苫小牧でサイクリング ― かねこ屋 ―

苫小牧サイクリングは沼ノ端駅を鑑賞した後、苫小牧駅へ戻って完結。 ちょっと書き忘れていたのが昼飯のこと。 美術博物館から勇払方面へ向かってチャリを飛ばしていたところで空腹を感じる。 国道235号線は飲食店がいくつもあるが、せっかくなので札幌で見…

苫小牧でサイクリング ― 沼ノ端駅 ―

目次 1.沼ノ端駅 2.沼ノ端駅と近隣の歴史 1.沼ノ端駅 勇払から一本道をひたすら走り、国道234号線まで戻ってきた。 そこから少し西へ進んで、沼ノ端駅に到着。 ここは近代的な橋上駅舎。シックな外壁だが、ガラス張りが大きくて明るい雰囲気。 でかい建物だ…

苫小牧でサイクリング ― 勇払の歴史 ―

目次 1.勇払会所と松浦武四郎の足跡 2.勇武津資料館と八王子千人同心 1.勇払会所と松浦武四郎の足跡 勇払駅からさらに南へ進む。 勇払市街地の中心部に入り、東へ進むと勇払川の河口に出る。 そこからほんの少し西にかつての会所跡があった。 松前藩によって…

苫小牧でサイクリング ― 勇払駅 ―

目次 1.勇払駅 2.勇払駅と近隣の歴史 1.勇払駅 日高本線に沿って工業地域を南東へ自転車で進む。 一直線の道だが、路側帯は狭く少し走りにくい。 自動車の通行量があまり多くなくて良かったが、線路の東側の道を走る方が良かったかもしれない。 やがて両脇は…

苫小牧でサイクリング ― 苫小牧港開発株式会社線 ―

目次 1.キラキラ公園 2.苫小牧貨物駅 3.苫小牧港開発株式会社線 1.キラキラ公園 出光カルチャーパークから鉄道と港に挟まれた道を東へ進む。 停泊する船がすぐそばで見えるキラキラ公園。 すぐそばに船。普段船を見る機会のない自分には楽しい。 対岸には石…

苫小牧でサイクリング ― 苫小牧市美術博物館 ―

目次 1.出光カルチャーパーク 2.苫小牧市美術博物館 3.先人カード 1.出光カルチャーパーク 次の目的地はネーミングライツによって出光カルチャーパークと名付けられた苫小牧市民公園。 元々は苫小牧工業高が建っていた場所。1980年代に校舎移転によって公園…

苫小牧サイクリング ― 糸井駅 ―

目次 1.青葉駅~糸井駅 2.糸井駅 1.青葉駅~糸井駅 青葉駅から線路に沿って西へ自転車を走らせる。 途中に川があって、車道は直進できず左折せざるを得ないが、人道橋が設置されていて自転車は渡ることができた。 この川、現在では苫小牧川となっているがか…

苫小牧サイクリング ― 青葉駅 ―

目次 1.苫小牧駅~青葉駅 2.青葉駅 1.苫小牧駅~青葉駅 某月某日、JRで苫小牧駅へ向かう。 駅すぐそばの観光協会で自転車を借りてサイクリングがこの日の目的。 天気は良いが、気温はさほど高くならず自転車で回るのに好適。 まずは室蘭本線に沿って南西へ走…

札幌史跡探訪 ― 石山緑地 ―

藻南公園から石山の市街地を走る。 石山東方面へ坂道を登っていくと、公園のようなスペースがある。 石山緑地と名付けられた、このスペース。 かつて札幌軟石として世に知られた溶結凝灰岩の採石場を再活用した場所なのだ。 明治の初め、北海道開拓初期から…

札幌史跡探訪 ― 札幌軟石ひろば ―

目次 1.藻南橋 2.札幌軟石ひろば 1.藻南橋 某月某日、自転車で南区をちらっと巡る。 豊平川沿いのサイクリングロードから真駒内公園を通ってさらに南へ。 藻南公園で東へ進路を変える。 藻南橋でちょっとストップして豊平川を望む。 木の茂る左岸に比べ、切…

