鉄道

江別ひとり散歩 ― 高砂駅 ―

目次 1.高砂駅 2.高砂駅の歴史 1.高砂駅 北海鋼機前駅跡からまた少し東に向かって歩く。 再び函館本線の沿線に戻ってみると、野幌駅の隣の高砂駅に到着。 位置的には市役所の最寄駅となる。ただ、新しい駅なので市の玄関口というような役割を担ったことはな…

江別ひとり散歩 ― 野幌駅 ―

目次 1.野幌駅へ 2.野幌(江別)のレンガ 3.野幌駅の歴史 1.野幌駅へ 某月某日電車に揺られ函館本線を北へ行く。 降車したのは野幌駅。 たまには電車に乗って駅を訪れようという計画だ。 野幌駅の位置。周囲は住宅が並び、少し離れた国道付近には店が並ぶ。…

秋の北空知ドライブ ― 江部乙駅 ―  

目次 1.江部乙(えべおつ)駅 2.江部乙駅と近隣の歴史 1.江部乙(えべおつ)駅 季節は秋。外はめっきり涼しくなったある日のこと。 天気はあまりよくないが、2020年最後のドライブへ出かけた。 国道12号線を北へまっすぐ進み、まず最初にやってきたのは滝川…

仙台家族旅行 ― 松島~多賀城 ―

目次 1.松島海岸駅 2.多賀城駅 3.多賀城市マンホールカード 1.松島海岸駅 さて、松島を堪能した我々一行。 だいぶ足腰も疲れたのでそろそろ別れを告げることに。 帰りは松島海岸駅から仙石線に乗って行く。 松島海岸駅は少し高台に位置し、ホームから海岸を…

仙台家族旅行 ― 松島や ―

目次 1.松島駅 2.松島海岸 1.松島駅 仙台駅から1時間程度列車に揺られ、やって来たのは松島駅。 日本三景の一つ、松島への最寄り駅の一つ。 町役場がすぐそばにあるが、海岸からは少し距離があり観光地へは仙石線の松島海岸駅が近く、松島町中心部には高城町…

仙台家族旅行 ― 仙台駅 ―

目次 1.仙台駅へ 2.仙台駅の歴史 3.仙台車両センター 1.仙台駅へ 仙台二日目。この日は電車に乗って移動。 ホテルから歩いて仙台駅へと向かう。 大きな駅舎を斜めから撮影。 駅前はバスなどの乗入が多く、高架広場になっている。 ペデストリアンデッキと呼ば…

仙台家族旅行 ― 名取駅 ―

目次 1.名取駅 2.名取駅の歴史 3.マンホールカード 1.名取駅 仙台空港から一路仙台駅へ。 と、その前に名取駅で途中下車。 仙台空港線とJR東北本線の分岐駅である。 もっとも、空港線はJR路線に乗入れを行い仙台駅間と直通運転なので乗換の必要はない。 …

仙台家族旅行 ― 仙台空港 ―

目次 1.仙台空港へ。 2.仙台空港駅 1.仙台空港へ。 2020年9月。GoToトラベルが始まり、コロナもやや落ち着いて旅行も大丈夫だろうとすっかり油断していたわが家族。 子供が熱望していたアンパンマンミュージアムのある仙台に行くことに決定。 朝一の飛行…

夏の小樽 ― 南小樽駅 ―

目次 1.南小樽駅 2.南小樽駅の歴史 1.南小樽駅 小樽運河に沿って歩き続ける。そのまま観光地のメインストリートである堺町通も通り抜けて南小樽駅に到着。今日はここでおしまい。電車に乗って札幌へ帰る。 市の中心である小樽駅と市内最大の商業施設ウイング…

道北をいっぱい巡った。 ― 稚内副港市場 ―

目次 1.稚内副港市場 2.ギャラリー 3.樺太の鉄道 1.稚内副港市場 さて、次の目的地は稚内副港市場という商業施設。 かつての第一副港に土産物・食事処・入浴施設・港ギャラリー・FMわっかないなどが入居し観光拠点とすべく設置された。しかし来場者減少に…

