道北をいっぱい巡った。 ― 初山別駅跡 ―

目次

  

1.初山別駅跡

国道232号線を順調に南下して初山別村の中心部に到着。

もちろん、ここには村の代表駅である羽幌線初山別駅があった。

 

国道232号線から少し内陸に入ったところにあった初山別駅。

 

現在はバスターミナルになっている。

f:id:kamonji224:20201128223211j:plain

こじんまりとした待合所になっているがかつては立派な木造駅舎が建っていた。

 

初山別駅の画像

青い屋根が印象的な横長の駅舎が駅前通りの突き当りにあった。

 

初山別駅は1957年築別駅~当駅間開通に伴い一般駅として開業。

1958年当駅~遠別駅間が開通し羽幌線が全線開業となる。

1982年貨物扱い廃止。1987年羽幌線廃止に伴い廃駅となる。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

 

初山別地区は1898年頃から寺坂農場が初山別川沿いに開拓を始める。

羽幌線が開通した頃は基幹産業であったニシン漁が不漁となっていた。貨物は農水産物の発送が主だったようだ。

駅は1面2線のホーム構造及び駅舎前に貨物積卸線があった。

駅北に少し進むと転車台の跡も残っている。

 

2.天塩栄駅跡

初山別駅の南隣は天塩栄駅。

 

現在は集落といえるほどの人家はなく、モセタキナイ川沿いに耕地が幾分かある。

1898年頃から開拓が始まった。ほかの集落の様に特定の地域からの団体移住はなく、単独移住ばかりだったようだ。 

 

天塩栄駅は1957年築別駅~初山別駅間開通に伴い一般駅として開業。

当初より旅客のみの取り扱いだった。

 

天塩栄駅の画像。

ホームに簡易的な木造待合所のある駅だった。

 

1970年代の国土地理院地図の航空写真。

 

当時から周囲に人家は少なく、田園の中にぽつんとある駅であった。

 

1987年幅路線廃線に伴い廃駅となった。

 

3.天塩有明駅

初山別最南端の村が天塩有明駅

 

この地も1898年茂築別川沿いに開拓が始まる。主となったのは富山からの移住者。 

畑作・林業から水稲が主となっていった。

 

天塩有明駅は1957年築別駅~初山別駅間の開通に伴い一般駅として開業。

王子製紙チップ工場の木材を主に取り扱っていた。

 

天塩有明駅の画像

ピンクがかった屋根を持つ立派な木造駅舎だった。

 

しかし、1970年貨物取扱廃止及び無人化。

1987年羽幌線廃止のため廃駅となった。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

かつては1面2線のホーム構造を持つ交換駅であった。

この写真の時点では既に貨物廃止・無人化後で交換設備を廃止し駅舎側を側線としていたようだ。

駅北側には大きな木工場が見える。現在でも規模は小さくなったが木材を扱っている場所のようだ。

 

道道708号線を東へ数km進むと有明小学校があったが、2010年廃校となった。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

 

道北をいっぱい巡った。 ― ロマン街道初山別 ―

目次

 

1.共成駅跡

遠別町を通過して次は初山別村

まずは村で最も北にあった羽幌線の共成駅について。

 

 

 

共成駅は1958年初山別駅~遠別駅間開通に伴い開業。

当初より旅客のみの取り扱いであった。

 

共成駅の画像

ここもホーム上にスネオヘアーの小さな待合室がある、仮乗降場スタイルの駅であった。1987年羽幌線廃線に伴い廃駅。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

今と同じく周囲に人家は少ない。

駅への入り口は駅北側の小さな道のみであった。

 

2.天塩大沢駅

続いて天塩大沢駅

 

航空写真で見ると鉄路の跡がくっきりと残っているが、現地に遺構は全くと言っていいほど残っていない。

1958年初山別駅~遠別駅間開通に伴い開業。

 

天塩大沢駅の画像

隣の共成駅と同じく、スネオヘアーの簡易的な待合所がホームに建っているのみの駅だった。 

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

国道から駅へと通じる小さな道が見える。

道の反対側はかつての大沢小学校。

ニシン不漁のあおりを受けて1969年廃校となった。

 

