空知無人駅巡り ― 志文駅 ―

道道38号線をずーっと西へ走る。

道道30号線とぶつかったところで左へ曲がり岩見沢市外へ続く道だが、

グリーンランド遊園地近くで脇道にそれ、再び無人駅へ。

 

次にやって来たのは室蘭本線の志文駅

 

1902年に貨物駅として開業。

後に万字線の分岐駅として活躍、1961年には岩見沢志文駅間で線路が増設された。

1985年に万字線廃線、1988年に現在の駅舎となった。

 

 

1970年代後半の航空写真。

駅舎は大きく線路は2面4本活用されていたようだ。

 

f:id:kamonji224:20200517160202j:plain

現在は小さな簡易的駅舎。

30年以上経ってはいるが綺麗に管理されているようだ。

 

f:id:kamonji224:20200517160501j:plain

跨線橋はもっと古いかな。

屋根はだいぶ草臥れている様。

 

f:id:kamonji224:20200517160950j:plain

中はザ・木造。ここだけでも一見の価値あり。

保守も必要だろう。室蘭本線の苫小牧以北自体いつまで残せるだろうか。

 

f:id:kamonji224:20200517161636j:plain

跨線橋から南側を眺める。

2本の線路が仲良く並んで走っていく。

右手の草地は剥がされてしまった線路跡だろう。

 

f:id:kamonji224:20200517162021j:plain

駅北側、線路をまたぐ長ーい自由通路。

設置されたのは1980年代のよう。

最盛期は側線や貨物扱い所などが犇きあう大きな駅であったが今は兵どもが夢の跡。

構内の広い敷地が往時を無言で語っている。

 

f:id:kamonji224:20200517162744j:plain

駅前は小さな市街地。

裏手は完全な田園地帯。

 

岩見沢へ向かう線路は当初まっすぐ北へ向かい函館本線に合流していたが、増設された線路は現在の高速道路を過ぎたあたりでカーブして函館本線へ向かう。

今残っているのは増設された別線であり、元々敷かれていた線路は剥がされた。一部は公園となって市民の憩いの場となっているそうだ。

 

 

kamonji224.hatenablog.com

 

kamonji224.hatenablog.com