鉄道

札沼線廃止予定区間を行く ― 下徳富駅他 ―

札沼線廃止予定区間の駅巡礼もいよいよ大詰め。 国道275号線に並行して走る直線を北に向かうと、下徳富駅に到着する。 田園地帯にある花月という風流な名の集落に近い。 久しぶりに駅舎のある駅。 手前の大きな木が駅に重厚感を増している。 1934年に開業し…

札沼線廃止予定区間を行く ― 南下徳富駅 ―

於札内駅から次の南下徳富駅(みなみしもとっぷえき)に向かう。 途中で浦臼町から新十津川町にIN。 1956年に開業、当初より旅客のみの取扱い駅。 この駅も国道275号から少し離れた田園の中にある長閑な駅。 駅ではあるが、駅舎はおろか待合室もない。 かつ…

札沼線廃止予定区間を行く ― 於札内駅 ―

鶴沼駅から再び国道275号線に戻って、北へ。 鉄路は国道275号から一定の距離を保ち続けている。 次の於札内駅(おさつないえき)は田んぼの中、少しわかりにくい位置にある。 脇道から未舗装の脇道に入る。 通って良い道なのか迷うところだが、この道を通ら…

札沼線廃止予定区間を行く ― 鶴沼駅 ―

浦臼町の市街地を抜けて、さらに道の駅も通り越して完全に田園地帯へ。 畦道を左折すると、鶴沼駅に到着。 開業は1956年、当初より旅客のみ取扱い。 プレハブの待合室。 駅の業務を行う場所はないので駅舎ではないらしい。 周辺には町営住宅、郵便局に道の駅…

札沼線廃止予定区間を行く ― 札的駅 ―

晩生内駅から国道275号線を北へ。 同じく田園地帯の中に次の札的駅(さってきえき)が待っている。 この駅は戦後の1960年に開業、当初より旅客のみの取り扱い駅だった。 国道275号から左に曲がったところにある踏切が出入口。 まずは古ぼけたモルタルの待…

札沼線廃止予定区間を行く ― 晩生内駅 ―

札比内駅から北へ向かうと月形町から浦臼町にIN 最初の駅は道内有数の難読名、晩生内駅(おそきないえき)だ。 国道275号線からすぐだが、直接は入れない。 踏切を渡って、国道の反対側が駅の正面だ。 札比内駅とよく似た形の駅舎。 左右対称に近い、ここま…

札沼線廃止予定区間を行く ― 札比内駅 ―

豊ヶ岡駅から再び国道275号線に戻り、北へ。 郵便局もある小さな集落の中にある駅、札比内駅に到着。 これまた味わい深い木造駅舎。 唯一駅名標は新しそうだがそれさえもレトロ感がある。 札比内駅は1935年に貨物も取り扱う一般駅として開業した。 駅舎も開…

札沼線廃止予定区間を行く ― 豊ヶ岡駅 ―

知来乙駅から国道275号に戻って北上を続ける。 月形町の市街地付近にある石狩月形駅はスルーしてさらに先へ。 田畑と林が混じりあっているような辺りで左折。 小さな道を進み、さらに脇道へ。 車はこの辺りに停めて、ここからは徒歩。 森の中に小さく見える…

札沼線廃止予定区間を行く ― 知来乙駅 ―

国道275号は月ヶ岡駅付近から東へ方向を変える。 程なくして道道11号との交差点。 ここで左折して国道から少し離れたところが、次の目的地の知来乙(ちらいおつ)駅。 この駅も戦後の1958年に開業。 当初より旅客扱いのみであった。 木造の待合室が設置され…

札沼線廃止予定区間を行く ― 月ヶ岡駅 ―

国道275号線を北上し月形町に入って最初の駅が月ヶ岡駅だ。 1958年、戦後になってから開業した駅である。 1993年、駅舎消失。 待合所としてログハウスが建設された。 駐車場には町のガイドマップ。 時刻表。石狩月形駅までは1日7往復程度。 待合所完成時の…