天塩大沢駅も羽幌線廃止に伴い1987年に廃駅となった。

 

3.豊岬(とよさき)駅跡

続いては豊岬駅跡。

ここは初山別村の中で第二の規模を持つ集落といっていいだろう。

今も健在の豊岬漁港がこの頃からあり、明治時代中頃まで付近の沿岸の中心であった。

風連別川沿いに、1868年富山からの移住者を中心に開拓が始まる。

 

豊岬駅は1958年初山別駅~遠別駅間開通に伴い一般駅として開業。

 

この地域の重要な産業であったニシン漁はすでに衰退期に入っており、豊岬駅は農産物の発送が多かったようだ。

1970年貨物取扱廃止及び無人化。

 

豊岬駅の画像

有人駅時代の横長の駅舎は最後まで残されていたようだ。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

周辺は稲作地帯になっている。

貨物はすでに取扱いがなくなっている。島式ホームの両面とも線路が残されている。

 

1987年羽幌線の廃止に伴い廃駅となった。

 

川を渡ると豊岬小中学校があったが、2014年廃校。

現在は郷土資料館になっている。

 

4.ロマン街道初山別

さて、羽幌線各駅跡には立ち寄ることもなくすっ飛ばして道の駅ロマン街道初山別で休憩。

 

 

 漁港裏手の高台にオートキャンプ場や温泉ホテル・天文台が揃った村きってのレジャー施設である。

 

f:id:kamonji224:20201127235428j:plain

花が咲き乱れる花壇の奥には赤白の灯台が見える。

くびれがあるのはちょっと珍しいような。

 

f:id:kamonji224:20201127235721j:plain

漁港を望む。

海岸線に沿うように雲が浮かんでいた。

 

f:id:kamonji224:20201128000018j:plain

敷地内にはにしん街道の木製碑。

かつてニシン漁で栄えた集落があった海岸を見下ろしている。

 

f:id:kamonji224:20201128000255j:plain

にしん漁についての説明板。

1石とはおよそ150キロに相当するらしい。

 

f:id:kamonji224:20201128001519j:plain

高台から降りると、立派な鳥居を持つ神社。

グーグルマップを見るとこの先にもキャンプ場があるらしい。

高台から降りる道は結構急な階段なので、荷物をもって上り下りするのはかなり大変だと思う。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

道北をいっぱい巡った。 ― 道の駅えんべつ冨士見 ―

目次 

 

 1.道の駅えんべつ富士見

遠別町の市街地を抜けて少し南へ向かうと富士見ヶ丘公園にある道の駅に到着。

 

ここにもちょっと立ち寄り。

 

f:id:kamonji224:20201124225602j:plain

羽幌線の路線跡を駐車場にして、その裏手の丘には展望台と公園がある。

展望台からはボンヤリとながら利尻富士が見えた。

 

f:id:kamonji224:20201124230004j:plain

海沿いには風力発電の風車も見える。

 

f:id:kamonji224:20201124230227j:plain

河川公園ではパラグライダー?空を浮遊する人の姿も。

高所恐怖症の自分には絶対無理。

 

2.天塩金浦駅跡 

さて、道の駅冨士見よりもう少し南には国鉄羽幌線の天塩金浦駅があった。

 

金浦は1900年頃開拓開始。それ以前から海沿いには漁師がいたものの、ニシンの不漁などで離村が増える。町内では唯一海辺に小学校があったが、1978年遠別小学校に統合となった。

 

沿岸バスの第一金浦停留所の後ろに門柱が残っている。

 

天塩金浦駅は1958年初山別駅~遠別駅間開通に伴い開業。

既に羽越線金浦駅という名の駅があった為地名に旧国名の天塩を付して駅名とした。

当初より旅客のみの取り扱い。 

1987年羽幌線廃止に伴い廃駅となった。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真

 

今よりは周囲の民家の数も多い様子。

現在は建物は減り、駅へ向かう道も草むらに帰ってしまったようだ。

 

天塩金浦駅の画像

仮乗降場のような造りのホームと待合室。

待合室の庇がやたらと長く、横から見るとスネ夫の髪型のようである。

 

3.歌越駅跡

 

