空から日本を見てみよう ― 銚子市~香取市 ―

今日は2014年5月6日と13日に放送された空から日本を見てみようで紹介された千葉県の銚子市から香取市について調べてみた。

 

まずは銚子市

wikipedia:銚子市

 

人口は約6万人。

利根川の河口にあたり、市全域がジオパークをなしている。

 

海に囲まれており、夏は涼しく冬は暖かいすごしやすい気候である。

江戸時代から利根川の水運を生かして醤油の醸造が盛んとなった。

ヒゲタ醤油ヤマサ醤油の発祥の地である。

 

また、銚子漁港は黒潮親潮がぶつかる位置に近く、日本随一の水揚げ量を誇る。明治時代までは日本三大海難所ともいわれる遭難の多い海であったが、ヒゲタ醤油社長の濱口吉兵衛の尽力により、国からの援助を得て漁港が修築される。昭和7年竣工となり、吉兵衛の功績をたたえた銅像が建立された。

 

中心部まではJR、そこから半島の先端部へ向けては、鉄道の赤字をぬれ煎餅の販売などユニークな副業で補う経営で話題の銚子電気鉄道の路線が通っている。

 

 

f:id:kamonji224:20181218231747j:plain

犬吠埼灯台銚子電鉄


犬吠埼は離島や高地を除く国内では日本一早く初日の出を拝める場所でもある。

灯台は日本最大級のレンズを擁し、難所の航海を助ける重要な灯台として世界灯台100選にも選ばれている。

 

犬吠市街の南にある外川は江戸時代の雰囲気を残す街並みが人気だ。

さらに西へ行くと堆積した地層の露出を観察できる屛風ヶ浦も見逃せない。

 

続いて東庄町

wikipedia:東庄町

 

中世の荘園「とうのしょう」にちなんで東庄町という名になった。

人口は13000人ほど。

イチゴやカブなどの農業が主要産業である。

 

そして水郷の町、香取市

wikipedia:香取市

 

人口は約7万5千人

武神を祀り、日本でも有数の古社である香取神宮門前町である。

 

また、江戸時代の舟運で栄えた「佐原の町並み」は木造町家、蔵造り店舗、洋風建築などが保存されている。

f:id:kamonji224:20181218233809j:plain

また、日本地図を作製した伊能忠敬記念館や近代遺産である横利根閘門のレンガ建築など歴史ファンには堪らないスポットが多いだろう。

 

さらに山車祭りにあやめ祭りなど季節のイベントにも事欠かない、銚子市と合わせて心惹かれるエリアである。

 

 

 

 

地球絶景紀行 ― ランカウイ島 ―

今日は2011年9月16日放送の地球絶景紀行で紹介されたマレーシアのランカウイ島について調べてみた。

 

wikipedia:ランカウイ島

 

ランカウイ島はケダ州に属する。

ケダ州はマレーシア半島部の北西に位置し、水田が広がる穀倉地帯である。

ランカウイ島はアンダマン海に浮かび、約百の島々からなるランカウイ群島の中心的な島である。

 

番組ではランカウイ島の前にパハン州にあるキャメロンハイランドへ寄り道。

イギリスの植民地時代から紅茶の栽培が盛んである。標高が高いため、1年を通して涼しい気候であり、マレーシア屈指の高原リゾートとして人気が高い。

 

そして本題のランカウイ島へ

f:id:kamonji224:20181217233543j:plain

うってかわって絵にかいたような常夏ビーチリゾート。

政府が観光地として売り出すべく力を入れており、島全体が免税となっている。

 

島のシンボルは巨大な鷲のモニュメント、イーグルスクエア。

付近には土産物屋が並ぶクア・タウン。

 

まだ知名度はあまり高くない観光地なのでビーチはそれほど賑わっている気配はない。

ブラピとアンジーもお忍びで訪れたらしい。

空港に近いタンジュン・ルーはプライベートビーチのよう。

一方南西部のパンタイ・チェナンはチェナンモールというショッピングモールも近くにある島の代表的なビーチ。

 

島全体がジオパークに認定されているが、特に北西部は手つかずの森が多い。

ケーブルカーで原生林や滝を眺めながら登っていくことができる。

さらに頂上の駅付近には谷間にかけられた高さ125mのスカイブリッジからアンダマン海を眺めることもできる。足元のガラス張りの部分から真下の熱帯雨林を見下ろすこともできる。おそらく、自分は足がすくんで動けないだろう。。

 