札沼線廃止予定区間を行く ― 中小屋駅 ―

本中小屋駅から国道275号線を北へ。 次は中小屋駅。 中小屋という地名はの由来は、当別と月形の中間にあり、茶屋あるいは囚人を収容する小屋があったことからという諸説がある。 ここも貨車駅。貨車駅3兄弟のトリを飾る。 かつての駅舎の基礎が残る。 いず…

札沼線廃止予定区間を行く ― 本中小屋駅 ―

国道275号線に戻って北上。 次の駅は本中小屋駅(もとなかごやえき) 当別町と月形町の中間にあるこの地区は中小屋と名づけられ、そのうち地区の中央部に位置するこの駅が本中小屋駅となったそうだ。 こちらも石狩金沢駅と同じく貨車駅。 駅名標が如何してか…

札沼線廃止予定区間を行く ― 石狩金沢駅 ―

JR北海道屈指の赤字路線であった札沼線の非電化区間。 2020年の5月7日を持って廃止が決定してしまった。 冬に一度乗ってみたことはあるが、沿線の風景などはやはり雪のない季節でないとわからない。 しかし、全ての駅舎を訪ねるにはもはや車でないと不可能に…

旭川サイクリング ― 新旭川駅 ―

お腹を満たし、再び自転車へ。 南へ向かう。 旭川市内は基本的に平らで走りやすい。 再び石狩川を渡る。 カワセミについて。 恵庭市もカワセミを市の鳥と定めていた。 綺麗な川の象徴のような鳥なのだろう。 橋の向こうは製紙工場が多い、その名もパルプ町。…

旭川サイクリング ― まずは旭川駅 ―

某月某日。 今日は単独行動の日。 色々考えた結果、旭川市内をぐるぐる回ってみようという結論に達す。 この日は車が使えないのでわざわざ電車で行く。 午前6時ちょうどの札幌発旭川行き普通列車に乗車する。 切符販売機では購入できないので、みどりの窓口…

後志ぐるりと ― 黒松内駅 ―

熱郛駅から道道を走る。林の中を線路と近寄ったり離れたりしつつ、黒松内の市街地へ向かう。 小さな市街地の一角にある黒松内駅に到着。 立派な駅舎である。 明治~昭和初期までは機関庫が設けられ、太平洋と日本海を繋ぐ交通の要衝であった。 ここから1920…

後志ぐるりと ― 熱郛駅 ―

目名駅の次は熱郛駅(ねっぷえき) ここからは黒松内町のエリア。 道の駅黒松内から西に向かい、国道から分岐した道道を進んでまもなくのところにある。 この駅はわがまちご当地入場券の対象駅になっている。 無人駅のため、販売は道の駅で行っている。 kamo…

後志ぐるりと ― 目名駅 ―

蘭越の市街地から国道5号線を西に向かうと、やがて道の駅に到着する。 今回はトイレ休憩だけにして、すぐに出発。 再び西へ向かってちょっといったところで右折。 程なくして目名の集落があって、目名駅に立ち寄る。 小さな商店や郵便局もあって、それなり…

後志ぐるりと ― 蘭越駅 ―

国道5号線を西に進む。 市街地に入ったところで、道道229号線へ左折。 程なくして蘭越駅に到着。 横長、頑丈な造りの駅。 郵便ポスト、公衆電話、自販機と人の流れがある程度見込めるのであろうと思わせる設備が揃っている。 昆布岳方面の山々はまだ雪が多…

後志ぐるりと ― 昆布駅わがまちご当地入場券 ―

道の駅ニセコから国道5号線を西へ西へ。 程なくして蘭越町に入る。 最初の駅は昆布駅 小さな駅舎。 1982年には無人駅となっていた。 こんぶという変わった駅名の由来はアイヌ語のようだが、詳細は不明らしい。 ガラス張りの跨線橋。 裏手の温泉施設の敷地に…

