空から日本を見てみよう ― 高野山 ―

目次 

  

1.橋本市

今日は2015年3月31日放送の空から日本を見てみようで紹介された高野山周辺について調べてみた。

まずは橋本市wikipedia:橋本市

 

人口は約6万人。

縄文時代から人が住んでいた遺構が残っている。

陵山古墳和歌山県最大の円墳。3段の墳丘で、周濠がめぐらされている。

高野街道と伊勢街道が交差する要衝に位置し、高野山への参詣口でもあった。

中世にこの地を支配していた牲川(にえかわ)氏が築いた長藪城は秀吉に滅ぼされたが、城跡の遺構は今も残っており、周遊できる。(ほぼ登山道に近い)

江戸時代には陸運の他に紀の川の水運の陸揚げ地でもあり、物資の集散地であった。

また、養蚕や機織りなども盛んであった。 

紀伊藩主が来泊していた本陣、旧池永家住宅は江戸時代から残る大規模商家屋敷である。主屋、表門、土蔵、離れ座敷が国の有形文化財に指定されている。

橋本駅、旧池永家住宅の対岸にある黒河道(くろこみち)高野山に通ずる7高野参詣道の一つであり、世界遺産に登録されている。定福寺を基点に約18kmの道のりだ。 

JR和歌山線の二つ隣、旧高野口町の中心駅である高野口駅付近もかつては参詣の入口であった。駅前には明治時代に参詣客が数多く宿泊した葛城館の建物が残っている。

駅裏にはかつてこの地の重要な産業であったパイル織物の資料館も建てられている。

また、日本最大級の木造校舎である高野口小学校は1937年建造で今もなお現役である。国の重要文化財に指定された。

その他、人魚のミイラで知られる苅萱堂鎌倉時代北条時頼が再興した利生護国寺、日本最古の金石文の一つと言われる人物画像鏡を所蔵する隅田八幡神社、奇岩・瀑布が連続する玉川峡などが名所として知られる。

 

2.九度山町 

続いては九度山町(くどやまちょう)wikipedia:九度山町

人口は約3800人。

 

地名の由来は高野山開祖の空海の母がこの地の慈尊院に暮らしており、月に9度母に会いに来ていたこととされている。 境内は高野参詣道の一つ、町石道(ちょういしみち)の一部に含まれている。本堂にある弥勒堂は世界遺産に登録されている。

その空海が地元神を祀った丹生官省符神社も町石道の一部である。

関ケ原の戦い後、真田昌幸・幸村父子が配流されていた地でもあり、蟄居していた場所ともいわれる真田庵真田ミュージアムなども町を代表するスポットの一つである。 

3.高野町 

最後は高野町(こうやちょう)wikipedia:高野町

人口は3千人弱。

 

高野山を中心とする寺社が中心の町。

平安時代真言宗を開いた空海が、土岐の嵯峨天皇から賜った日本仏教の聖地の一つ。周囲を1000m級の山々に囲まれた盆地一帯を高野山と呼んでいる。

山内は全て金剛峯寺の境内ということになっている。

f:id:kamonji224:20210223133126j:plain

創建は816年。一時荒廃するが、1016年頃から定誉が再興に着手、今もなお奥之院に1000年以上燃え続ける灯明、持経灯を捧げたと言われる。

中心となるのは金堂、根本大塔など堂塔が並ぶ壇上伽藍.

東へ進んで行くと、空海入定の地と言われる奥之院

 

本堂の北には徳川家康、秀忠を祀る廟堂が建つ徳川家霊台

 

日本国内最大級の石庭、蟠龍庭も見どころの一つ。

f:id:kamonji224:20210223133144j:plain

 

文化財を展示している、高野山霊宝館高野山への交通手段であるこうや花鉄道天空

高野山ケーブルカーも楽しみの一つである。 

 

金剛峯寺正門を通り抜けたところ。

1日で見て周れるのか悩む規模である。

 

 

 

地球絶景紀行 ― ウシュアイア ―

目次

 