ここまで来たらランカウイ島から船で約1時間のパヤ島にも足をのばしたい。

マレーシア屈指の透明度を誇る海でマリンレジャーを存分に楽しもう。

 

 

 

世界ふれあい街歩き ― ポルト ―

今日は2007年6月19日放送の世界ふれあい街歩きで紹介されたポルトについて調べてみた。

wikipedia:ポルト

 

ポルトガル第二の都市、北部の中心都市である。

 

ケルト時代、ローマ帝国時代より港町として栄えていた。

ポルトとはラテン語で港を意味し、ポルトガルという国名もこの地にルーツを持つ。

大航海時代にはエンリケ航海王子の拠点であった。

 

町並みはドウロ川の両側の丘に築かれている。一時はイスラム教徒の支配下にあったこともあり、現在でもその影響を垣間見ることができる。

f:id:kamonji224:20181216224442j:plain

 

ヨーロッパの旧市街のシンボルはやはり教会建築。

ポルトでいうと18世紀に建設されたグレリゴス教会とポルト大聖堂。

長崎の26聖人の祭壇もあるサン・フランシスコ教会。

 

教会群の次は王宮か。

アルハンブラ宮殿を模したといわれるボルサ宮殿はサン・フランシスコ教会のすぐ横にある。

海岸には大航海時代の砦の跡が博物館となったケイジョ城。

近隣には水族館も。

 

ポルトの名物はアズレージョという白と青のタイル画。

これもイスラム文化の影響らしい。

駅にはすばらしいタイル画が並んでいる。

f:id:kamonji224:20181216225055j:plain

 

この他にもサント・イルデフォンソ教会は1万枚以上のアズレージョが使われているなど、町を歩けばいろいろと目につくようだ。

壁があればアズレージョともいえるほどらしい。

 

駅からまっすぐ南へ向かったドン・ルイス一世橋は上は鉄道、下は自動車、歩行者はどちらも通行可能の大きな橋である。

 

歴史の古い町だけに様々な博物館や資料館があるが、変わったところではポルトガル最古、そして世界一美しい書店ともいわれるレロ・イ・イルマオン。

ハリーポッターの映画のロケ地にもなったらしい。

 

他にも特産品のポートワインやイベリア半島で最初に建設された市電なども見逃すわけにはいかないだろう。

 

 

 

 

 

歌志内市 ― 日本最小の市 ―

今日は歌志内市について調べてみた。

wikipedia:歌志内市

 

 

人口は3,000人超

日本一人口の少ない市として有名である。

かつては石炭産業で栄え、1948年には46,000人の人口を数えるも石炭の地位低下と比例して人口は減少。

1981年以降、長い間日本で唯一人口1万人を割る市でもあった。

 

また、国道も通っておらず、道道114号が市街を貫通している。

中心部には道の駅うたしないチロルがある。

温泉を併設し、アルプスのチロル地方をモチーフに作られた道の駅だ。

名物は地元のおばさんたちが作る漬物と「なんこ」と呼ばれる馬のホルモンを使った料理。

アルプスらしさは皆無だが、どちらも一度は食べる価値のあるおいしさである。

 

1988年までは砂川駅から盲腸線である歌志内線が通っていた。

炭鉱の最盛期は日本有数の黒字路線であったが、客貨ともに輸送量は激減。バス路線への転換を余儀なくされた。

廃線跡は一部サイクリングロードになっているものの、駅舎は残っていない。

 

終点である歌志内駅の跡地には郷土館ゆめつむぎが建設された。

 

もともと歌志内市は山間の谷に作られた炭鉱集落で、農業用地や観光資源にも乏しいがそんな中で気を吐いているのはかもい岳スキー場。

カントリーサインにも描かれている。

f:id:kamonji224:20181210220252j:plain

 空知管内ではかなり大規模なスキー場である。また、オフシーズンには雲海も楽しめるそうだ。

 

他に歴史的名所としてドラマ「昨日、悲別で」の舞台となった悲別ロマン座。

骨董品を集めた歌志内大正館、北炭の接待倶楽部であったこもれびの杜記念館など、炭鉱で栄えた時代の縁を残す建物が密やかに残されている。

 

 

 

空から日本を見てみよう ― 都城市 ―

今日は2014年4月29日放送の空から日本を見てみようで紹介された宮崎県都城市について調べてみた。

wikipedia:都城市

 

宮崎県の南西端に位置し、人口約16万人の宮崎県第二の都市だ。

 

