国鉄のあった風景 ― 万字線万字炭山駅 ―

万字線の終着駅、万字炭山駅を目指す。

その名の通り、炭鉱のすぐ側にあった駅である。

跡地は炭鉱を含めて公園に整備されいてる。

 

道道38号から脇道へと向かう。

万字小学校からは戻る形となる。

万字炭山森林公園と書かれた看板に示された細い道へ行く。

 

小さな橋を渡ると

f:id:kamonji224:20170519220755j:plain

建物跡らしき遺構があった。事前に得た情報ではここに駅があったらしいのだが、正確にはわからない。

先へ進むと公園の管理棟があった。

f:id:kamonji224:20170519220943j:plain

かなり広い公園である。

うっすらとズリ山の頂上らしき場所が見えたが、だいぶ高い位置だった。

 

f:id:kamonji224:20170519221109j:plain

並木道と青い空。

炭鉱が稼働していた時は人でごった返していたのだろう。

今は人影もなければ、物音一つしない。

 

f:id:kamonji224:20170519221503j:plain

f:id:kamonji224:20170519221314j:plain

所狭しと家が並んでいる。

山奥ではあったが、寂しさとは無縁だったであろう。

ボタ山とズリ山は同じ意味で、商品にならない質の悪い石炭を廃棄してできた山である。

 

f:id:kamonji224:20170519221802j:plain

駐車場。

紅葉の時期はさぞかし色鮮やかだろう。

 

公園を歩いてみようかと思ったが、熊が怖くてやめた。

川一つ向こうには人家があるのだが、この辺りはすでに人間だけのエリアではない気がした。

 

万字炭鉱は地質条件が良くなく、地盤が脆弱で出水も多かった。

1976年の台風による坑道の水没から復旧できないまま閉山を迎えたそうだ。

今では100人に満たない人口が住むばかりとなった万字地区であるが

  • 万字大平
  • 万字幸町
  • 万字巴町
  • 万字仲町
  • 万字睦町
  • 万字曙町
  • 万字英町
  • 万字寿町
  • 万字旭町
  • 万字西原町
  • 万字錦町
  • 万字二見町
  • 西万字

これだけの町名を持つ大きな町であった。

 

当初は朝吹家という個人が開いた炭鉱であったが、北炭に譲渡される。

朝吹家の家紋であった卍にちなんで万字という地名になったという。

 

とりあえず、廃線跡巡りは終了。

夕張方面に抜けることもできるが、来た道を戻ることにした。

もう一か所行ってみたい場所がある。