1.ウシュアイアの概要

今日は2012年7月13日放送の地球絶景紀行で紹介されたアルゼンチンのウシュアイアについて調べてみた。wikipedia:ウシュアイア

 

フエゴ島南部に位置しアルゼンチン、及び世界最南端の都市と言われている。

都市の名は先住民ヤーガン族の言葉が由来。「湾の終わり」を意味している。

 

後背地はすぐに山地となるため市街地はビーグル水道にそって東西に細長い。

f:id:kamonji224:20210221163707j:plain

 

街のメインストリート


 

首都ブエノスアイレスから果てしなく距離のあるこの地は20世紀前半には流刑地となっていた。

流刑囚は周囲の山から木を切り、町を作り木材輸送用の鉄道も建設した。

今も南フエゴ鉄道として観光用に使用されている。

1年を通して冷涼な気候で、禁煙は観光の基地として発展している。

 

2.ウシュアイアの観光地

かつての刑務所が博物館となったウシュアイア監獄博物館

地元の歴史と自然を知るにはフィン・デル・ムンド(世界の果て)博物館。

チリと領土を共有するティエラ・デル・フエゴ諸島は国立公園となっており、博物学ダーウィンが 地球一周の公開で通ったビーグル水道と共に多様な生物層を観察できる観光地でもある。

f:id:kamonji224:20210221163831j:plain

 

特に水道にあるマルティージョ島は島を埋め尽くすペンギンが人気だ。 

f:id:kamonji224:20210221163805j:plain


 

  

 

世界ふれあい街歩き ― ミュンヘン ―

目次

 

 1.ミュンヘンの概要

今日は世界ふれあい街歩きで紹介されたドイツのミュンヘンについて調べてみた。

wikipedia:ミュンヘン

 

ミュンヘンの創建は1158年とされている。

バイエルン公国の支配地域に位置し塩の交易路に面する町として関所や市場が作られ、徐々に栄えるようになる。

1255年にバイエルン公国は二つに分かれ、ミュンヘンは上バイエルン公の居城となった。 

1560年には再び統合されたバイエルン公国の首都となる。

宮廷を中心とする政治や芸術への影響力が増す。モーツァルトワーグナーなどが活躍し、カトリック改革も行われた。

一時はハプスブルク家支配下ともなったが、第一次世界大戦までバイエルン王国の首都となる。第二次世界大戦後以後は西ドイツの都市の中でもいち早く再建された。

現在はBMW,シーメンスなど世界的大企業が幾つも本社を置く大都市である一方で、町並みは中世から残る、あるいは第二次大戦後に再建された歴史的建築物が多い観光都市の顔も持っている。

 

2.ミュンヘンの観光

観光の拠点となるのはマリエン広場

f:id:kamonji224:20210219230723j:plain

街の創建当初から市街の中心であり、市場が開かれたり、決闘が行われることもあった。その中でも一番のランドマークが19世紀後半から20世紀初めにかけて建設された新市庁舎。ゴシック調の重厚な建物にドイツ最大の仕掛け時計、高さ85mを誇る塔など印象的な建物だ。

広場の周囲にも幾つもの観光名所がある。

バイエルン王国ヴィッテルスバッハ家の王宮で、現在は博物館・劇場となったミュンヘンレジデンツ 。

ルネサンス期の庭園として整備されたホーフガルテン

これらが面しているのはオデオン広場。 

 

 

さらに少し北にあるのがサーフィンの名所でもあるエングリッシャーガルテン。 

 

マリオン広場周辺には教会も多い。

15世紀に建てられた聖母教会。16世紀にイエズス会が建てた聖ミヒャエル教会

ミュンヘンで最初に建てられ、第二次大戦後に再建された聖ペーター教会。ここの展望台からはミュンヘン市街を一望できる。

バロック様式の中でもかなりゴリゴリな装飾が特徴的なアザム教会などが挙げられる。

 

