の機械化・ベルトコンベアの導入など近代化が進んで行った。

戦後はより大型な機械の利用や屋外に展示されていた水力採炭なども始まり、その様子が写真に収められている。

 

水力採炭の仕組み。

パンケウタシナイ川から汲み上げられた水は立坑の中を通って、モニターから噴射。

石炭を破砕して水で流し、途中で分離。

石炭は炭車に乗せられ、ベルトコンベアを通って立坑から搬出される。

汚れた水は粉炭をろ過して、再び川へ流された。

 

市街地の変化の様子。あまり分からないね。

 

石炭を積んだ列車。ホッパーと立坑が移っている。

ホッパーとは採炭した石炭を貯蔵しておく設備。

積み出し設備も兼ねており専用線上に設置されることも多い。

 

炭鉱と廃線 ― 立坑櫓 ―

目次

 

1.中央竪坑櫓(たてこうやぐら)

上砂川駅跡から南東を眺めると、ひときわ目立つ背の高い建物。

炭鉱のシンボルだった立坑櫓。

 

 

この建造物ができたのは1968年。目的は炭鉱の近代化・地下深部の開削だった。

立坑・竪坑とは垂直に掘られた坑道のこと。

ケージと呼ばれるエレベーターを使って石炭や人を昇降していた。

 

 

上の写真は逆光なので黒っぽく見えるが、本来はシルバーらしい。

 

完成後は上砂川町のシンボルとして親しまれる。

町の刊行物では幾度も表紙を飾ったそうだ。

 

国土地理院地図の1970年代航空写真。

 

周囲は巨大な炭鉱設備の敷地。

今では想像もつかない。

 

2.三井砂川炭鉱

三井砂川炭鉱の始まりは1887年、道庁技師の坂市太郎と山内徳三郎による炭層発見に始まる。

1896年北海道炭礦鉄道が採掘開始。後年三井鉱山が買収する。

この頃は西山坑が採掘の中心。

 

 

1914年大規模開発が始まる。

第一坑があったのはここ。

 

 

1918年石炭運搬のための専用線が開業。後の砂川支線である。

その後も文殊・東山・奥奈井江・白山などに坑口を建設。

 

1949年 三井グループ企業城下町の性格が強い一方、砂川・歌志内の市街地から離れていることによる不便を解消すべく上砂川町が発足。

1953年 第一立坑櫓建設。

1964年 日本で初めて本格的に水力採炭を採用。

1967年 中央立坑櫓設置。

しかし、時代はエネルギー革命へ。

石炭は石油に主役の座をとってかわられ、炭鉱は斜陽に。

1987年 砂川鉱業所は閉山となった。

炭鉱の設備も次々と撤去され、町の様子が変わっていく。

中央立坑櫓は新たな役割を担うようになった。

 

3.地下無重力実験センター

新しい役割とは地下無重力実験センター。

無重力という言葉から連想されるように、宇宙開発の実験に使われる施設となったのだ。

櫓と坑道を利用した710mの落下施設の内、490mを自由落下とする。

その間、約10秒が無重力状態となるそうだ。

(2重構造のカプセルを落下させると、内側のカプセルが無重力となるらしい)

 

1回当たりの経費は200万円!スペースシャトルによる実験よりは安価だが、実験結果の応用に苦戦し、利用率は低迷。

2003年、残念ながら閉鎖となった。同じ年第一立坑櫓が解体される。

 

今では、炭鉱の町のシンボルとしてただ静かに聳え立つのみ。

山中の小さな町に似つかわしくない巨大な建造物は、まるで忘れられた古代都市の遺跡のようにも思える。