札沼線廃止区間の帰り道 ― 尾白利加ダム ―

北竜町から国道275号線を札幌へ戻る。 途中でちょっと寄り道。 雨竜町に入って道道432号線を西へと突き進む。 田園地帯から山間部に入って雨竜沼湿原方面へ向かって区途中で今回の目的地に到着。 尾白利加ダム。(おしらりかダム) 1966年竣工の農業用ダムだ…

札沼線廃止区間を行く ― 碧水駅 ―

札沼線跡巡りも愈々大詰め。 道の駅から北へ向かうと碧水(へきすい)という小さな集落に到着。 ここに碧水駅があったのだ。 駅跡の敷地はクボタの営業所となっている。 1931年一般駅として開業。 1972年廃線に伴い廃駅。 駅跡は物置となっている。 当時のも…

札沼線廃止区間を行く ― 中ノ岱駅 ―

国道275号線を北へ、北竜町の市街地を抜けて田園地帯に入ると、やがて道の駅に到着する。 中ノ岱駅は道の駅の反対側にあった。 1956年に旅客のみ取扱駅として開業、1972年には廃駅となった。 駅跡の痕跡はなく、水田が広がっている。 温泉や野菜の直売所が併…

札沼線廃止区間を行く ― 和駅 ―

田園地帯の続く国道275号線を北へ北へ。 やがて北竜町に入って最初の市街地は和(やわら)という集落。 国道から右に曲がると札沼線の和駅跡である。 和駅は1931年開業の一般駅。 1972年廃駅、列車交換も行われていた駅だったようだ。 駅舎は縫製工場になっ…

札沼線廃止区間を行く ― 石狩追分駅 ―

国道275号線に戻り、北へ進む。 田園地帯の中に小さな市街地。 妹背牛町・深川市方面への分かれ道がある石狩追分という集落だ。 ここに石狩追分という駅があった。 1931年開業の一般駅。 1972年、廃線とともに廃駅となった。 やや字が薄れかかっているが、こ…

札沼線廃止区間を行く ― 雨竜駅 ―

国道275号川を北へ、尾白利加川を越えると雨竜町に入る。 田園地帯の中心にある小さな市街地に入って、国道275号を左に折れるとすぐに雨竜駅跡だ。 1931年に一般駅として開業。 1972年、廃駅。 T字路の突き当り、原っぱに小さな石碑が建っている。 電柱のそ…

札沼線廃止予定区間を行く ― 下徳富駅他 ―

札沼線廃止予定区間の駅巡礼もいよいよ大詰め。 国道275号線に並行して走る直線を北に向かうと、下徳富駅に到着する。 田園地帯にある花月という風流な名の集落に近い。 久しぶりに駅舎のある駅。 手前の大きな木が駅に重厚感を増している。 1934年に開業し…

札沼線廃止予定区間を行く ― 南下徳富駅 ―

於札内駅から次の南下徳富駅(みなみしもとっぷえき)に向かう。 途中で浦臼町から新十津川町にIN。 1956年に開業、当初より旅客のみの取扱い駅。 この駅も国道275号から少し離れた田園の中にある長閑な駅。 駅ではあるが、駅舎はおろか待合室もない。 かつ…

札沼線廃止予定区間を行く ― 於札内駅 ―

鶴沼駅から再び国道275号線に戻って、北へ。 鉄路は国道275号から一定の距離を保ち続けている。 次の於札内駅(おさつないえき)は田んぼの中、少しわかりにくい位置にある。 脇道から未舗装の脇道に入る。 通って良い道なのか迷うところだが、この道を通ら…

札沼線廃止予定区間を行く ― 鶴沼駅 ―

浦臼町の市街地を抜けて、さらに道の駅も通り越して完全に田園地帯へ。 畦道を左折すると、鶴沼駅に到着。 開業は1956年、当初より旅客のみ取扱い。 プレハブの待合室。 駅の業務を行う場所はないので駅舎ではないらしい。 周辺には町営住宅、郵便局に道の駅…

