美唄で遊ぶ ― まずはご当地入場券 ―

マンホールカードをゲットした翌週末は快晴だった。

これはどこかへ行くしかない。

 

今回は美唄市へ向かうことにした。

 

最初の目的地は美唄駅。

お昼を公園で食べることにしたので、飲食店の案内でもあるかと思って行ってみるもこれは空振り。

しかし、もう一つ目的があったわけだ。

 

JR北海道ご当地入場券という名の切符をご存じだろうか。

慢性的赤字に悩むJR北海道が2017年7月に販売開始したものである。

JRの駅がある101の市町村それぞれオリジナルデザインで作成された。

まだ一部準備中のものもあるが、2017年8月8日時点では90駅ほどが販売されている。

私的第一号は美唄駅を選んだという訳だ。

 

で、実物がこれ。

f:id:kamonji224:20170807222915j:plain

表面は駅スタンプと車両の勇姿。

 

f:id:kamonji224:20170807223224j:plain

裏面は美唄市の観光スポット。

もちろん色々あるわけだが、美唄市の場合は鉄道に関連のあるスポットを集めたようだ。

鉄道へのリスペクトが感じられる仕上がりになっていて好感を持てる。

 

国鉄ではないが、かつての美唄鉄道を走っていたSL。

今でも保存されている東明駅の駅舎。

その東明駅の裏手に眠っているSL。

そしてかつての終点駅近くに今でも建っている炭鉱の杭。

 

ひどい写真で申訳ないが、気になる人はできるだけ購入してあげてほしい。

実際に行かないと買えないわけで、できればJRに乗って買いに行くのが一番良いのです。

 

入場券を手にした後は昼食を買いに行く。

調べた結果、たつみという店が近くて高名なのでここにした。

 

 美唄と言えば美唄焼き鳥でしょう。

ここはテイクアウトも可能なので持って帰って公園へ行くことにした。

wikipedia:美唄焼き鳥

 

近くの公園には神社もあってお祭りの準備をしていた。

残念ながらまだ準備中だったので、またの機会に。

 

 

2020年6月追記

久しぶりに美唄駅を訪問。

前回撮影しなかった駅舎の姿。

f:id:kamonji224:20200629231527j:plain

とても大きな駅舎だが、改札のある待合室はそれほどでもない。

駅の東西に設けられた待合スペースを含む自由通路がかなり広大なのだ。

 

f:id:kamonji224:20200629231727j:plain

石川啄木が詠んだ歌集に美唄の名が出ているが、美唄を美國とまちがったそうな。

啄木って結構なダメ人間だったような記憶があるが、うっかりさんでもあったのか。

あるいは敢えて名を変えて詠んだのだろうか。

 

f:id:kamonji224:20200629232210j:plain

駅の北側を眺める。

向かって一番右の線路のさらに右手、ホームの先に線路があり、右手に曲がっている線路がある。車両の留置線かわからないが、もしかすると1972年に廃止となった三菱鉱業美唄鉄道の名残かもしれない。

 

国土地理院地図の1960年代航空写真。

 

途中から線路が右手に分岐しているのがわかる。

 

一方南側

f:id:kamonji224:20200629233818j:plain

こちらからは国鉄美唄貨物支線が分岐していた。

戦前に三井鉱山が開通させ、すぐに国へ寄贈。炭鉱閉山と共に1973年廃止となった。

 

同じく1960年代の国土地理院地図の航空写真。

 

美唄川を越えたあたりで本線と分岐。

真っ直ぐ東へ向かっていた。

 

kamonji224.hatenablog.com

 

kamonji224.hatenablog.com