その他にはミュージアム系も数多い。

ヨーロッパ最大の規模を誇る自然科学技術博物館のドイツ博物館

近世ヨーロッパ絵画が展示されている美術館アルテピナコテーク

膨大な展示品を誇り、中でもロココ美術の展示品が特に多いバイエルンナショナル博物館

画家フランツ・フォン・シュトゥックの旧居が美術館となったヴィラ・シュトゥック

かつて教会だった建物が変わり種の博物館となったドイツ狩猟漁猟博物館

BMW本社敷地内にあるBMW博物館。90年前の最初に製造された自動車なども展示されている。

 

 

その他にも地方裁判所や旧植物園の公園など地味ながら渋い名所が並ぶカールスプラッツ広場。

欧州を代表するサッカークラブ バイエルン・ミュンヘンの本拠スタジアムであるアリアンツアレーナ

 

街の中心部から少しに西にあるのがニンフェンブルク城

f:id:kamonji224:20210219231416j:plain

1675年に完成し、バイエルン王家の夏の居城として使われていた。

今もなお最後の支配者であったヴィッテルスバッハ家の所有となっている。

建物の装飾、馬車博物館となった旧厩舎、エングリッシャーガルテンも手掛けたフリードリッヒ・ルードヴィッヒ・フォン・シュケルが作った庭園などが主な見どころとなっている。

 

 

 

七飯町 ― 大いなる水たまり ―

目次

 

 

今日は七飯町について調べてみた。

 

1.概要・沿革 

七飯町は道南・函館市の北に位置する。

人口は約2万8千人。wikipedia:七飯町

 

記録に残る七飯町の歴史の初めは1532年の三嶋神社草創。

この頃には既に和人が定住していたと考えられている。

江戸時代後期には八王子千人同心等が公式に移住。

戊辰戦争では戦いの舞台となる。

1869年に七飯村設立。その他現在の町域に幾つかの村が設置される。

1902年2級町村制施行。

1957年町制施行。

1958年大沼公園が国立公園指定。

 

カントリーサインは駒ケ岳をバックに大沼に浮かぶ白鳥が描かれている。

f:id:kamonji224:20210218231216j:plain

 

2.七飯町の交通 

1872年に開通した札幌本道が最初の幹線。現在は町内を札幌本道を一部後継する国道5号線が南北に縦断している。

それと並行するように函館本線が走っている。七飯駅は1902年開業。

1929年には大沼から分岐して鹿部町へ向かう大沼電鉄が開業。

しかし開業からわずか半年弱で駒ケ岳が噴火。2か月の休業を余儀なくされる。

その後鹿部町への観光客や海産物の輸送などを主として営業を続けていたが、第二次大戦中に函館本線の輸送力増強のため砂原線が開業。大沼電鉄は廃業となった。

しかししかし砂原線鹿部駅が町の中心部からかなり離れていることや冬季間休業となること、廃止後に他社へ譲渡予定だった車両・資材が留置されたままだったことなどもあって沿線自治体は大沼電鉄の復活を請願。

なんとなんと1948年に復活を遂げることとなる。

だが1950年頃から道路の開通によりモータリゼーションが猛威を振るう。

路線バスや貨物トラックの普及により経営は厳しさを増す一方で1952年鉄道廃止。

バス事業への転換もうまくいかず、1953年解散となった。

 

なお近年開業した北海道新幹線の駅は隣の北斗市に設置されたが車両基地七飯町にある。2008年から工事が始まり、35haの敷地を有する。

 

3.観光スポット

七飯町の観光スポットと言えばやはり小沼・じゅんさい沼を含めた大沼国定公園

駒ケ岳の火山活動によってできた湖沼群である。

江戸~明治期からすでに交通の要衝であったこの地域では外国人や明治天皇も訪れるなど景勝地として知られるようになる。

鉄道の開通後は交通の便もよくなり行政も観光地として整備。

 

国定公園に指定され環境を保持しつつ、現在も遊覧船や遊歩道、湖畔のキャンプ場や温泉地など道南を代表する観光地となっている。

 

