札沼線廃止予定区間を行く ― 於札内駅 ―

 鶴沼駅から再び国道275号線に戻って、北へ。

鉄路は国道275号から一定の距離を保ち続けている。

 

次の於札内駅(おさつないえき)は田んぼの中、少しわかりにくい位置にある。

 

 

 

脇道から未舗装の脇道に入る。

通って良い道なのか迷うところだが、この道を通らないと駅へ行けないので思い切って進む。

 

f:id:kamonji224:20190616205448j:plain

駅には車を置く場所がないので、踏切の手前のスペースを借りて車を停める。

 

f:id:kamonji224:20190616205619j:plain

1959年、仮乗降場として開業。

駅舎はなく待合室のみ。

 

f:id:kamonji224:20190616210015j:plain

プレハブの建物に設置された駅名標はサビサビ。

国鉄時代から使用しているの?

 

於札内とは川尻・乾く・川というアイヌ語に漢字をあてた地名。

札内川を表したものと言われている。

 

ここから鉄道は国道275号線に接することのないまま、新十津川町の市街に向かう。