道北をいっぱい巡った。 ― 上幌延駅 ―

 目次

 

 

1.上幌延

道道256線を北上するとやがて道道645号線と交差する。

このすぐそばにあるのが上幌延駅。

 

道道がすぐそばにあるので、あまり秘境駅という気はしないが、集落と呼べるほどのものはない。

 

f:id:kamonji224:20201018155541j:plain

この駅も腐食がひどいが、駅名は辛うじて読むことができる。

 

f:id:kamonji224:20201018155721j:plain

ホームは砂利敷き。

線路わきの草むらはかつての交換駅時代の線路跡だろう。

 

f:id:kamonji224:20201018155905j:plain

文字の位置を修正したような跡が見える乗車口の看板。

内容が変わっているわけではないので、直した理由は純粋にデザインの問題のみ?

 

2.上幌延駅の歴史

幌延駅は1925年問寒別駅ー幌延駅開通時に一般駅として開業。

1977年貨物取扱廃止。1984年旅客業務無人化。1986年完全無人化。

1990年前後、木造駅から現在の駅舎に改築。

 

 

週刊 JR全駅・全車両基地 2013年 10/13号 [分冊百科]

週刊 JR全駅・全車両基地 2013年 10/13号 [分冊百科]

  • 発売日: 2013/10/03
  • メディア: 雑誌
 

 木造駅舎の写真はこちらから。

 

 

1960年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

このころはまだ駅前に小さな集落が構成されている。

 

鉄道開通前までは現在の幌延町中心部よりも栄えており、小さな商店街もあった模様。

しかし鉄道開設によって中心地が現在の市街地へと移っていき上幌延の町は縮小していったそうだ。

web.archive.org

 

鉄道開通前の1900年、この地の開拓を行った法華宗農場の私学校として上幌延小学校が開校している。

1982年に残念ながら閉校となったが、1981年に幌延町教育発祥の地碑が建立された。

 

www.town.horonobe.lg.jp

 

町内でも歴史の古いエリアにある駅だが、2021年3月で廃止が決まった。

 

kamonji224.hatenablog.com