札沼線廃止予定区間を行く ― 札的駅 ―

晩生内駅から国道275号線を北へ。

同じく田園地帯の中に次の札的駅(さってきえき)が待っている。

 

 

 

この駅は戦後の1960年に開業、当初より旅客のみの取り扱い駅だった。

 

f:id:kamonji224:20190613213650j:plain

国道275号から左に曲がったところにある踏切が出入口。

まずは古ぼけたモルタルの待合室を鑑賞。

待合室への入り口はホームに面しているものだけ、というのはちょっと珍しい。

 

f:id:kamonji224:20190613213857j:plain

ホームの反対側は防雪林。

ホームの舗装は今まで巡った札沼線の駅の中では一番綺麗かもしれない。

 

f:id:kamonji224:20190613214251j:plain

待合室には荷物置き場も。

 

さて、この隣の駅は浦臼町の中心部にある浦臼駅だが、こちらも訪問したことがあるので、今回は立ち寄らず。

 

kamonji224.hatenablog.com