ヒューゴー賞読もうぜ ― 第11回~第15回 ―

冬が近づき、外出も少なくなってブログのネタも尽きました。 というわけで、久しぶりに本の紹介。 SF小説のMVPともいえるヒューゴー賞長編部門の受賞作について。 1965年 第11回受賞 フリッツ・ライバー著 「放浪惑星」☆☆☆ 放浪惑星 (創元SF文庫) 作者:…

厚田へドライブ ― 前浜 ―

道の駅で遊んだ後は昼ご飯。 建物内にも食事できる場所はいくつかあるのだが、 厚田の市街地方面へ行ってみることにした。 海のすぐそばにある食堂「前浜」へ入ることに決定。 店内は4人掛けの座敷が左右に2席ずつ。 その他テーブル席が数個あり、なかなか広…

厚田へドライブ ― 道の駅 ―

某月某日。 風が冷たいが天気は良い。 日本海を見ながら家族でドライブへ。 まだ行ったことがなかった道の駅へ行ってみた。 新函館北斗駅に似た色合い。 最近流行っている建築様式なのか? 2階は資料館になっている。 北前船のジオラマ。 1階売店横でマンホ…

円山動物園Ⅱ ― 猿山連合軍 ―

さて引き続き円山動物園について。 続いては猿山へ。 自由に遊べるような造りになっているが、基本猿たちは下でダラダラしてた。 昼休み? オランウータン。老婆のようだ。 こちらはハンモックでお休み中。 この猿は何だったかな・・キツネザルの仲間だった…

円山動物園 ― ゾウがやって来た ―

某月某日。 冬が一歩一歩近づく北海道の秋。 この日は円山動物園にやって来た。 近年施設のリニューアルが進んでいるということで 家族で(個人的には約30年ぶりに)行ってみた。 ライオン氏は昼寝。 ハイエナ氏も昼寝。 ほんとはこんな顔 シマウマなぜこん…

当別太美で遊ぶ ― 道の駅 ―

当別の道の駅に寄り道。 すでに夕刻。 飲食店はほぼ閉まっていたが、 ここに泊まる予定と思われるそれなりの数の車が駐車していた。 ちなみに我々が立ち寄ったのは、 マンホールカードをもらうためであった。 一人の武者が鬼気迫る顔で描かれている。 岩出藩…

当別太美で遊ぶ ― あいあい公園 ―

某月某日。 この日は午前中用を足して、天気が良いので午後からお出かけ。 当別町のあいあい公園という場所へやって来た。 市街地のそばだが、公園は畑に囲まれて広々とした場所にある。 バスケットゴールやパークゴルフ場に野球場もあってなかなか人が多い…

福龍 ― カルビ定食 ―

牧場で遊んだ後、昼の時間に。 いくつか周ってみたが定休日だったり激込みだったりで恵庭市内をぐるぐる。 ようやくたどり着いたのがこちら ラーメンと定食メニューが豊富な町の食堂。 歴史も古いらしく、恵庭市民には信頼が厚いようだ。 カウンター10席弱に…

むらかみ牧場 ― ミニ動物園 ―

某月某日。 この日も動物と遊べるところを探す。 今回は恵庭市のむらかみ牧場に決定。 かつてはタカトシ牧場というテレビ番組のロケ地になっていた。 この日は自転車ロードレースのゴールとなっていたらしく、サイクリングジャージを着た人がそこらじゅうに…

アースドリーム角山農場 ― ミニ動物園 ―

某月某日。 天気の良い休日。 こんな日は家族でどこかへ行こう。 娘は先日保育園の遠足で動物園へ行ったが、楽しかったけどウサギがいなかったのが残念だったとぼやいていた。 それではウサギがいそうな所へ行ってみよう。 とんでんファームが運営する体験牧…

金山PA ― かけ橋カード ―

この日は小樽方面に用を足しに行く。 途中で一つだけ寄り道。 国道5号線から山側へと坂を上って一般道から駐車場に入る。 このかけ橋カードを集めるようになってからSAやPAに一般道側駐車場があることを知った。 従業員や業者さんは当然一般道から入って…

国道234号線ドライブ ― 追分駅 ―

道の駅を出た後、近くにある追分駅も鑑賞することにした。 大きな駅ではないが、鉄道の地らしく、風格を感じる。 駅名の看板も一手間かけて目立つデザイン。 駅前にはD51465の動輪が展示されている。 焼失してしまったD51465の一部。 鉄道の地らしい愛にあ…

国道234号線ドライブ ― 鉄道資料館 ―

引き続き道の駅あびらD51ステーションについて。 道の駅の売店・レストランに併設した鉄道資料館について。 かつての追分駅の外観を模している。 内部にはD31520が展示されている。 SLが最後に走った地である追分にて国内屈指とも言われる保存状態で展示…

再び国道234号線ドライブ ― 道の駅あびらD51ステーション ―

川端ダムから再び国道234号線に戻る。 やって来たのはこちら。 2019年4月にオープンしたばかりの新しい道の駅。 向かって右側が道の駅のメイン施設。 かつて金麦のCMで一躍有名になった東追分駅のホーロー看板。 自動販売機にもSLの勇姿がペイントされて…

国道234→274号線ドライブ ― 川端ダム ―

三川駅を出た後、国道234号線からいったん離れ、国道274号線を東に進む。 次の目的地はここだ。 由仁町と栗山町にまたがる川端ダム。 国道から右折し石勝線を越えると管理事務所。 踏切には小さく「ダム通り」と書かれている。 早速事務所でダムカードをいた…

