札沼線廃止予定区間を行く ― 鶴沼駅 ―

浦臼町の市街地を抜けて、さらに道の駅も通り越して完全に田園地帯へ。

畦道を左折すると、鶴沼駅に到着。

 

 

 

開業は1956年、当初より旅客のみ取扱い。

 

f:id:kamonji224:20190615073742j:plain

プレハブの待合室。

駅の業務を行う場所はないので駅舎ではないらしい。

周辺には町営住宅、郵便局に道の駅、温泉やキャンプ場などがある。

しかし、数年前から乗降客はほぼいなかった。

 

f:id:kamonji224:20190615074117j:plain

剥げつつあるアスファルトの舗装。

錆びた柵。線路がカーブして先が見えなくなるのがまた雰囲気を醸し出す。

 

f:id:kamonji224:20190615074429j:plain

水田と青い空。

用水路の設備が線路の向こう側にある。

 

f:id:kamonji224:20190615074733j:plain

こちら側は畑。

畦道には菜の花が咲いている。

 

f:id:kamonji224:20190615075158j:plain

次はおさつない駅。

ここもなかなかの難読駅だ。