大沼の南東に位置する横津岳にはゴンドラがあり、横に並ぶ大沼と駒ケ岳を楽しむこともできる。

 

その横津岳山麓にあるのは城岱牧場。広さ160haの町営牧場に函館市街と函館山、そして津軽海峡を望む展望台が人気スポットだ。

 

市街の南、函館市に近い大中山地区には北海道には珍しい赤松並木

江戸時代末期に函館奉行の支配組頭が故郷の佐渡から取り寄せた種子を大切に育て現在も緑のトンネルを形作っている。土木遺産にも指定された。

 

 

 

空から日本を見てみよう ― 佐伯市~竹田市 ―

目次 

  

本日は久しぶりに「空から日本を見てみよう」というテ.レビ番組で紹介された市町村を調べてみた。

 1.佐伯市

まずは佐伯市(さいきし)。wikipedia:佐伯市

 

大分市の南東に位置する人口約6万6千人の市。

平成の大合併で九州で最大の面積を持つ自治体となった。

現在市の中心部は佐伯藩の城下町である。

 

城下町の雰囲気を残す歴史と文学の道。

 

 

初代藩主は豊臣秀吉に仕えた毛利高政尾張時代より秀吉に仕え、当初は森という姓であった。後に毛利輝元と所縁があり改姓することとなった。

居城であった佐伯城は政務の中心であった三の丸の遺構が残っている。

本来は山城であったが、本丸は明治維新の際に撤去された。一部の石垣のみが現存している。 

 

 

 

佐伯市明治維新後に整備された広島県の呉軍港に出入港する艦隊が必ず通る豊後水道に面している。守りの要として、現日向市との誘致合戦の結果海軍航空基地が設置された。太平洋戦争時には真珠湾攻撃の出撃基地となった。

現在は戦闘機を空襲から守る掩体壕などが保存され、戦争の歴史を伝えている。

 

海岸線が長く、風光明媚な名所が幾つもあるが市のシンボルとも言えるのが、豊後二見ヶ浦の夫婦岩。二つの大きな岩を日本一の長さを誇る重さ2tの注連縄が結んでいる。

初日の出の名所としても有名だ。

1900年に着工した、離島では日本最大の水ノ子島の灯台やキャニオニングもできる藤河内渓谷なども欠かせないスポットである。

 

 2.豊後大野市

続いては豊後大野市(ぶんごおおのし)。wikipedia:豊後大野市

 

人口はおよそ3万6千人。 

平成の大合併で5町2村が合併し発足。旧国名と市内を流れる大野川が市名の由来。

九州で唯一日本ジオパークユネスコエコパークに指定されている。

平安時代に彫られた菅尾磨崖仏は国の重要文化財に指定されている。沈堕の滝は柱状節理が並ぶ古くからの名所で、室町時代雪舟が訪れ「鎮田瀑図」を描いた。

 

 3.竹田市

最後は竹田市(たけたし) wikipedia:竹田市

 

人口は2万人弱。

岡藩の城下町であり、鎌倉時代に築かれたともいわれる岡城の城跡は滝廉太郎が作曲した荒城の月のモデルになった場所でもある。

 

紅葉の岡城。現在は一部の石垣や大手門の跡が残るのみ。 

f:id:kamonji224:20210215232846j:plain

 

荒城の月 

 

 

岡藩は賤ケ岳の戦いで戦死した信長・秀吉配下の中川清秀の息子中川秀成が初代藩主。

町並みには城下町の名残も残っている。

 

 

阿蘇山の伏流水を水源とする竹田湧水群や日本一美しいダムとも評される白水ダムが名所である。

 

 厳密には堤高15mに満たないため、法律上は溜池堰堤という分類となる。

f:id:kamonji224:20210215232409j:plain

地盤が脆弱なため、左岸側は階段状の流路、右岸側は曲面流路が設けられ中央からの水流を弱めている。この構造も相まって独特な水流が生み出され、大分麦焼酎「二階堂」のCMにも使われている。