美唄で炭鉱の名残を周る ― 美唄鉄道跡地を周る ―

アルテピアッツア美唄を出て、道道135号線を富良野方面へ向かう。 あと1~2年ほどでこの道も開通し富良野に達する予定。 以前に訪れた時は途中から砂利道の寂しい道だったが、今日は工事をしていて車も多いだろう。 というわけでまずはかつてこの道と並行し…

美唄で炭鉱の名残を周る ― アルテピアッツア美唄 ―

某月某日。 天気は今一つだがドライブに出かける。 今日は美唄市で炭鉱にまつわるスポットを周ってみる予定。 まずは以前にも訪れたことのあるアルテピアッツア美唄。 美唄市出身の彫刻家である安田侃の作品が展示されている美術館・公園だ。 この辺りも炭鉱…

南区史跡サイクリング ― 下藤野停留所跡 ―

定山渓鉄道の廃線跡シリーズ。 藤野にあった停留所の中では最南端となる下藤野停留所跡にやって来た。 1948年に営業開始、1969年に定山渓鉄道廃線に伴い廃駅となった。 住宅街の一角に建てられた標柱。 この停留所も定山渓鉄道の晩年になってから造られたも…

南区史跡サイクリング ― 十五島公園停留所跡 ―

引き続き南へ向かって自転車を進める。 次にやって来たのは十五島公園停留所跡。 1959年営業開始、1969年廃線に伴い廃駅となった。 わずか10年ほどの歴史であった。 停留所という名の通り、あまり大きい駅ではなく貨物の取り扱いなどもなかったようだ。 グー…

南区史跡サイクリング ― 藤の沢駅跡 ―

石山通りに出て、南へ向かって坂道を登る。 次も条前景鉄道の駅跡、藤の沢駅の跡に造られた藤野東公園だ。 この石も札幌軟石? 公園の入り口には火の見櫓跡地の標が建てられていた。 火事のみならず空襲でも使われていたそう。 わざわざ跡地に木柱まで立てて…

南区史跡サイクリング ― 旧石切山駅 ―

真駒内地区から石山地区へ進路を変える。 この辺りはその名の通りかつて石材の切出が多かったところ。 今も残る採石場は一つだけだが、石山緑地という公園が採石場の跡地に造られ、採石により切り立った岩肌とアートが並ぶ不思議な空間になっている。 ここで…

南区史跡サイクリング ― エドウィン・ダン記念館と先人カード ―

藻岩発電所からさらに南下。 豊平川を渡って国道453号線を進む。 次の目的地はエドウィン・ダン記念館。 公園の一角に設けられている記念館。 エドウィン・ダンは明治期の北海道の開拓に功績があったお雇い外国人。 建物は真駒内種畜産場事務所を移築したも…

南区史跡サイクリング ― 藻岩発電所 ―

某月某日。 天気は曇りで涼し気。 運動不足なので自転車に乗って出かける。 前回豊平川を下ったので、今回は上流方面。 川沿いではなく国道230号線に沿って南下。 まず訪れたのは藻岩発電所。 ここは現役の北電の施設で、市街地に最も近い発電所。 戦前の193…

地球絶景紀行 ― マウイ島 ―

今日は2012年7月6日放送の地球絶景紀行で紹介されたアメリカはハワイ州のマウイ島について調べてみた。 wikipedia:マウイ島 かつてはラハイナを基地とした捕鯨や、サトウキビ栽培などが盛んであった。 現在は観光業が主要産業。ラハイナも古いハワイの街並み…

ゆにガーデン ― 14ヘクタール ―

さて、いよいよ庭園へ。 広さは約14.2ヘクタール。12のテーマガーデンを持つ国内最大級の広さを誇るそうだ。 園内には巡回バスもあり、小さな子供や歩くのが負担な人もゆっくり楽しめる。 まずは建物正面にいきなり広大な芝生。リナリアやコキアは小さな道が…

