道北をいっぱい巡った。 ― 下士別駅 ―

目次

 

 

1.下士別駅

つくも水郷公園から久しぶりに国道40号線までもどり北上。

天塩川を渡る。

この先幾度もついたり離れたり渡ったりを繰り返すことになる、北海道第二の長さを持つ河川である。

 

次の目的地は下士別駅

 

 

士別市の市街地は天塩川以南で、北側は農村地帯が広がっている。

下士別駅も畑に囲まれた場所に位置している。

 

f:id:kamonji224:20200831094329j:plain

「しもしべつ」と平仮名で可愛らしく書かれた木の看板。

この写真だけを見ると、ここが駅又は待合室とはわからないかも。

扉も住居の玄関みたい。

 

f:id:kamonji224:20200831094652j:plain

しっかりしたスロープ付きのホーム。

 

f:id:kamonji224:20200831094825j:plain

ホームもコンクリート造。

 

f:id:kamonji224:20200831095032j:plain

稚内方面には踏切。

枕木にバツ印が書かれているのはなぜでしょう。

 

 

2.下士別駅の歴史

下士別駅は1955年仮乗降場として開業。

1959年に駅に昇格。

仮乗降場出身にしてはしっかりとしたホームと待合室を持っている。

 

待合室は一度改装されているらしい。

 

この駅も利用者が少なく、2021年3月に廃止予定。

 

国土地理院地図の1970年代後半の航空写真。

 

今とそれほど変わらない風景のようだ。

 

ちなみに下士別とは士別市街地に対しての地名ではなく、天塩川を上っていくと中士別、上士別という地名がある。

天塩川の上流部、下流部という意味だ。

かつては上士別村という自治体も存在したが1954年に当時の士別町などと合併し、士別市を形成することとなった。

今でも上士別は少し大きい集落を持ち、郵便局や小学校・中学校も維持している。

 

kamonji224.hatenablog.com