遠別町最南端の駅だった歌越駅。

歌越地区は1898年頃開墾が始まった。

ここもニシンの不漁によって住民が減っていったが、最盛期には小さな市街地もあったそうだ。集乳所もあったが、後に丸松に集約される。

 

歌越駅は1958年初山別駅~遠別駅間開通に伴い開業。

当初は1面2線のホーム構造を持つ交換可能な一般駅で、保線を担当する線路班も配置されていた。

1970年貨物廃止及び無人化。

1987年羽幌線廃止に伴い廃駅となった。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真

 

この頃は既に貨物廃止・無人化後で単線扱いの駅となっていた。 

駅前にある建物は国鉄職員の官舎だったらしい。

駅のそばは寂しいが、もう少し内陸に行くと水田が広がり、民家の数も少し増えて小中学校もあったようだ。1988年遠別小学校に統合されている。

沿岸バスの第二歌越停留所のすぐそばにあり、今は農場となっているらしい。 

 

歌越駅の画像

板張りの木造駅舎。駅舎側線路は使われなくなった後もしばらく敷かれていたようだ。

 

kamonji224.hatenablog.com

道北をいっぱい巡った。 ― 遠別駅跡 ―

目次

  

1.北里仮乗降場跡

天塩町市街を離れ、国道232号線日本海に沿ってひたすらに南下する。

隣の町は遠別町

この町にも国鉄羽幌線が通っていたが、他の各町と同様に痕跡は少ないのですべての駅跡には立ち寄っていない。

最も北にあったのは北里仮乗降場。

 

この辺りの開拓が始まったのは1908年ころ。

沿岸部では最も遅かったと思われる。厳しい気候のためか現在は酪農が主である。

1956年仮乗降場が設置される。当時は国道のすぐそばにあったようだが、道路に線形変更があったため今は国道から距離のある場所となった。

1970年利用者僅少のため廃止。

 

2.丸松駅跡

続いては丸松駅跡。

 

駅のあった辺りは原野に帰っている様子。

航空写真で見ると何となく線路跡が確認できる。

 

国道から駅のあった方角を眺める。 

 

かつて駅前で簡易委託を受けていた商店は健在のようだ。

 

丸松地区は1897年須藤農場が開拓を始める。

ここも北国の厳しい環境のため農耕地よりも乳牛生産が主流の様子。

 

丸松駅は1936年天塩線天塩駅~遠別駅開通に伴って一般駅として開業。

1940年に集乳所ができ、木材・ビートなども鉄道にて取り扱われるようになる。

この頃は郵便局・駐在所など公的機関もあり小さな市街地が駅前及び周辺に形成されていた。

1958年羽幌線が全通。1960年本町・歌越の集乳所を丸松に集約。しかし徐々に物流はトラックへと転換されていく。

1970年貨物取扱廃止並びに旅客は簡易委託による無人化。

過疎も進んでいたらしく1982年には丸松小学校も廃校。校舎は郷土資料館になった。

1987年羽幌線廃止に伴い廃駅。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

かつては1面2線のホーム構造であったが、この時点では交換設備は運用廃止されていた模様。駅舎側本線は撤去もされず放置されていたらしい。

駅裏はストックヤードだったのだろうか。

 

丸松駅の画像

道路に向かって木造駅舎が建てられていた。

周囲は原野のようだが往時は貨物スペースだったのだろう。 

3.啓明仮乗降場 

続いては啓明仮乗降場。

 

啓明地区は1897年、町内でも最も早く開拓が始まったところである。

1956年仮乗降場として設置。

1987年羽幌線の廃止に伴い廃駅。

 

啓明仮乗降場の画像

短い板張りホームと待合所があったようだ。

 

4.遠別駅跡

次は町の中心駅であった遠別駅跡

 

 

現在は沿岸バスの待合所になっている。

f:id:kamonji224:20201123104038j:plain

 

駅前には農業倉庫。駅跡を巡るとおなじみの光景だ。

f:id:kamonji224:20201123104221j:plain

 