世界ふれあい街歩き ― 台南 ―

目次 1.台南市の沿革 2.台南市の観光 1.台南市の沿革 今日は2009年4月30日放送の世界ふれあい街歩きで紹介された、台湾の台南市について調べてみた。wikipedia:台南市 台湾では最も早くから開けた町。 台湾が他の地域から注目されるようになったのは16世紀。…

鶴沼公園 ― キャンプ ―

目次 1.浦臼温泉 2.鶴沼公園 3.再び浦臼温泉 4.次の日 1.浦臼温泉 8月上旬、初の家族キャンプ。 場所は浦臼町の鶴沼公園。 札幌からあまり遠くなく、温泉が徒歩圏内で、オートキャンプ場の条件で予約できたのがここだった。 国道275号線を北上。当別町のアー…

札幌史跡探訪 ― 大学村の森 ―

目次 1.大学村の森 2.大学農場の歴史 1.大学村の森 麻生から創成川東側を南へ戻る。 最後に1か所寄り道 大学村の森。 かつて北大(札幌農学校)の第3農場があった地域。 官舎があったため、大学村という通称がついた。 昭和末期、札幌市の緑地として整備され…

札幌史跡探訪 ― 麻生 ―

目次 1.帝国製麻琴似製線工場跡 2.麻生の沿革 1.帝国製麻琴似製線工場跡 新琴似から少し東側へ向かって麻生地区に移動。 目的地はかつて工場があった場所。 ここにあったのは帝国製麻琴似製線工場。 その名残となっているのは、道路に不自然に生えている一本…

札幌史跡探訪 ― 新琴似屯田兵中隊本部 ―

目次 1.新琴似屯田兵中隊本部 2.新琴似神社 1.新琴似屯田兵中隊本部 新琴似駅からすぐ西側に、かつてこの地に入植した屯田兵中隊本部の建物が今も残っている。 中隊本部の建物は札幌市の有形文化財として保存されている。 屯田兵制度廃止後は地域の共有財産…

札幌史跡探訪 ― 新琴似駅 ―

目次 1.新琴似駅 2.新琴似駅の沿革 1.新琴似駅 新川駅から北へ進んで新琴似駅に到着。 新琴似駅も高架駅。東側には駅前広場があってタクシーも並んでいる。 駅前広場を囲む花壇のそばにはレンガのモニュメント。 由来の記されたプレートが埋め込まれている。…

札幌史跡探訪 ― 新川駅 ―

目次 1.新川駅 2.新川駅の沿革 3.新川地区の沿革 1.新川駅 北24条通りからJR学園都市線を目指して西へ進む。 新川駅に到着。 隣の八軒駅と似た構造で、駅前広場はなく2面2線の高架駅。 駅入口横は通り抜け可能な歩行者通路になっている。 ホームは壁に囲まれ…

札幌史跡探訪 ― 北大周辺 ―

目次 1.永倉新八来訪の地 2.札幌市電248号 3.札幌飛行場 1.永倉新八来訪の地 某月某日、自転車で札幌市北区方面を周ってみた。 札幌駅から北大に沿って北へ向かう。 最初に自転車を停めたのは北9条。 新選組二番隊組長だった永倉新八来訪の地の記念パネルが…

家族旅行 ― ラベンダー畑駅 ―

目次 1.ラベンダー畑駅 2.ファーム富田 1.ラベンダー畑駅 富良野駅からノロッコ号に乗って北へ進む。 富良野駅の様子はこちら。 kamonji224.hatenablog.com 列車は美瑛駅まで走るが、我々は途中のラベンダー畑駅で降車。 6月~8月までのみ開業する臨時駅。 …

家族旅行 ― 新富良野プリンスホテル ―

目次 1.新富良野プリンスホテル 2.風のガーデン 3.ニングルテラス 1.新富良野プリンスホテル サイパルを出て宿泊先の富良野市へ向かう。 道中は次第に雨が激しくなり、どこにも寄らずホテルへ直行。 泊ったのは新富良野プリンスホテル 温泉に入って、夕食バ…

