後志ぐるりと ― 余市駅わがまちご当地入場券 ―

本日は日曜日。

天気予報は晴れ。

調子良く5時半に目が覚めた。

家族には予定があり、なお且つ車は使用しないとのこと。

さあ、一人で出かけよう。

 

札幌から国道5号線をひた走り、小樽をノンストップで通過。

最初に車を停めた場所は余市駅

 

 

 

f:id:kamonji224:20190421230247j:plain

 

駅は建物の一角。

観光物産センターやスキー王国余市の展示などをあわせた複合駅舎である。

 

f:id:kamonji224:20190421230512j:plain

NHKの朝の連続テレビ小説マッサンですっかり有名になったニッカ蒸留所と余市

駅から蒸留所までは歩いて5分もかからない。

 

f:id:kamonji224:20190421230708j:plain

ミニリタロード?も造られた。

 

余市駅函館本線山線の中では珍しい有人駅。

わがまちご当地入場券はみどりの窓口で購入できる。

 

f:id:kamonji224:20190421230836j:plain

仁木駅との間を走る2両編成のローカル列車。

車窓から見る景色には田畑が多い。

駅スタンプはソーラン節。

 

ちなみに積丹町もソーラン節発祥の地であると主張しているのだが。

https://kamonji224.hatenablog.com/entry/2016/08/20/173611

 

「正調」ソーラン節としたことは他自治体への配慮なのか否かはわかりません。

 

f:id:kamonji224:20190421231334j:plain

裏面はワインに使用するぶどう畑が選ばれた。

ニッカはまあ有名すぎるということか。