道北をいっぱい巡った。 ― 稚内駅 ―

目次 1..ホテル美雪 2.稚内駅 3.稚内駅の歴史 4.宗谷本線の旅を終えて 1..ホテル美雪 南稚内駅を出て北へと進む。 宗谷本線の駅を巡ってきたがついに最後の駅は目前。 時間も夕刻が近くなってきたので、まずは荷物を置きにホテルへチェックイン。 稚内駅すぐ…

道北をいっぱい巡った。 ― 南稚内駅 ―

目次 1.南稚内駅 2.南稚内駅の歴史 1.南稚内駅 道道106号線を走っていよいよ稚内市街地に入る。 程なくして国道40号線に交差して左に曲がる。 そこからはすぐに南稚内駅前に到着だ。 駅の周りは飲食店が並び、稚内市の繁華街といえるエリアになっている。 平…

道北をいっぱい巡った。 ― 抜海駅 ―

目次 1.抜海駅(ばっかいえき) 2.抜海駅の歴史。 1.抜海駅(ばっかいえき) 道道510号線を北上し、次の抜海駅に到着。 駅前は建物が数軒。さらに周囲には牧場が点在している。また、少し東に行くと漁港がメインの抜海集落がある。冬にはアザラシの群れがや…

道北をいっぱい巡った。 ― 勇知駅 ―

目次 1.勇知駅 2.勇知駅の歴史 3.簡易軌道勇知線 1.勇知駅 兜沼駅から道道616号、そして道道510号線を北上。 ついに稚内市に入る。 この辺りに来ると広い平原ではなく、どちらかというと丘陵地帯になってくる。 最初の集落、上勇知にある勇知駅に到着。 ここ…

道北をいっぱい巡った。 ― 兜沼駅 ―

目次 1.芦川駅跡 2.兜沼駅 3.兜沼駅と近隣の歴史 1.芦川駅跡 徳満駅から再び国道40号線を進む。 途中に廃駅となった芦川駅があったが、気づかずにスルー。 ストリートビューで見ると駅前広場だった場所に何か資材が置いてあった。 一般人は立入しない方がい…

道北をいっぱい巡った。 ― 徳満駅 ―

目次 1.徳満駅 2.徳満駅と近隣の歴史 1.徳満駅 豊富町中心部を抜けて国道40号線を北上。 酪農地帯の隙間を通るような道を進んでいくと、徳満駅に到着。 駅の周囲は民家が点在し、国道沿いの駅前らしい風景が微かに残っている。 待合室は簡易な造り。木製看板…

道北をいっぱい巡った。 ― 豊富駅 ― 

目次 1.豊富駅 2.豊富駅と近隣の歴史 3.救援車 1.豊富駅 下沼駅から山裾をかすめる国道40号線を通って北上。 一山越えると豊富町に入る。 市街地に入り、駅前通りを通って豊富駅に到着。 町の代表駅。無人駅ではあるが、喫茶店や観光案内所など併設の施設が…

道北をいっぱい巡った。 ― 下沼駅 ―

目次 1.南下沼駅跡 2.下沼駅 3.下沼駅と近隣の歴史 1.南下沼駅跡 幌延町の市街地を出て、宗谷本線に沿って車を走らせる。 やがて国道40号線と交差するが、この付近にあったのが南下沼駅。 今はもう何の跡形もなく林になっている。 例によって全く気付くこと…

道北をいっぱい巡った。 ― 幌延駅 ―

目次 1.幌延駅 2.北の大地の入場券 3.幌延駅と近隣の歴史 1.幌延駅 上幌延駅に別れを告げて、北上。 車を走らせると程なくして幌延町の中心部に入る。 駅は町の南側にあり、駅を基点に街が形成されてきたような造りに見える。 駅舎を眺める。 横長の駅舎。 …

道北をいっぱい巡った。 ― 上幌延駅 ―

目次 1.上幌延駅 2.上幌延駅と近隣の歴史 1.上幌延駅 道道256線を北上するとやがて道道645号線と交差する。 このすぐそばにあるのが上幌延駅。 道道がすぐそばにあるので、あまり秘境駅という気はしないが、集落と呼べるほどのものはない。 この駅も腐食がひ…

