後志ぐるりと ― 黒松内駅 ―

熱郛駅から道道を走る。林の中を線路と近寄ったり離れたりしつつ、黒松内の市街地へ向かう。

小さな市街地の一角にある黒松内駅に到着。

 

 

 

f:id:kamonji224:20190505213623j:plain

立派な駅舎である。

明治~昭和初期までは機関庫が設けられ、太平洋と日本海を繋ぐ交通の要衝であった。

ここから1920年には寿都鉄道という私鉄も分岐しており、今では想像がつかないが鉄道の町であった。

しかし、1932年に瀬棚方面、室蘭方面と分岐する長万部駅が機関庫となり、1970年頃には寿都鉄道も利用減少で廃止となる。

 

黒松内駅以外では大きな駅もなく、こと鉄道においては影の薄い町になってしまった。

 

f:id:kamonji224:20190505214820j:plain

駅舎内に展示されていた写真。

現在は住宅が密集し、周辺の林が増えたようだ。

 

f:id:kamonji224:20190505215206j:plain

川釣りの絵

木の幹を突っつくクマゲラカントリーサインにも描かれている。

 

f:id:kamonji224:20190505215648j:plain

隣は長万部町の二股駅。

かつてはその間に蕨岱駅(わらびたい)があったが、廃駅となった。

 

 

 

ここからはJRとは離れ、寿都鉄道跡に寄りながら日本海へ向かうことにした。