読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オホーツクへ ― 能取岬 ―

能取湖畔沿いの道を通って能取岬を目指す。

 

途中、潮干狩り?をしている大勢の人がいた。

 

たしか、しじみが有名だよね。

 

湖から離れると今度はオホーツク海に沿って進む。

 

しばらく進むと見えてきた。

 

 

 

結構広い、平らな敷地に灯台がぽつんと立っている。

 

f:id:kamonji224:20160729215851j:plain

 

天気は残念ながら曇りだが、この辺らしい空かもしれない。

 

f:id:kamonji224:20160729220052j:plain

 

灯台は崖っぷち近くにある。

 

観光客も何人かいた。

 

 

ここに来ることになったのは、嫁のイチオシだったからだ。

 

嫁が持っていた雑誌の表紙が能取岬の空撮写真で、あまりの素晴らしさにぜひ来てみたかったそうだ。

 

確かに素敵な写真だった。

そして灯台というのがまた絵になる建物なのだ。

 

この場所でエレカシに演奏してもらいたいと二人で話していた。

 

孤高にそびえたつ灯台エレカシのイメージと合致したのだった。

 

来てみると全くエレカシにぴったりの場所だ。

自然界を邪魔しないようにあまり大きな音を立てないで、灯台の前で寂しくしかし雄々しく歌う宮本氏を見てみたい。

最悪、PVでもいいから(笑) 

 

さて、写真から連想できるようにこの日はかなり寒かった。

 

敷地を一通り周った後、能取湖をぐるっと回って今夜の宿へ向かうことにした。

 

途中で昼飯。

 

 

 

 6月から営業開始のキャンプ場の管理棟?的なところで軽食を販売していた。

 

寒かったのでカレーを頼む。よくあるレトルトカレーなのだろうがやたら旨かった。

 

身体が冷え切ってたんだね。

 

今度はサンゴ草の季節に来たい。