読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツクへ ― サロマ湖 ―

能取湖をぐるっと回ってサロマ湖へ向かう。

 

サロマ湖の東端にはワッカ原生花園があって、少し散策した。

 

馬車も走っている。

 

花の時期にはちょっと早かったので、まだ地味な景色だった。

 

小さな丘を越えると、一面に海が広がり、なかなか素敵な眺めである。

 

 

 

この後はサロマ湖沿いに進む。

 

次に向かったのはキムネアップ岬

 

 

 

 駐車場手前の道は両サイドから木に囲まれて、枝や葉でトンネルのようになっている。

 

ライダー等の間では「緑のトンネル」と呼ばれてささやかな人気のようだ。

 

この時期はそこまで葉は繁っていなかったものの、木漏れ日は確かにきれいだった。

 

トンネルを抜けると泥んこの狐が走っていた。まだ子ぎつねだったのかな、可愛らしかった。

 

ここはキャンプもできるが、まだ営業開始前。

人は全然いない。

 

遊歩道を歩く。

 

f:id:kamonji224:20160730165036j:plain

 

岬の突端に近い所で記念写真。

 

まだ寒い時期だったが、暑くなると蚊がすごいらしい。秋が良いのかな?サンゴ草もあるらしいし。

 

帰りに鹿の群れが遠くに見えた。

 

侵入者を訝るように我々の車を眺めていた。

 

ここらでホテルへ向かう。

 

今日の宿はルートイングランティア。

 

 

 何と閉鎖してしまったようだ。今知った。

 少しショックというか寂しい気分である。

 

 周りには何もないが風呂からの眺めも良く、ご飯もたいそう美味しかった。

 

 嫁は朝早く風呂に入ったところ、たくさんの魚船が湖で漁をしている光景を見たそうだ。湖畔じゃないとなかなかそういう景色は見れないだろう。

 海だと遠くへ行ってしまうだろうし、天候にも左右されるであろう。

 早起きは三文の徳というところだ。

 

朝食を食べてサロマ湖をぐるっとまわり対岸を目指す。

途中から海と湖の間を走ることになるわけだが、車ではあまりピンとこない。

 

 

 

対岸の端も営業開始前のキャンプ場である。

 

展望台があったので登ってみる。

 

良い眺めだが、海も湖もだいぶ見慣れてしまった。

風が強くて寒いのでそそくさと出発した。