道北をいっぱい巡った。 ― 兜沼駅 ―

目次

 

 

1.芦川駅跡

徳満駅から再び国道40号線を進む。

途中に廃駅となった芦川駅があったが、気づかずにスルー。

 

ストリートビューで見ると駅前広場だった場所に何か資材が置いてあった。

一般人は立入しない方がいいのかもしれない。

 

芦川駅は1926年幌延駅~兜沼駅の開通に伴い一般駅として開業。

1984年旅客業務を無人化。1986年交換設備廃止で完全無人化。

2001年利用者僅少のため廃止。

最後は貨車駅となっていた。

「北海道 芦川駅」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

駅前には貨物積卸場らしきスペースがあるが、使われていない様子。

開拓の起点としての期待も多かったようだが、厳しい環境に勝てず、民家は僅かに点在しているのみである。

 

2.兜沼駅

続いての目的地は兜沼駅。

国道40号線から離れ、道道1118号を進むと兜沼の集落に到着。

駅は町の南端にあった。

 

郵便局やJAの家畜診療所もあり、ある程度の規模を持つ集落である。

 

ちょっと不思議な形の屋根を持つ小さな駅舎。

f:id:kamonji224:20201027234255j:plain

 

無人駅ではあるが2面2線構造を維持している駅である。

f:id:kamonji224:20201027234525j:plain

ホームは砂利敷き。

 

旭川方面を望む。

f:id:kamonji224:20201027234653j:plain

向かいのホームは草生している。

かなり古そうな造りのホームだ。

 

f:id:kamonji224:20201027234940j:plain

かつての貨物線跡には保線用?除雪用?の車両が忘れられた様に停まっていた。

 

f:id:kamonji224:20201027235440j:plain

ホームの奥に見えるのは兜沼。

森林に囲まれた水鳥の飛来地で、オートキャンプ場も整備された公園だ。

偶然だがホームの切れ目が写っていた。

ずいぶん違う造りなのはなぜだろう。

 

3.兜沼駅の歴史

兜沼駅は1924年稚内駅~当駅間の開通により一般駅として開業。

2年後に当駅~幌延駅が開通し、宗谷本線が全線開通。

豊富町で最も古い駅である。

1982年貨物廃止。1984年旅客無人化。1986年完全無人化。

1988年に駅舎が改築し現在の姿となった。

木造駅舎の様子はこちらに掲載あり。

 

週刊 JR全駅・全車両基地 2013年 10/13号 [分冊百科]

週刊 JR全駅・全車両基地 2013年 10/13号 [分冊百科]

  • 発売日: 2013/10/03
  • メディア: 雑誌
 

 

1985年までは兜沼側に副本線と側線が一本ずつあったが、撤去済みである。

 

1970年代後半の国土地理院地図の航空写真。

 

貨物はすでに取扱いがほぼない様子。

 

駅のそばにある、現在の郵便局の隣に立っている建物は元郵便局でこの当時は現役。

今は郷土資料室になっているそうだ。

 

kamonji224.hatenablog.com