ゆにガーデン ― レストランチャイブ ―

某月某日。 天気はまあまあ。暑くもなく寒くもない散歩日和。 ってことで家族で出かけた先は由仁町にあるゆにガーデン。 2001年(平成13年)にオープン。 現在は東武グループの傘下である。 英国風のガーデンでサクラ、リナリア、ユリ、アジサイ、コスモスな…

小樽の端っこ周遊 ― 斜路式ケーソン製作ヤード ―

前回に引き続き、みなとの資料コーナーを見学中。 kamonji224.hatenablog.com こちらは今いる建物のすぐ横にあったケーソン製作ヤードの写真。 2台の巨大なクレーンがシンボルだった。 残念ながら老朽化のため2016年にクレーンは撤去された。 ケーソンの大型…

小樽の端っこ周遊 ― 先人カードとみなとの資料コーナー ―

昼飯を食べて、帰路に着く。 国道5号線を東へ向かい、市街地からは臨港線へ。 最後に寄り道するのは小樽港湾事務所の中にあるみなとの資料コーナーだ。 平日のみの開館ということでなかなか行く機会に恵まれなかったが、今回やっと達成。 以前は土木遺産カー…

小樽の端っこ周遊 ― ドライブイン丸福 ―

蘭島駅を満喫してそろそろ昼飯の時間。 ちょいと小樽をはみ出して隣町の余市町へ向かう。 道の駅でかけ橋カードをもらおうとも思ったが、この日は月曜日でカードを配布している売店は定休日だった。 余市町に入ってすぐの海沿いにあるドライブンイン丸福とい…

小樽の端っこ周遊 ― 蘭島駅 ―

塩谷駅から国道に出て海沿いの道を走る。 長いトンネルを抜けて忍路半島の付け根を越えると小樽の西端、蘭島町だ。 国道から左手に入るとすぐに蘭島駅が見える。 1902年開業の駅。 1980年代から90年代にかけて近隣の海水浴場への旅客が非常に多く、臨時快速…

小樽の端っこ周遊 ― 塩谷駅 ―

奥沢水源地から市街地を通らず、山裾に沿って走る道を西へと向かう。 山間の畑が点在する地域にぽつんとあるのが函館本線の塩谷駅。 1903年に開業。 1912年現在の北海道ガスの工場が駅近隣に建設され、専用線が設けられた。 2005年、工場もなくなる。 1970年…

小樽の端っこ周遊 ― 奥沢水源地 ―

某月某日 この日は一人で小樽方面へドライブ。 最初に向かったのはかま栄のテレビCMに起用されている奥沢水源地の階段式溢流路。 市街地に入って山側へひたすら上るとかつての奥沢ダム某月某日 この日は一人で小樽方面へドライブ。 最初に向かったのはかま…

豊平川サイクリング ― 橋を眺める ―

某月某日。 やたらと早く目が覚めたので豊平川をサイクリングしてみることに。 既に日は登っている。幌平橋から下流を眺めてみる。 アーチが特徴的な幌平橋。 徒歩で登ることも可能だ。 現在の橋は1995年に完成。最初に架けられたのは1927年の木橋。 少し下…

世界ふれあい街歩き ― レイキャビク ―

今日は2008年8月7日放送の世界ふれあい街歩きで紹介されたアイスランドの首都レイキャビクについて調べてみた。 wikipedia:レイキャビク アイスランドは人口30万人の小国でそのうちレイキャビク市内には約10万人、首都圏で見ると20万人以上が居住している。 …

ヒューゴー賞読もうぜ ― 第16回~第20回 ―

久しぶりにSF小説のMVPであるヒューゴー賞受賞作紹介。 1970年 第16回受賞 アーシュラ・K・ル=グウィン著 「闇の左手」 ☆☆☆☆ 闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252)) 作者:アーシュラ・K・ル・グィン 発売日: 1978/09/01 メディア: 文庫 宇宙連合からかつ…