国道234号線ドライブ ― 三川駅 ―

国道234号線をまっすぐ南へ。 やがて三川地区の市街地に到着。 国道からやや西側に三川駅がある。 駅名は旧三河国出身の人々の入植・開拓からこの地に三川という名がついたことから。 川の字はあえて変えたようだ。 古山駅とそっくりの駅舎。 駅前広場はかな…

国道234号線ドライブ ― 古山駅 ―

国道234号線を南に進む。 由仁町の市街地に入るころJR室蘭本線と並走が始まり、 その先の農村地帯で次の寄り道。 古山駅(ふるさんえき)という珍しい読み方の駅。 アイヌ語の振寒川(ふるさむがわ)が由来。 国道234号線と道道1008号線の交差する、交通量…

国道234号線ドライブ ― 栗山土地改良区 ―

某月某日、まだまだ暑い日が続く。 この日は国道234号線周辺をドライブ。 晴天を満喫しながら車を走らせ、最初に立ち寄ったのはここ。 ここでは杵臼ダムのダムカードを配布している。 杵臼ダム、芝生が綺麗に整備されているアースダムだ。 表面にはEART…

家族旅行・函館 ― 道の駅ルスツ ―

国道230号線を札幌へ向かってどんどん進む。 最後の休憩は道の駅ルスツ。 レストランと農産物直売所が並んで立っている。 せっかくなので野菜を色々購入。 スーパーとはちょっと違って楽しい。 建物の裏はルスツふるさと公園という名の大き目の公園になって…

家族旅行・函館 ― サイロ展望台 ―

函館を抜けて高速道路でひとっ走り。 豊浦から下道に入り、国道230号線を北上。 途中のサイロ展望台で一休み。 洞爺湖を一望できるスポット。 団体バスも多く訪れる。まあこの景色なら当然だ。 kamonji224.hatenablog.com 前にも訪れたことがあるので、景色…

家族旅行・函館 ― 渡島総合振興局 ―

函館市役所に続いては渡島総合振興局へ向かった。 ここを訪れたのは、言わずもがなですがこれが目的。 そう、治山ダムカード。 それなりの水量がある川の写真が載っているカードは初めてかも。 写真からもわかるように川自体がなかなか大きいようだ。 写真の…

家族旅行・函館 ― 函館市役所 ―

函館最終日。 今日はほぼ札幌へ帰るだけだが、ちょっとだけ寄り道。 まずは函館市役所。 農林水産部を訪ねる。 目的はこちら。 函館港改良施設群の土木遺産カード。 現在の函館漁港に造られたコンクリートブロックの防波堤や乾ドック。 日本初の貿易港、その…

家族旅行・函館 ― 五稜郭 ―

函館山の次は夕刻の五稜郭公園。 言わずと知れた函館のシンボル。 幕府軍の最期をみとった城である。 最も、大政奉還後に一旦は平和裡に幕府から明治政府へ権限移譲されていた。 しかし榎本武揚や土方歳三の率いる旧幕軍が現在の森町に上陸。 その後、幾度か…

家族旅行・函館 ― 函館山 ―

四季の杜公園を出発し、向かったのは函館山。 夜間は車両通行禁止だが、昼間は曲がりくねった細い道を通って展望台の裏手まで来るまで登ることができる。 道路にあまり余裕はないので大きい車の人は避けた方が良いかもしれない。 七重浜・フェリーターミナル…

家族旅行・函館 ― 道南四季の杜公園 ―

ダムカードをもらった後、道南四季の杜公園でしばらく遊ぶ。 地図からもわかるようになかなか広い。 管理等の手前にはハーブガーデン。 管理等からは函館山も見える。 大きなコンビネーション遊具。 芝生の広場もかなり広い。 写真には写っていないが無料で…

家族旅行・函館 ― 新中野ダム ―

ダム公園を一巡りして先に進むと、さらにその奥には新中野ダムが見えてくる。 元々ここにあったのは1960年に完成した水道専用の中野ダム。 そこに治水機能を備え、嵩上げ工事を行い1984年に完成したのが新中野ダム。 ダム公園の端から見るとこんな感じ。 ど…

家族旅行・函館 ― ダム公園 ―

函館2日目。 朝食後、車に乗って市北部の郊外へ向かう。 目的地はこちら ダム公園 この存在を知ったのはブギウギ専務というテレビ番組のDVDを買って見た時。 https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B072L7B1WF/ref=dp_olp_all_mbc?ie=UTF8&condition=a…

家族旅行・函館 ― 北斗市観光交流センター ―

新函館北斗駅内を見た後は併設している北斗市観光交流センターに向かった。 北海道新幹線とトラピスト修道院が描かれたマンホールの蓋が展示されていた。 駅前の郵便局そばの交差点にはカラーマンホールが実際に設置されている。 写真に収め忘れたけどね。 …

家族旅行・函館 ― 新函館北斗駅 ―

大沼公園を出発してすぐに次の目的地。 新函館北斗駅に到着。 駅の南側に大きな無料駐車場があるのでここに車を停めて、歩いて向かう。 駅舎は観光交流センターなどを併せた複合施設。 わがまちご当地入場券を購入。 もちろん新幹線の車両を全面に。 駅スタ…

家族旅行・函館 ― 大沼公園 ―

大沼公園駅を鑑賞した後は、徒歩数分の大沼公園内を見て回ることにした。 正式名は大沼国定公園。 北海道駒ケ岳とその噴火活動でできた大沼・小沼・蓴菜(じゅんさい)沼などの湖沼からなっている。 大沼には大小100を超える島々があり、いくつかは歩いて渡…