遠別町の市街地は1899年に貸下げを受け郵便局が設置された頃から発展が始まる。

小樽~天塩航路の船も寄港するようになり、沿岸での漁業から内陸部の開拓も進んでいく。

1936年に天塩駅~遠別駅間開通に伴い一般駅として開業。

長らく終着駅であったが1958年に初山別駅~当駅間が開通し全線開業となった。

1950年頃まではニシン漁が盛んであり農水産物の輸送、その外にも遠別川の砂利、そして木材の搬出が盛んであった。

しかし1984年貨物取扱廃止。

1987年羽幌線廃止に伴い廃駅となる。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真

 

1面2線のホーム構造。

その他駅北側には貨物ホーム。

駅裏には数本の側線とストックヤード。主に木材が山と積まれている

さらに駅北の木工場(遠別町史によると遠別初山別森林組合らしい)への引込線も確認できる。

鉄道官舎や保線拠点などもあり、そこそこの鉄道城下町であったようだ。

 

遠別駅の画像

駅舎は鉄筋・横長のタイプ。正面には木材の町らしい木目のような意匠が一部施されていた。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

道北をいっぱい巡った。 ― アゲインでカツカレー ―

目次

 

 

1.お食事アゲイン

道の駅てしおのすぐ目の前にある食堂、アゲイン。

 

 

理由はわからないが廃線となった国鉄羽幌線天塩駅の駅名標が店の前に置かれている。

 

f:id:kamonji224:20201122153757j:plain

本物かレプリカなのかも不明。

今の駅に置かれているような金属ではなく、木の枠なのが店の外観によくマッチしている。かつては駅前食堂だったという情報は事前に仕入れてきたが、その名残なのだろうか。

 

さて、ちょうど昼になろうかとしている時間帯。

常連が多そうな佇まいなので、別の店を探すか躊躇ったが折角来たのでこの店に決めて店の中に入る。

 

 2.カツカレー

店の中は喫茶店風の佇まい。12時より少し前だったからか店の中はカウンターにお客さんが一人いるだけ。

お好きな席にどうぞと言われ、4人掛けのテーブル席に座る。

メニューを見る間もなくママさんに人気があるのはカツカレーと蜆ラーメンだよと言われた。暑い日だったが腹もだいぶすいていたのでカツカレーを選択。

テーブルにはメニューのほかに雑誌(たしかHOだったと思う)が置かれ、この店が紹介された時の記事が開かれていた。

 

そしてカツカレー到着。

f:id:kamonji224:20201122154835j:plain

四角いお皿の真ん中にご飯が盛り付けられ、その上からルーがかけられている。

カレーの湖に浮かぶ島のようだ。

結構すごいボリュームなので、小食の人はやめておくか事前に申し出ておいた方がいいだろう。

味は甘め、小学生でも食べれるだろう辛さ。昔ながらのカレーだ。

カツはサクサクでこちらも結構なボリュームだが、肉がやわらかく食べやすい。

後半おなかがいっぱいになってややしんどかったが、何とか完食。

味は申し分ないが、40歳が迫ってきた私めにとってはかなり久しぶりの大量ランチであった。

 

3.駅名標は本物

さて、カレーを待っている間。ママさんがアイスコーヒーでも飲むかい、とサービスしてくれた。いただきますとお願いする。持ってきてくれたついでにどこから来たのか、稚内にでも行くのかいと尋ねられた。

札幌から昨日稚内に泊まってこれから帰るところです。駅名標があるのをネットで知っ

て、見に来たらちょうどお昼だったのでご飯も一緒に食べようと思って。

などと話すと、写真だけ撮っていく人は結構いるけど、よくぞ入ってくれたね~と笑っていた。

 

駅名標はレプリカではなく、羽幌線が廃止になるときまで実際に使われていた本物だそうだ。

現在、駅跡は道の駅になっているが、ママさんがいうには町が国鉄と話している様子がなかったのでさっさと行って駅からもらってきたそうだ。

もらっておけばさ、何か使えるでしょと言って笑っていた。

 

自治体によっては駅跡に鉄道関係の資料を残したり展示したりしているだろうが、羽幌線沿線の他の町でも駅跡に痕跡はほとんどなかった。

 

そう考えるとこのアゲインの駅名標はかなり希少なものだろうね。