石狩市 ― 札幌のベッドタウンから秘岬まで ―

今日は石狩市について調べてみた。 wikipedia:石狩市 人口は約5万8千人。 海岸線に沿って南北に長い市域を持つ。 鉄道の駅は存在しない。 かつて軽川駅(現在の手稲駅)から馬車鉄道が通っていたことがあったが、1940年に廃止。1995年に地下鉄やJR延伸の試…

空から日本を見てみよう ― 大分市~津久見市 ―

今日は2015年3月17日放送の空から日本を見てみようで紹介された大分県の大分市~津久見市について調べてみた。 まずは県庁所在地である大分市 wikipedia:大分市 人口約48万人。 大野川、大分川と別府湾に囲まれた三角州部分及び周辺の丘陵からなる。 古代よ…

石狩で砂遊び ― あそびーち石狩 ―

某月某日、天気が良いので家族で出かける。 どこか公園へ行きたいところだが、まだ閉鎖中だったり遊具は使用禁止などもあるので砂浜へ行って砂遊びでもすることに。 向かったのは札幌近郊でも有数の海水浴スポット、石狩市のあそびーち。 海水浴シーズンはま…

空知水辺巡り ― 滝川ふれ愛の里 ―

新十津川町から東に向かい石狩川を渡って隣の滝川市に入る。 この日最後の目的地、滝川ふれ愛の里へやって来た。 石狩川の河跡湖であるラウネ川沿いに建てられた温泉施設。 宿泊やキャンプも可能な滝川のレジャー施設である。 今回訪れたのはこれが目的。 お…

空知水辺巡り ― 新十津川ダム ―

道道28号線をひたすら北へ向かうと国道451号線に突き当たる。 ここで右手に曲がって新十津川町の市街地方面へ進んでいく。 やがて徳富ダムの入り口が見えるがここはちょっと距離があるので通過。 もう少し進むと新十津川ダムへと続く道が現れるので左折。 こ…

空知水辺巡り ― 青山ダム再訪 ―

某月某日、この日はまあまあ天気が良い。 この時期は雪解け水でダムがタプタプに水を蓄えている。 特に農業用水のダムは必要な時期しか水をためていないので放流を見ることができる期間はかなり限られる。 というわけで、さっそく出発。 まずは前回放流まで…

空知無人駅巡り番外編 ― 夕張鉄道晩翠駅跡 ― 

栗丘駅から室蘭本線を離れ夕張川を見ながら南幌町へ向かう。 かつて野幌駅から栗山駅を通って夕張市の鹿ノ谷駅につながっていた夕張鉄道の晩翠駅(ばんすいえき)跡を調査。 鉄道はなくなったが、その後にきらら街道という道路が整備されている。 晩翠駅は南…

空知無人駅巡り ― 栗丘駅 ―

栗沢駅から再び国道234号線に出て南に向かう。 道道340号線を右折して踏切手前の細い道に入ると栗丘駅に到着。 1943年信号場として設置。終戦後付近住民の陳情により一般駅となる。 国土地理院地図の1970年代後半航空写真。 周囲はあまり変わらないかもしれ…

空知無人駅巡り ― 栗沢駅 ―

志文駅を出て一旦国道234号線へ。 南に下って旧栗沢町の中心部の辺りで西側に曲がる。 続いての駅は栗沢駅。 1894年開業、当時の名は清真布駅。 1949年に駅名を改称、1982年に無人化。 国土地理院地図の1970年代後半航空写真。 大きくは変わっていないが、現…

空知無人駅巡り ― 志文駅 ―

道道38号線をずーっと西へ走る。 道道30号線とぶつかったところで左へ曲がり岩見沢市外へ続く道だが、 グリーンランド遊園地近くで脇道にそれ、再び無人駅へ。 次にやって来たのは室蘭本線の志文駅 1902年に貨物駅として開業。 後に万字線の分岐駅として活躍…