元夕張線をまわる ― 夕張駅とわがまちご当地入場券 ―

ついに終点の夕張駅へ到達。

 

2度の移転を経て現在は3代目の駅舎である。

初代は炭鉱の積み出しのため、現在の石炭の歴史村付近に置かれていた。

その後、炭鉱の斜陽化と共に観光に重点を置いたことから市中心部である市役所付近へ移転。この時は貨車を連結させた駅舎であった。

さらに1990年ホテルマウントレースイの開業にあわせて2度目の移転。

現在の位置に定まった。

 

f:id:kamonji224:20180920221605j:plain

可愛らしい駅舎ではカフェと観光案内所が営業中

お昼時でなかなかの賑わいであった。

 

f:id:kamonji224:20180920221833j:plain

廃線後、設備はどれだけ残されるのだろうか。

駅舎とホームは残りそうな気がするのだが。

ホームでは観光客に何事か説明している女性が。観光案内所のスタッフだろうか。

 

f:id:kamonji224:20180920222053j:plain

ホテルマウントレースイのフロントでわがまちご当地入場券を購入。

夕張らしい山間を走る列車。

駅スタンプはメロンと立坑だろうか。

 

f:id:kamonji224:20180920222333j:plain

裏面は幸せの黄色いハンカチ広場

RESTARTという言葉が胸に詰まる。

元夕張線をまわる ― 鹿ノ谷駅 ―

清水沢駅から北へ、小さな峠を越えてまもなく鹿ノ谷駅に到着する。

 

 

f:id:kamonji224:20180918223742j:plain

道道からいくぶん東に入ったところにある。駅舎も駅前の広場もそれなりの広さを持った駅である。

 

f:id:kamonji224:20180918224000j:plain

待合室にはミニ写真展

力強く走るSLや冬山の中にぽつんと佇むように走る単行列車。

いつまでも残してほしい記録である。

 

f:id:kamonji224:20180918224312j:plain

跨線橋から

広い構内に左手には線路の跡がかすかに残っているように見える。

 

かつては夕張鉄道との接続駅であり、拠点駅でもあった。

周辺は北炭の幹部職員の居住地が広がる、高級住宅街であった。

現在でも夕張鹿鳴館でその名残を垣間見ることができる。

また、高倉健の映画で有名な幸福の黄色いハンカチ思い出広場も車で数分のところに位置する。

 

夕張鉄道本社はバスの運行事業を営んでいる。本社もかつての路線近く、現在の道道3号線にほど近いところに置かれている。

 

札幌・栗山方面には便の良い場所ということもあり、市内ではわりとにぎやかな地区であると言えるだろう。

元夕張線をまわる ― 清水沢駅 ―

道道38号と国道452号の分岐点からやや北に向かうと清水沢駅に到着

 

 

かつては三菱大夕張鉄道との分岐駅であった。

f:id:kamonji224:20180914224726j:plain

一見すると田舎のこじんまりとした駅舎にしか見えないが、横の駐車場から見てみると

 

f:id:kamonji224:20180914224819j:plain

ホームがない?

 

f:id:kamonji224:20180914224905j:plain

この単線の途中駅に関わらず、ホームまでの距離ときたら。

かつての石炭輸送で賑わっていた頃の構内の広さは健在であった。

 

f:id:kamonji224:20180914225038j:plain

待合室には清水沢近辺や国鉄時代の思い出が手作りで展示されていた。

駅とのお別れは刻一刻と近づいている。

利用客の少ない駅には哀しい雰囲気が漂っているのだが、少なくとも鉄道を愛していた人々がいた証を見ることができ、思いがけず楽しい時間を過ごすことができた。

 

 

元夕張線をまわる ― 南清水沢駅 ―

沼ノ沢駅から北へ向かうと次は南清水沢駅

 

 

f:id:kamonji224:20180909213714j:plain夕張唯一の小学校・中学校・高校が駅の周辺に集約された。

小さな市街地及び商店街があり、夕張の中では人口密度が高い地域である。

 

 

f:id:kamonji224:20180909214014j:plain

駅の中にはミニ写真展

 

f:id:kamonji224:20180909214210j:plain

年表も展示されていた。

 

f:id:kamonji224:20180909214250j:plain

石炭を中心とした貨物輸送で明治時代から賑わった夕張線であるが、この南清水沢駅は昭和37年開業、旅客輸送の需要から設けられた駅であった。

そのため、構内も狭く夕張線の中では異質な存在である。

 

