札沼線廃止区間を行く ― 雨竜駅 ―

国道275号川を北へ、尾白利加川を越えると雨竜町に入る。

 

田園地帯の中心にある小さな市街地に入って、国道275号を左に折れるとすぐに雨竜駅跡だ。

 

 

 

1931年に一般駅として開業。

1972年、廃駅。

 

f:id:kamonji224:20190619224026j:plain

T字路の突き当り、原っぱに小さな石碑が建っている。

 

f:id:kamonji224:20190619224224j:plain

電柱のそばにかすかに残る鉄道の遺構、腕木式信号機

ここが線路跡だろうか。

 

駅の跡地はすっかり田んぼに生まれ変わったようだ。

横に残る農業倉庫は移り変わりを見守って来たのだろう。

 

事前に調べてこないとたどり着くのはなかなか難しいだろう。

 

次の駅へと向かう。