道北をいっぱい巡った。 ― 南幌延駅 ―

目次 1.南幌延駅 2.南幌延駅と近隣の歴史 1.南幌延駅 安牛駅から次の南幌延駅までは車ですぐ。 道道256号線沿いにある駅だ。 グーグルマップの位置は少しずれていて、もう少し北側の交差点付近が正しい位置。 ホームは板張り。 周囲には牧草地が広がる。 ホ…

道北をいっぱい巡った。 ― 安牛駅 ―

目次 1.安牛駅 2.安牛駅と近隣の歴史 1.安牛駅 雄信内駅から道道256号線を通って北上。 次の目的地安牛駅に到着。 周囲は牧草地、あるいは離農地で民家はほとんどない。 宗谷本線の各駅の中でも屈指のインパクトを持つ駅。 塗装の剥がれ具合が凄くて、初見で…

道北をいっぱい巡った。 ― 雄信内駅 ―

目次 1.上雄信内駅(かみおのっぷないえき)跡と近隣の歴史 2.雄信内駅(おのっぷないえき) 3.雄信内駅と近隣の歴史 1.上雄信内駅(かみおのっぷないえき)跡と近隣の歴史 糠南駅から再び問寒別市街、そして国道40号線へと戻って次の駅を目指す。 この辺り…

道北をいっぱい巡った。 ― 糠南駅 ―

目次 1.糠南駅(ぬかなんえき) 2.糠南駅の歴史 1.糠南駅(ぬかなんえき) 問寒別駅を出て、来た道を戻る。 国道40号へ戻る道をいったん通過。 集落を越えて短い山道を抜けると牧草地が広がっている。 歪な形の十字路で左折して少し進むと糠南駅に到着だ。 …

道北をいっぱい巡った。 ― 問寒別駅 ―

目次 1.問寒別駅(といかんべつえき) 2.問寒別駅と近隣の歴史 3.幌延町営軌道 1.問寒別駅(といかんべつえき) 歌内駅からは久しぶりに国道40号線まで戻って先へと進む。 この辺りからは広々とした牧草地帯となる。 牧草ロールがあちらこちらに。 コクネッ…

道北をいっぱい巡った。 ― 歌内駅 ―

目次 1.下中川駅 2.歌内駅 3.歌内駅と近隣の歴史 1.下中川駅 道道541号線を北へ進む。 あっという間に市街地から農耕地の広がる風景に変わった。 途中で下中川駅跡を通るが、痕跡は何もない。気づくこともなく通過。 下中川駅は1955年仮乗降場として開業。 1…

道北をいっぱい巡った。 ― 天塩中川駅 ―

目次 1.琴平駅跡 2.天塩中川駅 3.天塩中川駅と近隣の歴史 1.琴平駅跡 佐久駅から宗谷本線と並行して北へ向かう道道541号線を走る。 少し進むと音威子府バイパスという新しい道路の建設現場を通り過ぎる。 実はそのあたりが廃止となった琴平駅のあった場所だ…

道北をいっぱい巡った。 ― 佐久駅 ―

目次 1.神路駅跡 2.佐久駅 3.佐久駅と近隣の歴史 1.神路駅跡 筬島地区から国道40号線に戻って蛇行する天塩川の渓谷を眺めながら車を走らせる。 この辺り、特に紅葉の時期などは宗谷本線車窓の目玉だそうだ。 そうこうしているうちに中川町に入る。 次の目的…

道北をいっぱい巡った。 ― 筬島駅 ―

目次 1.筬島駅(おさしまえき) 2.筬島駅と近隣の歴史 1.筬島駅(おさしまえき) 道の駅おといねっぷを出て国道40号線を進む。 ちょうどこの辺りが国道275号線との分岐点。旭川からほぼ北上を続けてきたが、天塩川の蛇行部分と共にいったん進路が西に変わる…

道北をいっぱい巡った。 ― 音威子府駅 ―

目次 1.音威子府駅(おといねっぷえき) 2.北の大地の入場券 3.音威子府駅と近隣の歴史 1.音威子府駅(おといねっぷえき) 咲来駅からまたまた国道40号線に戻り、天塩川そして宗谷本線と一緒に北へ進む。 森の中を抜けると音威子府村の市街地に到着。 国道か…