幌内線を行こう ― 唐松駅 ―

廃線となった幌内線の跡を訪れるシリーズ。

次の駅は唐松駅

 

 

住友炭鉱の石炭搬出の貨物駅として活躍した。

 

f:id:kamonji224:20180520144317j:plain

現在もきれいに整備され、いつでも現役に復帰できそうな佇まいである。

 

f:id:kamonji224:20180520144639j:plain

この屋根の形はギャンブレル屋根というらしい。

北海道の木造駅舎ではなかなか珍しい形だそうだ。

 

中に入ることも可能らしいが、この日は鍵がかかっていた。

 

近隣には炭鉱住宅も並び、当時の雰囲気をよく残している場所である。