JR廃止後の代替バスは通学事情からするとこの近辺がターミナルになるのではないかと思うのだが、上記のような事情から駅はちと狭い。一つ先の清水沢駅なのだろうか。

元夕張線をまわる ― 沼ノ沢駅 ―

いよいよここからは2019年3月に廃止となる夕張支線。

訪れたのは2018年の地震より少し前。

果たして地震後に復旧できるのだろうか。それとも予定を繰り上げて廃線となってしまうのだろうか。

 

さて、まずは沼ノ沢駅

 

明治時代、真谷地炭鉱の開発と同時に開業。

炭鉱の最盛期には真谷地炭鉱専用鉄道の分岐駅となっていた。

 

f:id:kamonji224:20180908224759j:plain

隣にはレストランが頑張っている。

 

f:id:kamonji224:20180908224840j:plain

ホームには花壇が。

構内は当時の名残からかなり広いようだ。

 

付近は商店、住宅街が並ぶ小さな集落。

大半を占める農地は夕張メロンの畑らしい。

 

真谷地専用線は1987年閉山と共に廃止となった。

1区から6区まであった真谷地地区だが、現在は大半が山林に戻っている。

 

以前に「あの頃の夕張を求めて」というブログを拝見したことがある。

残念ながら筆者は亡くなられているようだが、真谷地地区のご出身であったそうだ。母校の跡を訪れた記事には胸を打たれるものがあった。

 

なんとか財政難から脱却しようと頑張っている夕張市

かつて栄えた集落も人口が極端に増えない限り、中心部への集約によって居住者がいなくなることは避けられないのだろう。

もちろん、現時点では日本全国がその方向に進んでいることは疑いようもない。

 

元夕張線をまわる ― 新夕張駅 ―

滝ノ上駅から国道274号を東へ走る。

新夕張駅に到着。

 

 

目の前に道の駅がある。スーパーの中に道の駅の機能が入っている形なので地元の人も観光客もそれなりにいた。

もっとも、目の前にある鉄道の駅は閑散としている。

 

f:id:kamonji224:20180905220355j:plain

駅舎は2階建て。

石勝線と夕張支線の分岐駅であり、近隣の駅の管理駅になっていることからそれなりに職員がいるのかと思われる。

 

炭鉱が栄えていた頃は登川支線という小さな路線も分岐していた。

その頃は紅葉山駅という名前であった。

当時の駅名標が今も駅前に設置されている。

f:id:kamonji224:20180905220719j:plain

1981年登川支線は廃線となり、数か月後石勝線が開業し紅葉山駅は新夕張駅と名を変えた。

この駅名標は夕張線時代の最後の証といえるだろう。

なお文字は後から再度ペイントされたようだ。

 

f:id:kamonji224:20180905221215j:plain

待合室には在りし日の夕張線の姿が掲示されている。

 

f:id:kamonji224:20180905221303j:plain

こんなポスターもあったり。

気になる人は廃線になる前に行ってみるしかない。

元夕張線をまわる ― 滝ノ上駅 ―

川端駅から車を進めると間もなく夕張市に入る。

次の駅も国道274号線沿いにある。

滝ノ上駅である。

 

 

f:id:kamonji224:20180903222526j:plain

川端駅と似た構造だ。

 

f:id:kamonji224:20180903222559j:plain

この辺りはだいぶ山の中、集落と呼べるほどの家の数もないがホームの花壇は綺麗に手入れされている。

 

この駅も利用人口で考えるといつ廃止になってもおかしくはない。

 

近くには滝上公園という名所もある。

以前にも訪れたことがある。

kamonji224.hatenablog.com

 

今回はもう少しゆっくり時間を過ごしてみた。

f:id:kamonji224:20180903223050j:plain

レトロな外観の水力発電

 

f:id:kamonji224:20180903223130j:plain

北炭時代の建物である。

 

f:id:kamonji224:20180903223220j:plain

なんと大正14年建設で改良されながらも未だ現役とのこと

 

f:id:kamonji224:20180903223357j:plain

これがその水車らしい。

 

f:id:kamonji224:20180903223432j:plain

駅名は滝ノ上だが発電所は滝の上という表記

どうでもいいことか。

 

f:id:kamonji224:20180903223532j:plain

橋の上からは渓谷が見える。

千鳥ヶ滝というらしい。

アイヌの人々の聖地であったそうだ。

 

f:id:kamonji224:20180903223729j:plain

横からは水力発電で使用した水だろうか、こちらも小さな滝のようになっている。

 

この次には十三里という駅があったが、廃止となってしまった。

新夕張駅をめざすことにする。