かつて薩摩藩領であり、その文化は今なお色濃く残っている。中心駅の都城駅日豊本線吉都線の分岐駅にもなっている。

 

市域は広大な盆地となっており、農業が盛ん。

市町村別農業産出額 第2位

専業農家数     第2位

市町村別農業産出額畜産計  第1位

特に肉用牛、豚、鶏、ブロイラーにおいて第1位となっている。

また牧畜だけではなく、サトイモの収穫量も全国2位となるなど畑作も盛んである。

 

光都市としての知名度は低いかもしれないが、

まず歴史的名所としては薩摩藩時代の都城島津邸、氏名の由来となった都之城跡などがあげられる。

 

風景では宮崎県と鹿児島県にまたがる高千穂峰の景観や、日本の滝100選のひとつである関之尾滝が有名だ。

f:id:kamonji224:20181209230429j:plain

また、上流には世界有数の甌穴群があり、天然記念物に指定されている。

 

他にはサクラで有名な母智丘公園平安時代の神柱宮にルーツを持つといわれる神柱公園などの散策がおすすめだろうか。

 

変り種としては、星が日本一きれいに見える町に10回連続で入賞した旧高崎町にあるたちばな天文台。そして取扱品目数22万点超を誇るホームセンターのハンズマンなども押さえておきたい。

 

 

 

小樽でコレクション ― 初登場灯台カード ―

さて、次なる目的地へ車を走らせる。

海を眺めながらやって来たのはこちら。

 

 

 

なぜ冬の寒空の中やって来たかというと、

 

なんと

 

今年、平成30年10月1日より

 

ついに

 

満を持して

 

灯台カードが

 

配布開始となったのです!!

 

ただし、灯台は基本的に職員が不在のため

 

QRコードを読み込んでダウンロードするという

 

電子カード形式となったのです。

 

詳細は海上保安庁のホームページにて

灯台カードDigital|海上保安庁

 

ダムカード、マンホールカードという両横綱に勝るとも劣らない魅力的な題材ですね。

 

というわけで記念すべき第一弾はここ小樽市日和山灯台

 

門扉にQRコードが!

風雪で劣化しないのだろうか?

と、いらぬ心配をしながら無事に第一号を手に入れた。

 

f:id:kamonji224:20181207230925p:plain

日和山灯台カード

ふむふむ。

なかなか良いではないか。

 

ちなみに実物を写真で撮るとこんな感じ。

f:id:kamonji224:20181207231050j:plain

やくたびれた外観。

 

f:id:kamonji224:20181207231245j:plain

明治期、北海道の海の玄関口であった小樽市

日本海を北上してくる船にとって、この岬は最後の難所だったのだろう。

 

ちなみに灯台へ続く道からは小樽水族館海獣プールが見える。

f:id:kamonji224:20181207231647j:plain

訓練?餌やり?

裏側を除いて、少しだけ得した気分である。

 

 

 

小樽のコレクション ― マンホール勢揃い ―

小樽市水道局で土木遺産カードをいただき、次の目的地へ向かうことに。

 

 

・・・あれ、その前に

 

来るときに気づかなかったけど

 

玄関への通路にこんなものが

 

f:id:kamonji224:20181206230455j:plain

小樽運河をモチーフにしたカラーマンホールのレプリカ?実物?

 

マンホールカードや設置場所についてはこちらをご参照ください。

kamonji224.hatenablog.com

 

しかし、ここに展示されているのはこれだけではない。

f:id:kamonji224:20181206230939j:plain

そう、かつて小樽のマンホールといえばラッコであった。

現在も引き続き設置されているが、肝心の水族館にラッコがいなくなってしまったこともあって上記の新デザインが採用されたようだ。

カラーのものは見たことがないが、水族館の近くにあるのだろうか。

 

 

さて、小樽のマンホールはまだ終わらない。

f:id:kamonji224:20181206231512j:plain

SLデザイン。ラッコもいいが、これも良いよ。

マンホールカード、作ってほしい。

説明版によると博物館の敷地内にあるのだろうか。

 

 

 

小樽のマンホールコレクション、トリを飾るのはこちら。

f:id:kamonji224:20181206231830j:plain

昭和の大スター、石原裕次郎のヨットをデザイン。

しかし、石原裕次郎記念館も閉館となってしまった。

結局訪れる機会はなかったが、まあ我々が見ても面白くはないだろう。

 

 

記念館はなくなってしまったが、ずらりと並んだヨットを見ているだけでも楽しいかもしれないね。