読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

道南へ - 上ノ国町 -

松前町から上ノ国町へ向かう。

 

向かって西側はずっと海岸。

 

天気が良く、海がキラキラと光っていた。

 

上ノ国町に入ってすぐ、小砂子(ちいさご)という小さな漁村があり、集落の中に日方泊岬灯台が建てられている。

 

国道から一瞬見えた灯台と海はまったく別世界のようだった。

立ち止まる暇もなかったのが残念である。

 

やがて上ノ国の中心部が見えてくるあたりに道の駅がある。 

 

 

 

f:id:kamonji224:20160822222243j:plain

高台から海をバックにオブジェをパチリ。

 

f:id:kamonji224:20160822222405j:plain

対岸には江差町。鴎島が見える。

 

 

f:id:kamonji224:20160822222751j:plain

f:id:kamonji224:20160822222854j:plain

荒々しい岩に沿った遊歩道がある。

 

f:id:kamonji224:20160822222946j:plain

 

ここは北海道も屈指のながめの良い道の駅なのだ。

 

道の駅の後は鉄道の駅へ。

 

 

江差線上ノ国駅へ。

といってもすでに廃線となって数カ月が経過していた。

 

f:id:kamonji224:20160822223447j:plain

f:id:kamonji224:20160822223635j:plain

夕日に照らされ、すでに忘れられたような線路。

 

この駅はどうなるのだろうか。

 

ちょっとさみしくなった後、今日の宿泊地 江差へ向かう。