マンホール

厚田へドライブ ― 道の駅 ―

某月某日。 風が冷たいが天気は良い。 日本海を見ながら家族でドライブへ。 まだ行ったことがなかった道の駅へ行ってみた。 新函館北斗駅に似た色合い。 最近流行っている建築様式なのか? 2階は資料館になっている。 北前船のジオラマ。 1階売店横でマンホ…

当別太美で遊ぶ ― 道の駅 ―

当別の道の駅に寄り道。 すでに夕刻。 飲食店はほぼ閉まっていたが、 ここに泊まる予定と思われるそれなりの数の車が駐車していた。 ちなみに我々が立ち寄ったのは、 マンホールカードをもらうためであった。 一人の武者が鬼気迫る顔で描かれている。 岩出藩…

国道234号線ドライブ ― 追分駅 ―

道の駅を出た後、近くにある追分駅も鑑賞することにした。 大きな駅ではないが、鉄道の地らしく、風格を感じる。 駅名の看板も一手間かけて目立つデザイン。 駅前にはD51465の動輪が展示されている。 焼失してしまったD51465の一部。 鉄道の地らしい愛にあ…

国道234号線ドライブ ― 鉄道資料館 ―

引き続き道の駅あびらD51ステーションについて。 道の駅の売店・レストランに併設した鉄道資料館について。 かつての追分駅の外観を模している。 内部にはD31520が展示されている。 SLが最後に走った地である追分にて国内屈指とも言われる保存状態で展示…

家族旅行・函館 ― 北斗市観光交流センター ―

新函館北斗駅内を見た後は併設している北斗市観光交流センターに向かった。 北海道新幹線とトラピスト修道院が描かれたマンホールの蓋が展示されていた。 駅前の郵便局そばの交差点にはカラーマンホールが実際に設置されている。 写真に収め忘れたけどね。 …

室蘭ひとまわりの帰り道 ― 登別市役所 ―

室蘭をぐるっとまわり、国道36号線で札幌へ帰る。 途中でちょっとだけ寄り道。 登別市役所で車を停める。 目的はこちら。 クマと鬼という登別を象徴する2大恐怖スターが仲良く温泉に入っている。 マンホールのデザインに作品名まであるのはなかなか珍しいか…

室蘭ひとまわり ― 旧室蘭駅舎 ―

道の駅から今度は室蘭市観光協会へ 観光協会は旧室蘭駅舎に入居している。 旧駅舎についてはこちら。 kamonji224.hatenablog.com ここでマンホールカードを頂く。 可愛らしいデザインの白鳥大橋。 裏面も白鳥大橋について。 人工物としては北海道最高のスポ…

砂川市マンホールカード ― シンボルは公園 ―

こどもの国を出て、帰路に着く。 途中でちょっと寄り道。 砂川市はマンホールカードの配布自治体になっているのだ。 配布場所は市役所。 土日祝日は守衛室で配布されている。 ハイウェイオアシスやこどもの国の各施設が描かれている。 アメニティタウンとは …

後志ぐるりと ― 岩内町マンホールカード ―

島牧村の江ノ島海岸で潮風に吹かれ、車に戻る。 そろそろ良い時間なので今日はこのへんで帰るとしよう。 国道229号線を北上し、島牧村、寿都町、蘭越町と次々に海岸線を通過、そして岩内町の道の駅で一休み。 ここでお土産と一緒にマンホールカードを取得。 …

小樽のコレクション ― マンホール勢揃い ―

小樽市水道局で土木遺産カードをいただき、次の目的地へ向かうことに。 ・・・あれ、その前に 来るときに気づかなかったけど 玄関への通路にこんなものが 小樽運河をモチーフにしたカラーマンホールのレプリカ?実物? マンホールカードや設置場所については…