札沼線廃止予定区間を行く ― 札的駅 ―

晩生内駅から国道275号線を北へ。 同じく田園地帯の中に次の札的駅(さってきえき)が待っている。 この駅は戦後の1960年に開業、当初より旅客のみの取り扱い駅だった。 国道275号から左に曲がったところにある踏切が出入口。 まずは古ぼけたモルタルの待…

札沼線廃止予定区間を行く ― 晩生内駅 ―

札比内駅から北へ向かうと月形町から浦臼町にIN 最初の駅は道内有数の難読名、晩生内駅(おそきないえき)だ。 国道275号線からすぐだが、直接は入れない。 踏切を渡って、国道の反対側が駅の正面だ。 札比内駅とよく似た形の駅舎。 左右対称に近い、ここま…

札沼線廃止予定区間を行く ― 札比内駅 ―

豊ヶ岡駅から再び国道275号線に戻り、北へ。 郵便局もある小さな集落の中にある駅、札比内駅に到着。 これまた味わい深い木造駅舎。 唯一駅名標は新しそうだがそれさえもレトロ感がある。 札比内駅は1935年に貨物も取り扱う一般駅として開業した。 駅舎も開…

札沼線廃止予定区間を行く ― 豊ヶ岡駅 ―

知来乙駅から国道275号に戻って北上を続ける。 月形町の市街地付近にある石狩月形駅はスルーしてさらに先へ。 田畑と林が混じりあっているような辺りで左折。 小さな道を進み、さらに脇道へ。 車はこの辺りに停めて、ここからは徒歩。 森の中に小さく見える…

札沼線廃止予定区間を行く ― 知来乙駅 ―

国道275号は月ヶ岡駅付近から東へ方向を変える。 程なくして道道11号との交差点。 ここで左折して国道から少し離れたところが、次の目的地の知来乙(ちらいおつ)駅。 この駅も戦後の1958年に開業。 当初より旅客扱いのみであった。 木造の待合室が設置され…

札沼線廃止予定区間を行く ― 月ヶ岡駅 ―

国道275号線を北上し月形町に入って最初の駅が月ヶ岡駅だ。 1958年、戦後になってから開業した駅である。 1993年、駅舎消失。 待合所としてログハウスが建設された。 駐車場には町のガイドマップ。 時刻表。石狩月形駅までは1日7往復程度。 待合所完成時の…

札沼線廃止予定区間を行く ― 中小屋駅 ―

本中小屋駅から国道275号線を北へ。 次は中小屋駅。 中小屋という地名はの由来は、当別と月形の中間にあり、茶屋あるいは囚人を収容する小屋があったことからという諸説がある。 ここも貨車駅。貨車駅3兄弟のトリを飾る。 かつての駅舎の基礎が残る。 いず…

札沼線廃止予定区間を行く ― 本中小屋駅 ―

国道275号線に戻って北上。 次の駅は本中小屋駅(もとなかごやえき) 当別町と月形町の中間にあるこの地区は中小屋と名づけられ、そのうち地区の中央部に位置するこの駅が本中小屋駅となったそうだ。 こちらも石狩金沢駅と同じく貨車駅。 駅名標が如何してか…

札沼線廃止予定区間を行く ― 石狩金沢駅 ―

JR北海道屈指の赤字路線であった札沼線の非電化区間。 2020年の5月7日を持って廃止が決定してしまった。 冬に一度乗ってみたことはあるが、沿線の風景などはやはり雪のない季節でないとわからない。 しかし、全ての駅舎を訪ねるにはもはや車でないと不可能に…

旭川サイクリング ― 旭川市博物館 ―

道の駅のすぐ向かい、道北アークス大雪アリーナと並んで立っているのは旭川市博物館だ。 今回の行程の締めくくりに涼しい博物館を見学することにした。 立派な建物である。 クリスタルのモニュメント。 入場料を払ってスタート地点。 アイヌ民族の住居だ。 …

