札沼線廃止区間を行く ― 和駅 ―

田園地帯の続く国道275号線を北へ北へ。

やがて北竜町に入って最初の市街地は和(やわら)という集落。

 

国道から右に曲がると札沼線の和駅跡である。

 

 

和駅は1931年開業の一般駅。

1972年廃駅、列車交換も行われていた駅だったようだ。

 

f:id:kamonji224:20190622093339j:plain

駅舎は縫製工場になっていたらしいが、今はその工場も閉まっているようだ。

大きな木が駅前の目印。

 

f:id:kamonji224:20190622093453j:plain

この辺りは増築した部分だろうか。

右端がちょっと不思議な形になっている。

 

f:id:kamonji224:20190622094005j:plain

駅前には農業倉庫群。

往時は農作物を運ぶ貨物列車で賑わっていたことだろう。