函館へ行こう ― マンホールカード ―

続いてすぐそばにあるまちづくりセンターへ。 ここでマンホールカードを手にする。 やはりイカ。 潔いデザインである。 日本を代表する観光地・函館であるが、マンホールカードに限ってはすがすがしさを覚えるほどのイカ一点買いである。 近隣に実物もあるの…

北広島市のマンホールカード ― カラー以外も ―

恵庭のサッポロビール工場からの帰り道、北広島駅で途中下車。 目的はマンホールカード。 そしてカラーマンホールも駅前にあるということで、一石二鳥である。 カラーマンホールがあるのは東口側 お米の妖精まいピーちゃんである。 そして、近くには妖精が向…

小樽でコレクション ― マンホールカード ―

さて、小樽市でもマンホールカードの配布が始まった。 ということでさっそく頂戴しに伺う。 水道局で土日も配布中 やはり、シンボルの運河と立ち並ぶ石造の倉庫。 そしてガス灯。 かつては小樽のマンホールと言えば、小樽水族館のラッコであった。 しかし、…

奈井江町マンホールカード ― 町の歴史も共に ―

三笠市を巡った後、奈井江町へ向かう。 目的はマンホールカードである。 まずはカラーマンホールの実物確認から。 町役場駐車場の南出入口付近にあった。 川で泳ぐ魚と木のようだが、詳細はカードをゲットしてからのお楽しみ。 カードはないえ温泉で配布して…

東北旅行 ― 花巻のマンホール ―

御所ダムを見た後は花巻市に向かう。 まずは市役所へ行ってマンホールカードをゲット。 鮮やかさにはやや欠ける色合い。 絵柄は鹿踊りという民俗芸能と菊の花。 宮沢賢治押しで来るかと思ったが、予想と違って歴史ある名物をデザインしていた。 続いて実物を…

エブリ ― レンガとマンホールカード ―

10月の3連休はおとなしく過ごした。 もう寒いからねえ。 一日だけ家族で外出。 江別市野幌駅近くのEBRIという商業施設へ行った。 かつてはヒダ工場という窯業の会社だったレンガ造りの建物。 近代産業遺産にも登録されている。 今は市の所有する建物と…

胆振家族旅行 ― 苫小牧駅 ―

白老町の隣は苫小牧市。 苫小牧駅へ。 最初に駅の隣にある観光案内所へ。 建物の手前にカラーマンホールがある。 かわいらしいデザインのマンホール。 案内所にはカフェがあってそこでマンホールカードをもらえる。 苫小牧を代表するありとあらゆるものを組…

車中泊十勝巡りの旅 ― 芦別のマンホールカード ―

国道38号線を進むと芦別市の中心部に到着。 道の駅で軽く昼食をとり、中をぶらぶら。 ジャンボししとうを購入。おつとめ品でかなりお安かった。 ここでマンホールカードをいただく。 売店ではなく、入口近くに観光協会の方が座っていた。 星の降る里というこ…

恵庭駅 ― ご当地入場券とカラーマンホール ―

道の駅恵庭を出発して、今度はJR恵庭駅へ向かう。 近くには文教大学があって、住宅街と小さな商業地域が駅を囲んでいる。 まずはみどりの窓口でわがまちご当地入場券を購入する。 写真は北広島駅~島松駅間、すれ違い直後の様子である。 駅スタンプは恵庭…

道の駅恵庭 ― パンとマンホールカードと花 ―

北広島駅から国道36号線を通って、恵庭市の道の駅を目指す。 この日は大盛況で、車を停めることができない。 やむなく、向かいの公園の駐車場を拝借。こちらは余裕があった。 ここの道の駅にはパン屋が入っている。 レストランもあるのだが、今日は天気が良…

札幌市下水道科学館 ― マンホールカードゲット ―

いまいち天気の良くない休日。 こんな日は屋内で遊ぶことにしよう。 向かったのは札幌市下水道科学館 無料の公共施設で飲食店はないが、持ち込み可能。 ニュートンやナショナルジオグラフィックのバックナンバーも置いてあって図書館代わりにつかえるかもし…