旭川サイクリング ― 道の駅あさひかわ ―

新旭川駅から再び自転車を走らせる。 帰りの電車にはまだ時間があるので、旭川駅を通り過ぎ忠別川も越えて道の駅に到着。 まずは売店でお土産と一緒にかけ橋カードを手に入れる。 冬の装いの旭橋。なかなかセンスの良い写真だ。 現役の国道橋としては道内最…

旭川サイクリング ― 新旭川駅 ―

お腹を満たし、再び自転車へ。 南へ向かう。 旭川市内は基本的に平らで走りやすい。 再び石狩川を渡る。 カワセミについて。 恵庭市もカワセミを市の鳥と定めていた。 綺麗な川の象徴のような鳥なのだろう。 橋の向こうは製紙工場が多い、その名もパルプ町。…

旭川サイクリング ― カルダモンでカレー ―

春光台公園から再び市街地に戻る。 途中道に迷いつつ、お腹が減ったので食事を。 ふらっと入ってみたのはこちら。 カレーとパスタのお店。 ちょっと時間が早かったのでお店はまだ空いていた。 カレーが良いか、パスタが良いか・・・ 迷ったが米を食べたくな…

旭川サイクリング ― 春光台公園 ―

北鎮記念館から自衛隊の駐屯地をぐるりと回って、道道72号線を北へ進む。 途中からなかなかの坂道。 次の目的地である春光台公園はその名の通り、高台にある公園なのだ。 キャンプ場の受付に向かい、土木遺産カードを頂く。 第七師団の敷地内に造られた軍用…

旭川サイクリング ― 北鎮記念館 ―

旭橋を渡って来たに少し進むと国道40号線は右に折れる。 自分もそのまま国道40号線を走って次の目的地へ。 屯田兵・旧陸軍第七師団・陸上自衛隊第二師団に関する資料を展示している北鎮記念館。自衛隊の敷地内にあり、入館料は無料だ。 写真には写っていない…

旭川サイクリング ― 旭橋 ―

常磐公園の北側は石狩川の土手に面し、そこから旭橋が見える。 石狩川と牛朱別川に合流する箇所に架かる橋。 下流には新橋。 旭川は川の多い町で、当然橋の数も多い。 沓座とは調べてみたが、専門用語が難しい。 この案内板に書いてある以上のことはわからず…

旭川サイクリング ― 常磐公園 ―

旭川駅で自転車を借りて、北へ進む。 買物公園を通るが、まだ朝早く店は開いていない。 散歩する人に出くわすだけだ。 ここは日本初の恒久的歩行者天国として整備された、50年近い歴史を持つ。 今回は残念ながら素通りだったが、次の機会を楽しみに待って居…

旭川サイクリング ― まずは旭川駅 ―

某月某日。 今日は単独行動の日。 色々考えた結果、旭川市内をぐるぐる回ってみようという結論に達す。 この日は車が使えないのでわざわざ電車で行く。 午前6時ちょうどの札幌発旭川行き普通列車に乗車する。 切符販売機では購入できないので、みどりの窓口…

とんでん ― 七味うどん ―

砂川を満喫し、国道12号線を通って札幌へ帰る。 途中で夕食の時間になったので、寄り道して外食だ。 設立は1969年。 本社は埼玉、本店は北海道である。 北海道発の和食チェーン店として屯田兵から名を取った。 日帰り温浴施設の月寒温泉も運営している。 あ…

砂川市マンホールカード ― シンボルは公園 ―

こどもの国を出て、帰路に着く。 途中でちょっと寄り道。 砂川市はマンホールカードの配布自治体になっているのだ。 配布場所は市役所。 土日祝日は守衛室で配布されている。 ハイウェイオアシスやこどもの国の各施設が描かれている。 アメニティタウンとは …