家族旅行 ― 旭川市宮前 ―

目次 1.神楽岡公園 2.上川神社 3.サイパル 1.神楽岡公園 7月三連休の某日、1泊2日の家族旅行へ。 まずは高速道路に乗って旭川へ向かう。 車に乗って固まった体をほぐすため、とりあえず公園へ。 忠別川のほとりにある神楽岡公園へ。 地図からわかる通り結…

放水路カード ― 望月寒川放水路カード ―

目次 1.北海道空知総合振興局 札幌建設管理部 2.望月寒川放水路カード 1.北海道空知総合振興局 札幌建設管理部 先日ツィッターで北海道のダム情報なぞを見ていたら、放水路カードなるものの配布が始まったとのこと。 配布場所は北海道空知総合振興局 札幌建…

余市でサイクリング ― 会津藩士の足跡 ―

目次 1.開村記念碑 2.会津藩士の墓 1.開村記念碑 余市サイクリングも終盤。 次に紹介するのは駅のそばにある開村記念碑 逆光で見えにくいが、大きな台座の上に開村記念碑と記された石碑が立っている。 これは現在の黒川町・山田町に会津藩士たちが入植して50…

余市でサイクリング ― よいち水産博物館 ―

目次 1.先人カード 2.よいち水産博物館 1.先人カード 福原漁場から市街へ向かって自転車を走らせる。 次の目的地は運上屋の裏手にあるよいち水産博物館。 まずは受付で先人カードを頂く。 アイヌ民族出身の歌人、違星北斗。 本名は瀧次郎。 父は漁業を営んで…

余市でサイクリング ― 旧余市福原漁場 ―

目次 1.旧余市福原漁場 2.主屋 3.文書庫 4.石倉 1.旧余市福原漁場 昼食を食べ、お腹を満たして再び出発。 余市駅方面へ戻りながら次の目的地へ。 浜中町にある旧余市福原漁場。 ニシン漁で賑わった北海道の日本海沿岸。 幕末から余市町に定住し、ニシン漁を…

菊鮨 ― ランチプレート ―

目次 1.店を探そう 2.菊鮨 1.店を探そう 下ヨイチ運上屋を出て海水浴場で遊ぶ人々を横目に国道へ戻る。 時間は午前11時半を回っている。 腹が 減った。 店を探そう。 国道を西へ進みヌッチ川を渡る。 この辺りは余市港もあり、もう一つの市街地である沢町・…

余市でサイクリング ― 下ヨイチ運上家 ―

目次 1.下ヨイチ運上家 2.奥座敷 3.ヨイチ場所の概要 1.下ヨイチ運上家 余市川を渡り、川沿いに細い道路を進む。 次の目的地は旧下ヨイチ運上家。 木造の大きくて立派な建物。 運上屋とは、江戸時代松前藩とアイヌの交易をおこなっていた地(「場所」と呼ば…

余市でサイクリング ― フゴッペ洞窟 ―

目次 1.フゴッペ洞窟 2.フゴッペ洞窟の展示 3.大川遺跡 1.フゴッペ洞窟 余市駅併設の観光物産館でレンタサイクルの申込をして自転車を1日借りた。 余市駅についてはこちら kamonji224.hatenablog.com 9時~17時で800円、それと返却時に帰ってくる保証金が100…

札幌市青少年科学館 ― まもなくリニューアルのため休館 ―

目次 1.札幌市青少年科学館 2.1階 3.2階 4.3階 1.札幌市青少年科学館 某月某日、家族で青少年科学館へ向かう。 リニューアルで8月後半よりしばらく休館になるとのことで、その前に行って見た。 開館は1981年。 1973年の新札幌駅開業を皮切りに開発が進められ…

札幌史跡探訪 ― 厚別駅 ―

目次 1.厚別駅 2.厚別駅と近隣の沿革 1.厚別駅 山本地区のメインストリートであった道を南へ進み、厚別駅に到着。 駅からまっすぐ北へ伸びる道だが、この道は古くからあった道ではない。 山本地区からまっすぐ伸びる道は駅から少し西側を通り線路を渡って白…