札沼線廃止区間を行く ― 中ノ岱駅 ―

国道275号線を北へ、北竜町の市街地を抜けて田園地帯に入ると、やがて道の駅に到着する。

 

中ノ岱駅は道の駅の反対側にあった。

 

 

1956年に旅客のみ取扱駅として開業、1972年には廃駅となった。

 

f:id:kamonji224:20190623204649j:plain

駅跡の痕跡はなく、水田が広がっている。

 

f:id:kamonji224:20190623205040j:plain

温泉や野菜の直売所が併設された道の駅。

せっかくなので国鉄の資料関係も設置してくれないかなというのは虫のいいお願いだろうか。