後志ぐるりと ― ニセコ駅わがまちご当地入場券 ―

さて、隣の比羅夫駅へ向かう。 はずが、ニセコ駅のわがまちご当地入場券の販売時間が限られていることを思い出し、再度確認。 ここから真っ直ぐ向かえばギリギリ間に合うことが判明。 秘境駅・比羅夫訪問はまたの機会に持ち越し、ニセコ駅に向かう。 ニセコ…

後志ぐるりと ― 倶知安駅わがまちご当地入場券 ―

小沢集落から国道5号線を南へ南へ。 山道を登ったり下りたりしながら走ると、倶知安町の市街地に到着。 さっそく駅へ向かう。 函館本線の主要駅の一つ。 廃線となった胆振線との分岐駅であった。 倶知安駅の隣駅であった六郷駅跡に記念公園が残っている。 h…

後志ぐるりと ― 小沢駅わがまちご当地入場券 ―

銀山駅から再び国道5号線に戻り、南へ進む。 稲穂峠をぐるぐるとまわり、山中の古びたトンネルをいくつか抜けて交差点に。 左へ向かうと国道5号線、直進すると岩内方面へ向かう国道276号線。 今日は左へ、国道5号線をひた走る。 小さな市街地に到着。ここ…

後志ぐるりと ― 銀山駅 ―

然別駅に別れを告げ、再び国道5号線へ戻る。 南にまっすぐ進むとやがて国道5号最大の難所稲穂峠に到着する。 しかし、今日はその手前で左に曲がり、初めて通る道へ。 赤井川村へ通じる道道1022号線。 仁木町銀山地区の田園地帯を走りながら、郵便局を右折し…

後志ぐるりと ― 然別駅 ―

仁木町の中心部から国道5号線を再び南へ向かう。 徐々に周りの景色は山間になり、余市川に近づいていく。 きのこ王国の看板が見えてきた辺りで、右折。 川を渡って道道755号に。 小さな集落を通り抜けて、やって来たのは然別駅(しかりべつえき) 木造の小…

後志ぐるりと ― 仁木駅わがまちご当地入場券 ―

余市駅から国道5号線を南へ進む。 10分程度で隣町の隣駅である仁木駅に到着だ。 仁木町の中心部に位置し、余市駅と共に100年以上の歴史を持つ駅だ。 外壁にはさくらんぼを中心に、果物の写真がずらり。 フルーツの町である。 この辺りは平地だが、余市町の…

後志ぐるりと ― 余市駅わがまちご当地入場券 ―

本日は日曜日。 天気予報は晴れ。 調子良く5時半に目が覚めた。 家族には予定があり、なお且つ車は使用しないとのこと。 さあ、一人で出かけよう。 札幌から国道5号線をひた走り、小樽をノンストップで通過。 最初に車を停めた場所は余市駅。 駅は建物の一…

新千歳空港に行ってみよう ― 千歳市わがまちご当地入場券 ―

某月某日。 というか祝日の今日。 これといった予定もないので久しぶりにどこかへ遊びに行こう。 新千歳空港行ってみよう。 ということで朝から車で出発。 休日だが道路は空き気味。 空港に行く前にちょっと寄り道。 千歳駅。 久しぶりにわがまちご当地入場…

函館へ行こう ― 函館駅わがまちご当地入場券 ―

ついに函館へ到着。 早速函館駅へ 1902年開業 長らく北海道の玄関口としての役割を果たしてきたが、飛行機の発達とさらに新幹線の開業も相まって、現在は本州とのターミナルという側面は薄まっている。 この日は平日ということもあって、朝市や金森倉庫付近…

函館へ行こう ― 森駅わがまちご当地入場券 ―

引き続き海岸線に近い国道5号線を南下して森町に到着。 森駅は桜で有名なオニウシ公園、青葉ヶ丘公園のそばにある。 国道5号線から道道を北東に向かって海に面した気持ちの良い場所だ。 電話ボックスの存在感が大きい。 確か、長万部駅にもあったはず。 北…