道北をいっぱい巡った。 ― 恩根内駅 ―

目次

 

 1.恩根内駅

紋穂内駅から寂しい道を通って国道40号線に戻る。

北へ進み道の駅を通り過ぎて、しばらくすると天塩川と交差。

橋を渡ってすぐに道道118号線へ入り少し進むと恩根内駅に到着。

 

駅前は小さな集落になっている。

美深町では最北の集落だ。

 

f:id:kamonji224:20200924230235j:plain

久しぶりの簡易駅舎。何だか2階から窓を開くことができそうだが、階段はない。

車掌車から建て替えされたという少し珍しいパターン。

 

実はその旧駅舎が1981年に廃校となった恩根内中学校跡にあるらしい。

 

 ストリートビューでチラリと見えるが詳細は不明。

 

f:id:kamonji224:20200924231303j:plain

赤茶けた線路に青白いバラストが明るさをもたらしている。

 

f:id:kamonji224:20200924231643j:plain

ホーム向かいの草むらはかつて交換設備やストックヤードであった。

 

2.恩根内駅の歴史

恩根内駅は1911年一般駅として開業。名寄以北の終着駅でもあった。

翌年の1912年音威子府駅までが開通。

1982年貨物取扱い廃止。1986年に駅舎解体及び無人化。

1993年に現在の駅舎に建て替え。

2021年3月を持っていったん廃止が決まったが、地元自治会の請願により存続の方針に転換。

 

1960年代までは手押し式の転車台もあったそうだ。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真

 

当時は千鳥配置の2面2線ホーム。

木材が山と積まれている。

 

駅の開業により物資の集散地となり集落が形成されるが現在は過疎が進む。

小学校も2008年に廃校となった。

 

kamonji224.hatenablog.com